« 猛暑の日に 大規模停電 | トップページ | 昭和20年8月末 長崎の少年 »

2019年8月 9日

マスメディアの“工作・煽り報道”

昨日の昼の報道番組で、よく出演する解説者がこんなことを言っていました。

「日韓問題が騒がれている中、実際の様子を見に韓国に行ってきましたが、日本製品は普通に販売されているしテレビ報道で見るような騒ぎは韓国では起こっておらず、日本での報道とはだいぶ違っています。」

番組MCは怪訝な顔をしていましたがこれって、毎回同じ、ですから毎回その騒ぎ報道に対し日本も韓国も「日本だけが騒いでいる」とか「韓国だけが騒いでいる」と一般国民は感じてニュースを視ているわけです。

最初に日本が輸出品目の見直しを発表した際に報道された韓国での日本製品不買などを始めた報道に出てきた店舗というのは、文在寅(ムンジエイン)氏の選挙対策委員会にいたほどの熱狂的な文シンパで、韓国マート協会の会長も兼任しソウル市内で自らのスーパーを2店舗を経営する韓商総連の前会長の印兌淵(インテヨン)氏という人物が経営する、まさにその店舗だったんだそうで、文大統領ファミリーの自作自演だったようです。

この報道は韓国メディアが放送したものですが、提携している日本のメディアが韓国メディアが作った映像をそのまま採用し流すという手抜き報道を行ったそうで、そんなのを我々は信じて視ていたようです。

これではまるで、詐欺報道ではないでしょうか。トランプ大統領が大嫌いな「フェイクニュース」ですね

つまり、文政権が韓国国見様に作った報道を、日本の報道機関が何の裏付けもなく「韓国国民の様子」として報道し、日韓関係悪化を演出しあおったことになります。

<日本では報道されない韓国の現実>

7月20日夕刻のソウル

文政権を支持する左派団体が日本大使館周辺で再び「経済報復、撤回しろ」「安倍を糾弾する!」とデモを行なった。
その数4~500人。

同時刻、ソウル市庁舎前で「文在寅退陣しろ!」と叫ぶ反政権デモが行われた。
その参加者は約5000人規模。

ソウルで「日本製品不買」の看板が1000枚街頭に掲げ取り付けられましたが、その日のうちに市民からの抗議で撤去されてしまいました。

日本のメディア、ここまで落ちたかと愕然としました。

でも、もしかすると文大統領と安倍総理と日韓マスメディアが申し合わせてアメリカから大量に戦闘機などを買うことから目を背けようとし、共闘して仕組んだのが今回の騒ぎだとそしたら、最大の被害者は日本と韓国の一般納税者ではないでしょうか?

当たらずとも、とうからずではないでしょうか。

|

« 猛暑の日に 大規模停電 | トップページ | 昭和20年8月末 長崎の少年 »

コメント

こうなてくると、真実が見えにくくなってきますね。
ニュース報道は、「面白い方」が受けますから。

投稿: もうぞう | 2019年8月10日 07:08

もうぞうさんへ

マスコミって、こんなものだったのでしょうかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2019年8月10日 07:47

アハハハ、当たらずとも遠からず、
読みが深いですね。

いつの世も被害者は無辜の庶民。なんとか
したいです。

投稿: へこきあねさ | 2019年8月10日 15:57

へこきあねささんへ

結局のところ、そうなるんですよね。
ですから、有権者は投票に行くべきです。国民(有権者)の過半数にも満たない人々しか選んでいない政権は変だと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2019年8月10日 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑の日に 大規模停電 | トップページ | 昭和20年8月末 長崎の少年 »