« 上空でヘリが旋回 | トップページ | 桁違いの天皇陛下の警備 »

2019年12月26日 (木)

上空でヘリが旋回2:天皇陛下が来訪

ついに天皇皇后両陛下が本宮市に来訪される当日でした。

きょうも朝から、遠くから、近くから、複数機のヘリコプターが飛び交う音が響き渡っていました。

Img_3633昨日と違うのは 、その数と警戒区域の広さです。

我が家は、直線距離でも3~4kmは離れている場所ですが、上空を1機のヘリが何度も旋回していました

両陛下が本宮市にについたころの午後4時近くになると、高度も低くなり爆音が上空で響きだしました。

 

そしてついには、我が家の上空でホバリング、つまり救助の時のように上空で止まったのです。

Img_3637

 

 

Img_3639

私が怪しい人物にでも見えたのかと、上空を見ていました。

妻は、「墜落したらどうしよう」とか言い出す始末です。それもそのはず、雨降りで視界が悪いところに、来訪したころはすでに日は沈み位上空を飛んでいたからです。

ヘリは、完全に暗くなった午後6時過ぎに去っていきました。警備した皆様に、お疲れさまと言ってしまいました。

本宮市への天皇陛下御訪問は、旧本宮町の時の明治9年に明治天皇が東北・北海道巡幸の際に立ち寄られて以来のこと、今から140年以上も前になります。

  • 明治 9年(1876)6月17日、明治天皇東北御巡幸の際に旧本宮町の鴫原邸(現、本宮市本宮字大町1番地)で御昼休、10月4日の還幸のとき御一泊される。

昭和10年(1935)10月22日、上記の鴫原邸(938坪)には「明治天皇行幸記念」の石碑が建立され「史跡指定」となりました。(※同地は二本松藩の本宮町北本陣跡地でもあり、そこに生える黒松も同市の文化財にしていされている)

この場所のすぐ隣に並ぶのは、来年放送の作曲家小関祐而さんをモデルにしたNHK朝のテレビ小説「エール」で、親友として出演する歌手の伊藤久雄さんの生家が在ります。

その伊藤さんの生家も今回の水害に遭い、1階部分が沈みました。

明治天皇から、今上天皇来訪へ、不思議な縁です。

 

|

« 上空でヘリが旋回 | トップページ | 桁違いの天皇陛下の警備 »

コメント

なにかつぶやいているのが聞こえたのかもしれません

投稿: ましま | 2019年12月26日 (木) 20:38

ましまさんへ

そのくらい近かったです

投稿: 玉井人ひろた | 2019年12月27日 (金) 07:47

こんにちは、玉井人ひろたさん。
警備のへりがホバリングですか?
ちょっと驚きですね。

投稿: 浜辺の月 | 2019年12月27日 (金) 14:58

浜辺の月さんへ

我が家の上空でやられると、驚きますよ

投稿: 玉井人ひろた | 2019年12月27日 (金) 15:35

ご本人だってちょっと異常な警備だって理解しているでしょうか?
それとも自分の行くところは、いつもこんなものさ。??
皇室支持者はどちらかと言えば、右翼の支持者が多いでしょうから。

投稿: もうぞう | 2019年12月28日 (土) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上空でヘリが旋回 | トップページ | 桁違いの天皇陛下の警備 »