« 暖かな小寒 | トップページ | 国会議員の貯金の怪 »

2020年1月 7日 (火)

七日

正月も今日で7日となりました。

わが村では、きょうは「七日正月」と言って注連縄や餅を取り外し、塞ノ神(=「どんど焼き」または「左義長」)で燃やします。

わが地区は塞ノ神は無くなったので、昔ながらのやり方で自分の畑で燃やしました。

昨年までは夜に燃やしていましたが、消防団が何度も見に来たことがあったので午前中に燃やしました。

お正月、終わりました。なんとなく寂しいような、それでも元に戻った家はスッキリした気分です。

また来年も飾られますように(礼拝)

<参考>

古くは‘小正月’の1月15日までが松の内とし、この日まで門松を飾っていたのだが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の‘大正月’までとされた。
ただし、この習慣は関東地方周辺などの東日本の一部しか広まらなかった。

わが地域はその名残を残す数少ない地域のようである。

 

|

« 暖かな小寒 | トップページ | 国会議員の貯金の怪 »

コメント

鹿児島では集落毎に竹で櫓をくんで夕方燃やしているようです。田んぼで鬼火ダキと呼ばれているようです。

投稿: 吉田勝也 | 2020年1月 7日 (火) 17:12

吉田勝也さんへ

いろいろな呼び名は有りますが、燃やすのは同じですね

投稿: 玉井人ひろた | 2020年1月 7日 (火) 19:30

割合早いんですね。
この辺では、どんど焼きは小正月行事です。
もっともその小正月が消え去ってきていますがね。

投稿: もうぞう | 2020年1月 8日 (水) 18:58

もうぞうさんへ

会津のほうは小正月です

投稿: 玉井人ひろた | 2020年1月 8日 (水) 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かな小寒 | トップページ | 国会議員の貯金の怪 »