« 諫言役(かんげんやく) | トップページ | 1000人のキャンセル »

2020年3月25日 (水)

軍 票

先日、昨年の台風19号で大きな被害があった郡山市に住む親せきがやってきて、床上浸水の被害に逢った自宅はどうなったのかの話になったのですが、全部壊して建て替えることを決めたという話を聞き、やっぱりそうなるのかと思いました。

ただ、建て替えを決意した理由を聞いてほんとうに驚きました。

なんと、解体費用も、新築費用も、郡山市が全額出してくれるというのです。すごいです。

実は、郡山市は東日本大震災の時の対応が不味く、市民から大ブーイングのあらしが吹いたのです。
その反省に立ち、今回は思い切った対応を決断したようです。

郡山市の税収は、県内でもトップです。しかし、膨大な水害被害件数に費用を出すとなると、足りなくなることは目に見えています。

足りなければ、県に助成要請、県も予算には限りがあり足りなければ国への助成の要求でしょう。

結局のところ、国は水害、地震災害、そしてコロナの経済対策に予算を分配することになり、その額は何兆円になるか想像もつきません。

国は消費税を10%に引き上げましたが、国民の反感を抑えるためバラマキ政策の減税対策をセットにして、結果として増収にはならなかったので、国家予算も足りないはずです。

でも、麻生財務大臣は「予定通り税収はある」という答弁を行っていますが、国債を乱発しているのですから矛盾した答弁です。

行きつくところは、また国債発行となることでしょう。

これで、安倍総理は「史上最多の国債発行を行った総理大臣」として名を残すことになることでしょう。

その国債=国の借金は、返済能力も返す予定も無く、まるで戦前に日本軍が乱発した「軍票」と何ら変わらない気がします。

こういう状況の時ですから、今回は各政党(共産党は除く)が受け取る「政党助成金」(約317億円)の辞退を考えてもよいのではないかと思います。

|

« 諫言役(かんげんやく) | トップページ | 1000人のキャンセル »

コメント

もともと不透明で買収まがいの政治献金締めただしという名目のもとできた制度ですからね

投稿: ましま | 2020年3月25日 (水) 20:48

郡山市は思い切ったいい政治判断をしましたね。
このような自治体がふえることを願うばかりです。
政党助成金もそうですが、
北朝鮮のミサイル口実の
イージスアショア、地元民の大きな反対や
誤った地理的要件の発覚で問題になった
イージスアショア設置。 原発をねらったとしても
カバーできない欠陥だらけ。それでも2基で
6000億円もかかるという代物。こんなぼったくり
買い物を「いりません」というだけでも
目の飛び出るお金が浮きます。こういうお金を
コロナで苦しむ人たちに使ってほしいものです。

投稿: へこきあねさ | 2020年3月25日 (水) 20:53

「軍票」というのがあったのですね。叉勉強になりました。

投稿: 吉田勝也 | 2020年3月26日 (木) 12:11

ましまさんへ

政治献金集めに近いんですね


へこきあねささんへ

言い方は変ですが、今は買い控えも検討すべきかもしれません


吉田勝也さんへ

在ったんですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2020年3月26日 (木) 13:28

国債、特に赤字国債もですが、
なんのためらいも無く発行するのでしょうか?
借金払いは、次世代だ!!
なんて思っているのでしょうかね~
20年後30年後の納税者が気の毒です。

投稿: もうぞう | 2020年3月26日 (木) 19:20

もうぞうさんへ

アベノミクスでの発行数は史上最高クラスだったと聞きますが、将来が不安ですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2020年3月26日 (木) 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 諫言役(かんげんやく) | トップページ | 1000人のキャンセル »