« コロナウイルスと報道崩壊 | トップページ | 帝国大学 »

2020年4月27日 (月)

また内閣府が横やり(改ざん)

4月21日の報道で、北海道沖から岩手県沖にかけての「千島海溝」と「日本海溝」で巨大地震が起きた場合、どのくらいの津波が来るか、国の検討会が新たな想定をまとめた内容が発表されました。

その内容は、津波の高さは青森県八戸市では最大26.1メートル、岩手県宮古市では最大29.7メートル、北海道の広い範囲で20メートルを超えるなど、東日本大震災を上回る地域もあるとという衝撃的なものでした。

ところが、その予想範囲の中の青森県の下北半島の太平洋側の津波予想を、内閣府が「20mの津波は無い、最高でも13mである」と勝手に修正(強制改ざん)していたというのです。

理由は単純明快です。その場所である、下北郡東通村(ひがしどおりむらの海岸沿いにはには、東北電力の「東通原子力発電所(ひがしどおりげんしりょくはつでんしょ)が在り、13mの防潮堤が在るからです。

つまり、13m以上の津波が来ては安全な原発ではなくなってしまうので、強引に20mを13mに変えて「ここは安全、東電F1原発とは違う」としたかったようです。

防潮堤の高さを津波に合わせるのではなく、津波を防潮堤の高さに合わせるという、荒業というか反則業ですね

この内閣府の横やり横暴に対し、猛反発したのが検討委員会の学者たちです。

この場所には、日本最大級の砂丘の一つである「猿ヶ森砂丘」が存在し、調査の結果、海から1.5km離れたその砂丘から津波が在ったという痕跡である流木などが発見され、その場所から想定し20mという津波の最大高さを割り出したそうです。

被害市日本大震災では、古の人々が石碑や古文書や言い伝えで最大津波があったことを我々に伝えていたことが判明し、歴史の重要性が見直されました。

それなのに、まだ大企業の利益・原発優先主義がまかり通ているようで、懲りない面々です

こんな時なのに・・安倍政権、自民党、原子力村の住人、恐るべし。

|

« コロナウイルスと報道崩壊 | トップページ | 帝国大学 »

コメント

どうしてバレバレのウソを平気でつけるのか、内閣府はアタマが異常な人の集まりとしかいえない。

投稿: ましま | 2020年4月27日 (月) 20:16

ましまさんへ

コロナ騒ぎで、責められない、専門家たちも反論しない、と思ったのでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2020年4月28日 (火) 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナウイルスと報道崩壊 | トップページ | 帝国大学 »