« 一人の男の死 | トップページ | 棚からマスク »

2020年4月 1日 (水)

地元の病院では未だ

私のかかり付けの病院は当地域では、救急指定にもなっている中核病院になります。

この病院では、新型コロナに関して、当院は新型コロナウイルスの指定病院にはなっていないことを前置きし、以下のような説明がホームページで行われています。

 ・・・つきましては、下記の定義に該当する場合、 連絡なしで直接に来院され ませんよ う お願い申し上げます。
症状の疑いがある方は、必ず「 帰国者・接触者相談センター 」に電話で相談し、指示を受けて下さい。

①発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状 を有している。発症から2週間(14日)以内に、以下のア、イの暴露歴(注釈)のいずれかを満たす。

ア、湖北省または 浙江省 へ の渡航 又は居住 歴がある 。
イ、湖北省または 浙江省 へ の 渡航又は 居住 歴 が あ るもの と 濃厚接触歴 がある。

②発熱または呼吸器症状 を有している。

・発症2週間(14 日 以内に新型コロナウイルス感染 症であることが確定したもの と濃厚接触 歴がある。

※「濃厚接触」とは新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内、
航空機内等を含む)があった方。

<注釈>「暴露(ばくろ)」という言葉には、【直接風雨にさらされること。また、有害物質や病原菌などにさらされること。】という意味もあり、医療文書では使われていることがある。
ゆえにここでいう「暴露歴」とは、「新型コロナウイルス発症環境にさらされた経歴」となろう。

最後に「この条件は今後変更されることがある。」という注釈がつけられていましたが、これを読む限り最初に厚労省が出した条件が未だに継続されていることが、よく解る内容です。

同病院は、昨年の台風19号で氾濫した水で最もひどく水没した地域(約4mの水で1階全没)で、病院の関係者には死者も出ました。

あれから約5か月後の現在もまだ工事中ですが、何とか以前に近い状態に外来診療が行われるまでに復旧が進んでいます。

上記内容い以外、最近増えている「感染経路不明」の患者がここを受診し、院内感染が発生したらまた病院が閉鎖されてしまいます。

そうなれば私のように定期的に通院する者や、多くの入院患者と隣接する看護施設の入所者への影響は計り知れません。

その時、本宮市や県、そして国はどう対処するのでしょうか?

考えたくないですが、頭から思いを消すことはできないです。

今週から始まったNHK朝のテレビ小説「エール」では、本宮市出身の歌手で主人公の生涯の親友となる伊藤久雄氏がモデルである佐藤君がドラマに出てきました。

ところが、新型コロナウイルス感染を予防するためきょうからドラマ収録は休止になってしまいました。

ただ、放送のほうは亡くなった志村けんさんが出てくる5月1日などの収録は終えているのですぐに放映が中止になることは無いようですが、なんとも困った状態です。

テレビもどんどん減って、震災と時のようにACジャパンの「ポポポポ~ン」とかいう、よく解らない広報が流されだしたら気がめいります。

|

« 一人の男の死 | トップページ | 棚からマスク »

コメント

ムムム、暴露歴って何?
経歴? 渡航歴? いろいろ考えたんだけど((+_+))
すみません。

投稿: へこきあねさ | 2020年4月 1日 (水) 17:03

へこきあねささんへ

そのままコピペしたんですが、不明なのでそのままにしました。何を記したかったのか、もう一度考えて判ったら直してあげましょうかと思いましたら、それは正しい言葉だと知りました。

「暴露」には、医療用語では【有害物質や病原菌などにさらされること。】なんだそうです。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年4月 1日 (水) 17:34

今や、東京人は招かざる客になりかねないので、今週末の二本松行きは断念しました。(悲しい)

いまだに、厚生省の指示は『「帰国者・接触者相談センター 」に電話で相談し、指示を受けて下さい。』ですね。

結果、電話はなかなかつながらず、やっとつながっても「検査必要なし=もう少し様子をみて」だったと知り合いが怒っていました。

「国民の命と健康を守る」がアベ首相の口ぐせですが、言うことやることすべてが噓八百です (怒)

投稿: ススム | 2020年4月 1日 (水) 20:47

困ったことがあれば長屋の大家さんに相談すれば、何でもうまく取りさばいてもらえる。江戸八百八町の方が進んでました

投稿: ましま | 2020年4月 1日 (水) 21:10

ススムさんへ

いざとなったときの対応は、結局はお役所仕事という気がします。
人も不足なのでしょうけど、現場を知らないのでしょうね


ましまさんへ

江戸の大家は、現在の行政区長や家庭裁判所の任まで奉行所から委託され担っていたので、相談されればそれを行うのが仕事でしたので、今の大家さんとは全く仕事の重さは違いますが、地域の年長者に聞く体制は良かったかもしれません。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年4月 2日 (木) 08:10

うっかりしていましたが、ACジャパンの広告を目にする機会が多くなりましたね。
不景気のせいでしょうかね?

投稿: もうぞう | 2020年4月 3日 (金) 18:56

もうぞうさんへ

そうなんだと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2020年4月 4日 (土) 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人の男の死 | トップページ | 棚からマスク »