カテゴリー「パソコン・インターネット」の202件の記事

2020年5月27日 (水)

SNSでの誹謗中傷への法整備には・・

5月23日、東京都内の自宅で亡くなった女子プロレスラーの木村花さん(22)の死因が、テレビ番組での言動に対するSNSによる誹謗中傷投稿だったことが問題になって、国会でも高市総務大臣が新たな法整備を急ぐという答弁を行うまでに至りました。

高市総務相の答弁
「現行の『プロバイダ責任制限法』に基づく、開示対象になる発信者情報の追加、開示手続きを円滑化する方策などについて検討を開始しました」

「プロバイダ責任制限法」とは、簡単に言えばオンラインを使い匿名で誹謗中傷の書き込みがされた場合に、その被害者が『発信者情報の開示』や『投稿記事の削除』などを運営者・プロバイダーなどに対し請求することができる法律です。

匿名でのSNSでの投稿を中心とした誹謗中傷に、歯止めをかけることは賛成ですが、その新たな法律で時の政権への反論や抗議に対してまで法を行使してきたら、それは戦中の「言論統制の再現」になってしまいかねません。

特に、安倍政権にはその傾向が如実に感じ、SNSの一種でもあるブログで安倍政権に対し誹謗中傷を繰り返している私としては、現政権下での立案にはとても不安がつのります。

オンラインでの誹謗中傷対策などを専門としている清水陽平弁護士は、法律でできることには限界があるとしたうえで次のような指摘を発表しています。

「SNSも道具ですので、どう使うのか、われわれ1人・ひとりが考えるべきことなので、教育という形を通じて、どういうふうにツールを使っていくのかということを浸透させていく必要があるのかなと思います」

香港の反政府デモもSNSを利用し集まった人々の抗議活動です。

政府には、後で改ざんが行われないように慎重に検討してもらいたいと思います。

| | コメント (2)

2020年5月23日 (土)

アクセスが多い県に変化

ほとんど見ることが無いココログのアクセス解析ですが、その解析はとても細かく分析できるようになっています。

コビッド-19による昨今の日本国内の状況を見て、私のブログにも何らかの変化があるのかと、久しぶりにのぞいてみました。

まずは時間別アクセスから見まして、感じたことは深夜の23時台~朝2時台にもかなりの方がアクセスしていることに、遅くまで見ているんだと感じました。

いずれにしても、大きな変化は見られませんでした。

しいて言えば、都道府県別のアクセスが多いところにちょっとした異変が起こっていました。

上位3県にが「青森県・群馬県・徳島県」がなっていたことです。

この3県が、上位になったことは未だにありません。

いったい、どのキーワード、どの記事がこの3県の方々に関係し、アクセスが急増したのか?

解りませんでしたが、コビッド-19の影響ではない(?)ように思えました。

| | コメント (8)

2020年2月20日 (木)

アクセスランキングトップ記事も「マスク」

私のブログのアクセス解析で、久しぶりにわたしの過去記事のアクセスランキングを見てみました。

そしたら、時節らしく「マスクの表裏(内外)の見分け方」という古い記事がトップになっていました。

記事内容に上げたマスクは旧型のもので役に立たない記事ですが、ブログまで「マスク」が占められているとは思いませんでした。

必死にマスクを探しているんですね。

きょう、用があり最寄りの100円ショップの「ダイソー」に行ってきたのですが、そこもマスクの棚はガラガラに売り切れていました。

「ここまで無くなっているのか」と思いながら、DIYのコーナーに行ったら・・・・

作業用の「防塵マスク」の活性炭入りのと硬質不織布の2種類が売れずに残っていました。

これでも十分な働きをするのですが「これは違う」と敬遠されているようです。

ただ、全国的には作業用マスクも不足しているらしく、福島県内はまだそこまで切羽詰まってはいないようですね。

ちなみに、わたしも買ってきませんでした。

| | コメント (5)

2020年2月 9日 (日)

ココログの残容量

このココログですが、私が利用しているのは「プラス」(広告無・有料)というコースのもので、利用可能なディスク総容量は「5000 MB 」になっています。

コントロールパネルで確認すると、わたしが今現在利用中のディスク容量は「1303MB 」で、総容量の「26%」を使用していることになっています。

つまり、残り容量は約「3650MB」(75%)以上は有る計算になりますので、まだまだ余裕なのですが・・・

「これが無くなったらどうなるのだろう?」という心配が、ㇷとよぎったのです。

検索すると、ココログの「フリー」(広告有・無料・容量=2000MB)のコースを利用している方で、その経験をアップしたのを見つけました

それによれば、容量がいっぱいになると起こる現象は↓

  •  容量に到達(99.9%使用)すると、その時から記事のアップやそのほかの更新が止まる。

その際に前触れや理由の連絡は無いらしいので、原因は自分で調べるしかなかったようです。

対処方法は、投稿済みの過去記事を削除したり、マイフィオトなどを削除するとすぐに正常に戻るようで、容量がいっぱいになってもブログそのものが消滅してしまうことは無いようですす。

つまり、心配はいらないが、たまに利用容量は確認すべきということでしょう。

| | コメント (5)

2020年2月 1日 (土)

NEC もサイバー攻撃にやられた

1月20日に、自衛隊の武器の部品にかかわる三菱電機の会社のネットワークがサイバー攻撃を受け、防衛省などの政府機関とのやり取りや取引先企業の情報、それに8000人分を超える個人情報が外部に流出した可能性があると明らかになり、「日本の防衛情報が狙われたのではないか?」として大ニュースになりました。

ところがまた、同じく自衛隊の武器の部品にかかわる製品に携わるNECがサイバー攻撃を受け、2万8000件のファイルが流出した可能性があるということが1月30日付ニュースで分かりました。

この中には極秘中の極秘の一つの潜水艦用のセンサー技術といった防衛に関するものも含まれていたらしいのです。

さらにNECの場合には2019年までの数年もの間サイバー攻撃によって社内のサーバーなどが不正なアクセスを受けていたというのですから驚きです。

NECは、、「日頃からネットワークに対して不正アクセスの試みが疑われる事例はあるが、情報流出などの被害は確認されていない」としていますが、はたして本当でしょうか?疑問です。

これでまた、『サイバー攻撃に対し脆弱な日本=日本との通信(協定)は不安」とのイメージが世界に流れてしまった感じがして、むしろそのほうが国家的損失の問題でしょう。

それでも、政府はまだサイバー攻撃に対し甘い考えであり、腹立たしい限りです。

タレントのパックンことパトリック・ハーランさんが、自分の個人情報が流出しているかどうか調べる簡単な方法をテレビで紹介していました。

それは、パソコンでもスマホでもいいですが、「自分のメールアドレスを検索する」というやり方です。

検索して出てきたら、それはもうすでに流出してしまっている証だそうです。

早速、私のをやってみたらパソコンも携帯のメルアドもヒットしませんでしたのでホッとしました。

ただ、検索結果の中にアルファベットのサイトがいっぱい出てくるのは気になりました。

人間もパソコンも、ウイルス感染に注意です。

| | コメント (2)

2020年1月22日 (水)

インターネットに税金!?

政府・総務省(高市早苗大臣)は、次世代通信規格「5G」の基盤となる光ファイバー回線を全国的に維持するための基地局などの建設費のための費用確保のため、インターネット利用者から負担金を徴収する制度をつくる方針のようです。

計画では、2024年から徴収を開始し、携帯電話・スマホを含むインターネット利用者全員が対象になるようです。

徴収の仕方は、光回線に接続する携帯会社などが負担し、利用者が月額料金に上乗せし、それをプロバイダがまとめて国に納めるという形になるようです。

つまり、この「インターネット税」なるものが導入されれば、この毎月の光回線の月額利用料に上乗せしてインターネット税を支払わないといけないということです。

安倍政権と言えば、消費税を2度も上げた政権ですが、国の借金も増やしさらに増税をすることを考えている、自民党員は何のために国会に出ているのでしょう。

「当選だけが目的の無駄飯食い」と言いたくなります。

2014年のこと、ハンガリーでは「インターネット税」の徴収を決定、ところがインターネット税に対し反対デモが起き、ついにはそのデモは「反政府デモ」にまで発展し、ハンガリー政府は追い込まれ「インターネット税」を撤回したということがあったそうです。

これはほんの5年前の出来事ですが、日本でもデモが起こるかどうか?

安倍政権は、この出来事を知っているのでしょうか?

 

| | コメント (4)

2020年1月18日 (土)

Windows7のサポート延長終了後も

1月14日(火)で、「Windows7」のサポートの延長期間が終了し、セキュリティ更新プログラムを受け取れなくなりました。

終了後もパソコン自体は使えますが、ウイルス被害を受けるなどのリスクは高くなります。

ところが日本マイクロソフト社によれば、昨年末の12月24日時点で推計約1500万台のWindows7が稼働し続けていると推測されているそうです。

その内訳は、法人813万台、一般679万台だそうです

個人の中には「私はインターネットには接続しないから大丈夫だ」と考えている人も居るでしょうが、USBメモリーなどからウイルスの感染が起こる場合もあるようで、やはり油断できないそうです。

一番懸念されるのは、対応が遅れている法人や役所でしょう。

実際に最終日となった20年1月14日のツイッター上には、「職場のパソコンまだWindows7なんですけど...」といった、現役で稼働している現場からの嘆きも相次いで投稿されたそうです。

法人関係は多くの情報を持っていますので、早急な対応が求められたはずですが、また「予算」とかが障害になったのでしょうかね?。

わが村の役場はちゃんと対処したのだろうか?気になります。

 

| | コメント (4)

2020年1月10日 (金)

不正ログイン(東北電力)

我が家では電気料金・使用料は東北電力のwebサイトの「よりそうeねっと」を利用しています。

そこから昨年末緊急のメールが届きました。その内容は↓のようなものでした。

 日頃より「よりそうeねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

12月26日(木)の深夜から27日(金)の早朝にかけて第三者が他社のサービス等から入手したと思われるログインID・パスワードを用いて、不正なログインが行われたことを確認いたしました。
このうち、一部のお客さまの「よりそうeポイント」が不正に電子マネー・共通ポイントに交換されたことも確認されております。

現時点において、当社WebサイトからログインID・パスワードが漏えいした事実は確認されておりませんが、原因調査のために「ポイント交換」ならびに「よりそうeねっとアプリ」のサービスを停止しております。

現在、このサイトは電気料金・使用量のお知らせ等はのWebサイト(ブラウザ)より閲覧はできるようですが、ポイントなどはメンテナンス中で使用できないようになっています。

幸い我が家のは連絡がないので被害に逢わなかったらしく、一安心ですが、しっかりしてもらいたいものです。

なんといっても電力会社は、稼働はしていませんが、コンピューターで原子力発電所の核燃料を管理しているわけで、そこがサイバー攻撃を受けたということです。

念には、念を入れてサイバー対策をやってほしいものです。

| | コメント (2)

2019年12月19日 (木)

HDD vs SSD

以前にも記事にしましたが、Windows7のサポートが来月で終了するということで私はマイパソコンを買い替えました。

その時に、パソコンを選ぶのに悩んだことの一つに搭載している記憶媒体です。

従来まではHDDが常識でした。ところが、買い替えに際し現在のパソコンの記憶媒体の主力はSSDに移っていたのです。

その特徴と違いは主に↓です

SSD>

  •  SSD=Solid State Driveとは半導体メモリ。
    簡単に言えば、 USB メモリや、SD カード、フラッシュメモリの大容量版。
    現在は1テラバイト以上のも出ている。
  • 作動音が静かで、記憶の読み書きの速度が速いという特徴がある
  • HDD搭載モデルより高価。ただし、安くなってきている
  • 耐久力や保存維持力に少し不安がある

HDD>

  • HDD = Hard Disk Drive とは磁気ディスク。
  • 大容量のデータを長く保管することができる
  • SSDよりコスパが良い。容量単価も安い。
  • 作動音が大きく、大容量になると読み書きの速度が遅くなる。

最も新しいのでは、上記の二つを組み合わせたSSHDという記憶媒体を搭載したモデルがあるようですが、それはまだ一般的ではないようです。

そして、さんざん悩んだ結果、私が出した結論は、単価もそれほど違いが無く、早いということと、主流が変わりつつあるということでSSD搭載モデルでした。

ただし今でも保存には不安が残り、大事なものは以前のPCでも使っていた外付けHDDに入力しています。

外付けだと、新たに買い替えても引っ越しが楽で助かりますので、当分はこの方式で行こうと思います。

さて、さらに新たな媒体は現れるのでしょうか。ついていけないなぁ

| | コメント (5)

2019年12月11日 (水)

カード会社のHPにログイン

本日、夕方ごろに妻が「クレジットカードが無い」と騒ぎだし、あちこち探すという騒ぎになりました。

約1時間後に、別のカードと一緒になって目に入らなかったことが判明し、事なきを得ました。

私は最悪の場合を考え、カードの使用差し止めの手続きにすぐに入れるようにカード会社のマイページにログインしようとしました。

そしたら、IDもパスワードも間違っていないのに、ワンタイムパスワードで再度ログインをしてくださいというメッセージが出てログインができなくなったのです。

仕方なく、メールで送られてきたワンタイムパスワードでログインしなおしました。

どうしてそうなったかというと、私がパソコンを替えたからだったようで、登録時のパソコンとOSなどが違っているということで改めて本人確認と、新しいパソコンの登録が自動的に行われる仕組みになっていたようです。

すごいセキュリティーだとも思いましたが、こちらのパソコンを即座に「違うパソコン」と判断されたことに、アクセスしただけで自動的に個人情報が読まれているようで変な気分でした。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧