カテゴリー「パソコン・インターネット」の180件の記事

2018年10月10日

『ネット○○』 は和製英語?!

一昨日、ニュースを視てい時のことです。

ある国際組織の幹部へのインタビュー、いつものようにその方の話す英語には翻訳された言葉が字幕として流れていました。

こういう場合、ご本人の英語も少し音量が抑えられて流れていますので、その言葉は確認できます。

ところが、その和訳された文字の中で和訳では「ネット・・・」とテロップが出たのですが、英語で話しているのを聞いていたら「ネット・・」と訳された部分は「オンライン」と話しているのがハッキリ判ったのです。

それが気になって、検索したら日本国内で「ネット○○」という言い方をされているものは、英語では全て「オンライン○○」という言い方であることを知りました。

例えば「ネットでの取引」は英語では「オンライン取引」という言い方をするのが常識のようです。

つまり、ネット通販とかいう言い方は和製英語らしいのです。

アララ・・・でございますが、知らないって楽でいいですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 2日

安定したPC

何日か前にアップした記事で「パソコンが・・・」というタイトルで紹介しましたが、やっとPCが安定したようです。エラー表示も無くなりました(いまのところ)
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2018/09/post-aa32.html

原因はわたしが使っているセキュリティーソフトの「ウ・・・クラウド」だったようです。

無理やりシャットダウンしたときに破損ファイルのようなものができ、それを異物として反応していたようです(たぶん)

一旦全部アンインストールしてから、新たに(最新版)インストールしましたら解決してしまったようです。
ホッとしました。

ついでに、無駄なファイルやサポートが終了しているメールソフトなどもを削除しました。

なんだか大掃除した気分です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月29日

サポート期間

パソコンのOSにはサポート期間があり、その期間がドンドン短くなっている気がしてならないのです。

私が使用しているWindows7は2年後の東京オリンピックがある2020年に完全にサポートが終了しますし、Windows10でも2025年に完全終了となることが発表されています。

それだけ悪質なウイルスなどの新手の攻撃が増え続けているということでしょうが、何とかならないものでしょうかね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月19日

パソコンが・・・

昨日から、何だかパソコンが不安定になっています。

メールソフトが要因かもしれませんが、不明です。あちこち試していますが、しばらくかかりそうです。

困った

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月25日

ボット?・・・ぼっと?

今「ボット」というアプリケーションの悪用が問題になっているようです。

ボットとは「ロボット」の略語のようですが、このアプリはネット上での食べ物の注文、服の購入、レストランの検索、はたまた貯金までも自動でやってくれしろものなんだそうです。

人がやる速さを遥かに超える速さでやるので、注文や予約などもあっという間に行えるそうです。

ところが、これを悪用しコンサートチケットなどのネット販売に対し複数のボットを使って一瞬のうちにチケットの大半を買占める輩が出現し、ファンが買えない事例が増え始めているというのです。(1分間に何万回もアクセスするらしい)

どうしても手に入れたいときは、その買い占めたチケットを高額で買わされるそうです。

先ごろ専門機関が調査した結果、あるコンサートのチケットの90%以上がボットを使って買い占められていたことが判明し、調査した関係者は青ざめたそうです。

もし、買い占められたチケットが売れなかったら、チケットは完売、観客は0人、なんてことも起こりえるわけです。

便利さの裏に潜む脅威は、増加する一方です。凡人は、ため息だけです。

続きを読む "ボット?・・・ぼっと?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年6月21日

パスワードの定期的な変更は不要!?

政府が設けた「内閣サイバーセキュリティセンター」、そして「国民のための情報セキュリティサイト」というものですが、知っている人は希?なんじゃないでしょうかね。

わたしは知らなかったです。

  • 内閣サイバーセキュリティセンター(内閣官房HP)
    内閣官房内に在り『NISC』と略され、主に行政機関の情報セキュリティーの指導と監視
  • 国民のための情報セキュリティサイト(総務省HP)
    総務省内に在り、主に企業や一般向けの情報セキュリティーの対策方や指導監視を行っている

今年3月、この両方のサイトで、今までの常識を覆す↓発表がなされていました

>これまでは、パスワードの定期的な変更が推奨されていましたが、2017年に、米国国立標準技術研究所(NIST)からガイドラインとして、サービスを提供する側がパスワードの定期的な変更を要求すべきではない旨が示されたところです。
また、日本においても、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から、パスワードを定期変更する必要はなく、流出時に速やかに変更する旨が示されています。

<参考サイト>

既に、企業側にはこの指導が行われているそうです。

「このパスワードは長らく変更されていません・・・」と催促されるの面倒に思えましたが、セキュリティーのためと(たまに)替えていたのが無駄だったとは・・・・

「あららら!。なにそれ」ですよ。もうなんだかわかりません(gawk

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月18日

これがお金なら・・・

いつものセキュリティーレポートが届きました。

>過去1か月間、トレンドマイクロは457,018,897件のセキュリティ脅威を検出しましたが、お使いのデバイスは保護されています。

月に‘4億5千万’、これがお金なら嬉しい限りですが、なんにもならないというより面倒です。

しかし、まるで砂嵐のような攻撃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 6日

シャープ「ダイナブック」

東芝は、かつて世界一の売り上げを誇ったパソコン事業を手がける東芝クライアントソリューションを、台湾企業の力で再生したシャープに50億円前後で売却するようです。

これによってパソコン事業から退いていたシャープは再スタート、東芝は経営改善がはかられことからどちらにもメリットがあるようです。

東芝のパソコンと言えば「dynabook」、このブランド名は残すような方向らしく、これからは‘シャープダイナブック’と言うことになるのでしょう。

この分野はまだまだ再編が起るようです。

そしてそれが、中国、台湾、韓国というアジアの企業が中心となることは間違いなく、よく言えばアジアのグローバル化ですが、「日本製」という言葉そのものの意味が無くなっていくような気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月24日

パソコン画面が突然‘占拠された’

きょうはちょっと驚きました。インターネット中に突然画面をポップアップメッセージに占拠されたのです。

出たのは↓です。

20180228200605

続きを読む "パソコン画面が突然‘占拠された’"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018年3月23日

また・・NTTから

一部手違い契約のトラブルがおこりましたが、無事(?)に完了したNTTフレッツ光の料金見直しでした。
過去ログ↓
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2018/03/tv-236d.html

ところが、契約完了からすでに20日間ほど経った本日3月22日のきょうNTTから料金見直しの勧誘電話が入ったのです。

途中までは前回のトラブルに関してなのかと聞いていましたが、その女性オペレータの説名はマニュアルが有るのでしょう、安くなる料金の説明も全く同じ、同じ順序で確認などをするものでしたので思い余って聞きただしました。

俺 :「見直しは、終わっていますが、あなたの説明は聞く必要があるのですか?」

オペ:「え!、すみません。もう一度お願いします」

俺 :「見直しは、終わっていますが、あなたの説明はどういうことなのですか?」

オペ:「10ケタの転用承諾番号(申し込み番号)を教えてください」

俺 :「え~~番号・・・、見直しの経緯を最初から全部説明しなくちゃならないんですかangry

オペ:「すみません。完了しているということで、申し訳ありませんでした」

怒鳴る寸前でしたが、その様子が私の口調で判ったのでしょう。そそくさとオペレーターは侘びとフレッツ光のCMをそれとなく入れながら電話が切られました。

まったく、どうなっているのでしょうね?怒りより不安になってしまいます。

直ぐに、NTTへ問い合わせメールを送りました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧