カテゴリー「グルメ・クッキング」の117件の記事

2017年1月14日

喜多方ラーメンの味が・・・

福島県の喜多方市で創業約180年の歴史を持つ、みそ・しょうゆ醸造業の老舗で「金忠(かねちゅう)」の名で親しまれた「井上合名会社」が13日までに廃業したという報道が新聞に出ました。

廃業の理由は、やはり原発事故による風評被害で売り上げが落ち込んだことで、なんと70%以上も売り上げが落ち込んでいたそうです。

震災直後の平成23年度には東電に損害賠償の手続きをしたそうですが、翌年の24年度からはその手続きが煩雑であるため行っていなかったようなのです。
会津地方は最初から放射能などの影響が無かった地域なので、よけいに東電への申請書類が複雑だったのだろうと想像します。

問題は、この老舗の醤油を使っていた喜多方ラーメン店なのです。

喜多方ラーメン店は約120軒、その内の3分の1にあたる約40軒が、ここの醤油を味のベースにしていたというのです。

店舗では、他社に醤油を切り替えているそうですが、昔ながらの味を守るラーメン店にとって違った醤油で味が落ちるのは死活問題で、金忠のと同じ味ができるまで在庫でつないだりということです。

たかが醤油、されど醤油ですね。こんなところにも震災被害が出るんだな~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年11月 5日

落花生の‘塩茹で’が、うまい

先日収穫し終えた落花生、その一部が塩茹でになりました

Img_2966

収穫した落花生をよく洗い、殻ごと塩茹でしただけで食べるものですが、硬い‘ピーナッツ’が苦手な方でも柔らかい煮豆なので食べやすいのも特徴でしょう。
http://cookpad.com/recipe/2492771

程よい塩味が効いて、食べ始めると止まりません。酒のつまみにも枝豆のようで(もっとおいしい)最高です(※落花生は赤茶色の皮ごと食べる)。

フォトのように殻を割りながら、そうとうの量を食べ続けている私です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年10月23日

『幸楽苑』 と 『田部井淳子さん』・・・ショック!

福島県内にショッキングなニュースが二つ飛び込んできました。

一つ目は、県内では誰もが知るラーメンチェーン店「幸楽苑」(本社=福島県郡山市)静岡清水インター店において、9月10日(土)に提供されたラーメンに人の親指が混入していた問題です。

幸楽苑ホールディングスは今月21日、一部の店舗を除く全国約500店舗(全国に522店舗が在る)を27日に一斉休業すると発表しました。

同社の説明によると、工場のチャーシュー部門で掃除をしていた従業員が誤って指を切断、しかしその従業員がしていてゴム手袋は切り落ちていなかったので、そのまま保管、その際に工場ではパニック状態になり、事故が起きた日のチャーシューにその日の表示をするのを忘れてしまったことで、事件が起きた店舗に流通してしまったというものでした。

ラーメン店としては珍しい株式上場企業として、福島県内企業でも中心的存在ですし、わが家でも身近に店舗があるので、驚きのニュースでした。

そしてもう一つは、福島県三春町出で埼玉県川越市在住の世界的登山家の『田部井淳子(たべい・じゅんこ)』さんの訃報です(10月20日(木)、腹膜がんで死去、77歳だった)。

続きを読む "『幸楽苑』 と 『田部井淳子さん』・・・ショック!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月26日

あんころもち

餅に小豆餡をからんだ餅のことを、全国的には「あんころもち」と言うようですね。

その名称の語源には

  • 餅に餡の衣で「餡餅」=「あんころももち」の「も」が一つ消えて「あんころもち」となった。
  • 餅に転がすよう餡をからめることから、「餡餅」=「あんころもち」となった。
  • 「石ころ」と言うような言い方と同じく、小さく丸っこい様子から「餡ころ餅」となった。

↑のように、諸説あるようです。

県上越市を中心とする上越地方ではこれを川渡餅(かわたりもち)と言う呼称で、縁起物として食べられる習慣が在るらしく、本来は地域によってはいろいろなな呼び方が在るのかもしれませんね。

ちなみに、私の地域では「あんこ もち」と言いますので、「あんこ」の後に「」の一文字が付く言い方は、ちょっと耳障りに感じることもあります。

続きを読む "あんころもち"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年7月12日

‘ビール’と言えば

今から数十年前はビールと言えば「キリン」だったのですが、スーパードライ発売とと同時に今は、アサヒビールが日本一のビールメーカーとなりました。

ビール大手5社が発表した2016年上半期(1~6月)の販売シェアです。

<ビール大手5社別の販売シェア>

  1. アサヒビール⇒39.2%
  2. キリンビール⇒32.1%(前年比ダウン
  3. サントリービール⇒16.0%
  4. サッポロビール⇒11.9%(日本一の老舗
  5. オリオンビール⇒ 0.9%(アサヒと業務提携

アサヒが7年連続の首位をキープし、かつての最大メーカーであったキリンは5社の中で唯一シェアを落としたようです。

ただ、ビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)の出荷量自体は、前年同期比1.5%減の1億9278万ケース(1ケース=大瓶20本換算)と4年連続で過去最低を更新しているそうです。

その理由を各メーカーなりに分析しているようですが、わたしの考えでは「商品が多過ぎ」であることと、「バカ飲みする人が減った」だと思うのですが、違いますかね?

近所の飲み会でも、父の時代は泥酔するのが常識でしたが、今はそんな人は皆無です。

酒やビールは贅沢品じゃなくなり、いつでも飲めるものになったことが売り上げの減少になっている気がします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年7月 7日

‘いかにんじん味’ポテチを食す

5月の記事で、ポテトチップで有名な「カルビー株式会社」から、福島の郷土料理「イカ人参」の味のポテトチップが販売されたことをアップしました。↓
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2016/05/post-da48.html

その記事中で、「味が想像できない」と記載していましたように、いつかは食べようと思っていたのですが、異常なほどの人気だったらしく限定生産販売も相まって品薄状態となり、どこにも無く、味を確認することができないでいました。

ところが、その人気に驚いたメーカーが、追加生産販売を敢行したのです。こうのでは異例中の異例なことだったようです。

Photo実は、私はそのことを忘れていました。そしたら妻が、本日、出かけたついでに買ってきたのです。

袋を破った瞬間に、するめイカの香りが強く漂ってきましたので、二人で「人参は?イカ人参では無いのでは?美味くないのでは?」と、ちょと懐疑的になりました

続きを読む "‘いかにんじん味’ポテチを食す"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月23日

“ライス残し”多発注意報?!

飲食店従業員の40代の男性の嘆きコメント記事を読んで驚きました↓

「最近のダイエットブームの影響なのか、ライスを注文しても当然のように残して帰るお客様が増えています。

わたしたちの世代は『米粒を残したら、目が潰れる』と家庭で厳しくしつけられただけに、どうしても簡単にライスを残してしまうお客様には困惑していますね。

そのまま残飯にしてしまうのは心が痛むので、最初からライス抜きで注文してほしいです」

たぶん東京だけだと信じたいのですが・・・
飲食店で注文しておきながらも客がライスだけを(ほぼ全部)残す、いわゆる“ライス残し”が多発しているんだそうです。

続きを読む "“ライス残し”多発注意報?!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年5月19日

日本酒、4年連続日本一

全国の日本酒を評価する全国新酒鑑評会の平成27酒造年度(平成27年7月~28年6月まで)の結果が18日に発表され、福島県は最高賞の「金賞」を受賞した銘柄が、4年連続で日本一多いという名誉が得ました。‘4年連続’は東北初で、福島県内では号外も出ました。

最初は「東日本大震災への同情票」かと思っていましたが、4年連続となると‘地力’という気がして、嬉しい限りです。

新聞発表は、10銘柄以上受賞した都道府県と、それには至らなかったが東北ということで岩手県と青森県の2県が併記されました。

 

都道府県

金賞の数 出品数
 福島   18   41
 山形   17   39
 兵庫   17   39
 新潟   16   69
 宮城   15   23
 秋田   14   30
 長野   11   57
 栃木   10   23
     
 岩手    7   20

 青森

   6

  14

続きを読む "日本酒、4年連続日本一"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年5月12日

冷めた‘おにぎり’

コンビニでおにぎりを買ったら、「温めるか?」それとも「冷たいままか?」と問われたら、たぶんほぼ全員の人が「温める」と答えるのではないでしょうかね。

それくらい、コンビニでは弁当やおにぎりは温めるのが当たり前になった気がします。

さて、6年ほど前の私のブログ記事「冷や飯食いの・・脂肪つぶし」と言うので、冷たいご飯の意外な効果を紹介しました

それと似たような記事を発見しました。

お米などに含まれるデンプンには消化されやすいものと消化されにくいものの2種類があり、消化されにくいデンプンは『レジスタントスターチ』と呼ばれ、急激な血糖値の上昇を抑えるとともに、食物繊維と同じような働きをして腸内環境を整える働きがある

「レジスタントスターチ」には、デンプンを加熱した後に冷やすと割合が増加し、冷めていたものを再び温めると割合が減少してしまう特性がある。

続きを読む "冷めた‘おにぎり’"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年4月 3日

ふくしまブルブル

福島県内はいろいろな方面で復興をうたったイベントや活動が行われていますが、「B級グルメ」というジャンルも、「浪江焼きそば」が日本一になってから、さらに勢いが増している感があります。

県内では、イカ人参や円盤餃子など名が知れたものも沢山ありますが、福島県人である私も初耳のが存在します。

その名称からも料理が全く想像しにくいものに「ふくしまブルブル」というものを見つけました。

これは、約10年ほど前に閉店した福島市内にあった洋食店「ブルドック」の名物料理の名称なんだそうで、その由来は「あまりにもうまくて、ブルブルと震えてしまう」ということらしいのです。

これを復活させ、福島市内の名物にしようというプロジェクトが今年の2月から福島駅周辺の有志11店舗によって「復刻版」として提供されているようです。
http://hotel-tatsumiya.com/information/2067.html

どういう味なのか?食べてみなくちゃわかりませんが、いろいろと考えるものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧