カテゴリー「ニュース」の435件の記事

2017年2月23日

七つの星

アメリカにあるNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで、地球から約40光年の距離にある「トラピスト(TRAPPIST)―1」という恒星を観測していたベルギー・リエージュ大などの国際チームが、その恒星(こうせい)の周囲を地球に似た七つの惑星が回っていることが突き止めたんだそうです。

驚いたことに、トラピスト―1の温度や距離などから推測すると、確認された七つのうちの三つの惑星には海があって生命が存在する可能性もあるというのです。

このことは2月23日付のイギリス科学誌ネイチャーで発表されることになっているようですが、永遠のテーマである地球外生命体は確認できるのでしょうか?

ただ、研究チームに日本の文字が無かったのは少し残念ではあります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年2月13日

原発予定地が・・

2月11日、福島県内を始め東北と新潟県に電力を(独占)供給している東北電力は、半世紀以上にわたって原発建設を予定し、一昨年その建設を断念した「浪江・小高原発」(浪江町・南相馬市)の建設予定地だった土地の内、浪江町内に所属する約120ヘクタール(=36万3千坪。東京ドームの面積の約25倍)を浪江町に無償譲渡する協定を結びました。

譲渡される土地の内の約6ヘクタールは、福島県が小型無人機(ドローン)の滑走路を整備する計画が決まっているようですが、その他の土地はこれから考えるようです。

一つの構想としては、産業団地の整備などを考えているようですが、県内外からは「除染した廃土の仮置き場にいいのではないか」というような声が上がりそうな気がします。

いずれにしても、まずはこの場所の避難困難区域の全面解除が先でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 3日

GPS

日本は日本製のGPS用人工衛星を3機打ち上げ、現在ある1機と合わせて、合計4機でより精確なGPS機能にするようですね。

将来的にはさらに3機、全部で7機体制にし、GPSの制度を高度にするようです。

自動車のGPS機能はかなり良くなっていますが、まだまだ複雑に入り組んだ市街地ではズレが大きいのが現状です。

指を指すように細かなところまで、精度が上がったらこれは嬉しいです。

ただ、不安なのは現在のカーナビは対応しているのか?ということです。どうなんでしょうかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月24日

外国人の逃亡者

日本に来て犯罪を起こした外国人は、母国への強制送還になるのが一般的ですが、その外国人が病気などで、直ぐに強制送還するには問題があるある場合に‘人道的特別処置’として、「仮放免」という対処を行うのだそうです。

ところが・・・

その仮放免中に、病院や施設などから脱走し、その後行方不明になる外国人犯罪者が急増しているというのです。

入管管理局の発表では、昨年からの約1年間だけで「108人」の仮放免の外国人犯罪者の所在が不明になっているそうです。

こういう不法滞在者は、さらに凶悪な犯罪や組織に潜伏するわけですから、言い換えれば日本国内で凶悪犯罪者が急増しているということです。

「親切が仇となる」とは、まさにこいうことでしょう。

福島県内では、ここ数年こういう外国人の不法滞在者が検挙されるニュースが付ている気がします。
東京からほどほどの距離が有り、特に田舎ほど隠れやすい環境も多いのかもしれません。

外国人全員がそう言う人ではないのは百も承知ですが、不安が募るニュースでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月14日

V-22運用停止にどのくらいの効果?

アメリカ軍の大型輸送機『V-22航空機』、通称「オスプレイ」が沖縄県沖の海上で墜落したニュースは、また日米と沖縄問題に波紋を広げています。

アメリカ軍の説明だと、「空中給油訓練中にミスが起き、バランスを失ったためパイロットは民間の犠牲と乗組員の命を守るため‘不時着を試みた’結果の‘クラッシュ(墜落)’だった」としました。
そう言われれば、乗組員が無事だったこともあり、日本政府やマスコミの一部の報道にある“不時着”のようにも見えないこともないが・・・認識には差があることは否めません。

  • アメリカ側の発表→「クラッシュ(crash)」(=飛行機の墜落)
  • 日本政府の発表→「不時着」

確かに↑のようにアメリカ側は「墜落」と発表しているのに、日本政府側は「不時着」と発表したことの疑問もありますが、そもそも根本問題は「不時着か墜落か」というところではないはずですね。

アメリカ軍に対して日本からは運用の停止を求めたようですが、同時に「現在進められているオスプレイを運用するためのヘリパッドの建設は、今回の事故による影響は考えていない」との考えが官房長官から発表されました。

これを受けアメリカ側から「“当面”のオスプレイの運用停止を行う」という連絡があったようですが、これって社交辞令の対応でしかないのは明らかです。

だいたい、運用停止する期間を日本側から支持する権利が無いというのが、独立国家として不平等でしょう。

それに、運用停止に何の効果があるのでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2016年11月26日

地震にシロアリ

25日、福島県いわき市は福島県沖を震源とする22日の地震によって、いわき市内に建設されている、避難者のための‘災害公営住宅’で、建物の壁や外部のアスファルトに亀裂が入るなどの、地震による被害があったと発表しました。

同市によると、被災した災害公営住宅は7団地9棟で、ひさしのモルタルが一部落下したほか、建物の階段に亀裂が入ったりしていたということです。

この発表より前に、福島県では避難者が未だに住む仮設住宅の多くが、白アリなどの被害や老朽化が進んでいることが、発表されたばかりです。

県外の避難先でも震災に遭い、仮設を出ても住居が壊れ、踏んだり蹴ったり+殴られたりとは、まさにこのことでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月19日

不正受給

福島県民や県内の企業に衝撃のニュースが流れました。

福島県では、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災地の産業振興や新規雇用の創出などを目的として創設された「ふくしま産業復興企業立地補助金」の制度が有ります。

この制度によって新たな企業の進出が行われています。

ところが、この制度を利用して、南相馬市に工場を新設していたプリンター製造・販売を手掛ける『ルキオ』(本社東京都、古谷庄悟社長)が、取引業者に請求額を水増しさせたうその請求書などを使い補助額を不当に増やして受給していたことが判明したというのです。

不正受給額は5億7770万円にも上るらしく、福島県は即刻同社に補助金の返還を求めたのは言うまでもなく、詐欺容疑で刑事告訴する方針を発表しました。

県内でのこの助成金の不正受給が発覚したのは初めてだというのですが、はたしてそうなのでしょうか?

これを機に、助成金支給が厳しきなることでしょうが、それによって県内の復興が遅れるというのは何とも痛しかゆしで、県の関係者も頭の痛いことでしょう。

その意味でも、今回のルキオの罪は重いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月25日

放火犯・逮捕のニュース

東京都葛飾区に本籍を持つ、無職の戸田光雄容疑者(63)が、‘放火の容疑’で東京の亀有警察署に自首してきて逮捕されたというニュースが、本日の福島県内ニュースで報道されました。

ん!?なんで全国放送にもならなかった放火事件の犯人、それも東京でのことが、福島県内でニュースになるの?」

と、思ったわたしです。

そしたら、一昨日の23日の午前8時半頃、我が村(福島県大玉村大山向山)で発生した住宅火災、その放火犯の男だったのです。

その日は快晴の日曜日で、近所の家族が前の小道を散歩していましたが、突然の火災発生のサイレンが鳴り響き、消防団員だったその家族の息子は急遽帰宅し屯所に向かって行きました。

鎮火にはいやに時間がかかったので、なんだろうと思っていましたが、放火だったとは思いませんでした。

交通の便が良いというのも、こういう弊害が生まれるのでしょうか?困った世の中です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月23日

『幸楽苑』 と 『田部井淳子さん』・・・ショック!

福島県内にショッキングなニュースが二つ飛び込んできました。

一つ目は、県内では誰もが知るラーメンチェーン店「幸楽苑」(本社=福島県郡山市)静岡清水インター店において、9月10日(土)に提供されたラーメンに人の親指が混入していた問題です。

幸楽苑ホールディングスは今月21日、一部の店舗を除く全国約500店舗(全国に522店舗が在る)を27日に一斉休業すると発表しました。

同社の説明によると、工場のチャーシュー部門で掃除をしていた従業員が誤って指を切断、しかしその従業員がしていてゴム手袋は切り落ちていなかったので、そのまま保管、その際に工場ではパニック状態になり、事故が起きた日のチャーシューにその日の表示をするのを忘れてしまったことで、事件が起きた店舗に流通してしまったというものでした。

ラーメン店としては珍しい株式上場企業として、福島県内企業でも中心的存在ですし、わが家でも身近に店舗があるので、驚きのニュースでした。

そしてもう一つは、福島県三春町出で埼玉県川越市在住の世界的登山家の『田部井淳子(たべい・じゅんこ)』さんの訃報です(10月20日(木)、腹膜がんで死去、77歳だった)。

続きを読む "『幸楽苑』 と 『田部井淳子さん』・・・ショック!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月21日

鳥取の大地震

鳥取県で最大震度6弱を観測する非常に強い地震があったテレビニュースは驚きでした。

報道に出た、屋根瓦の映像、倒れた墓石に石塀、東日本大震災に目の当たりにしたものばかりです。

あのときの思い出が一瞬に蘇りました。被害状況の詳細は明日以降でしょうね。

きょうの記事は、これまでにしておきます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧