カテゴリー「経済・政治・国際」の651件の記事

2017年2月24日

国有地、競売にならなかった理由

森友学園による豊中市野田町の約8770平方メートルの国有地買い取り問題では、私だけが聞いていないのかもしれませんが国会の質問でも、テレビ報道でも、説明されていないことがあります。

国有財産の売却の原則、3つ

<財務局HPより>

  1. 単独利用可能な未利用財産の売却
    >公用・公共用として具体的な利用計画が無い土地は、原則として「一般競争入札」。
  2. 権利が付着した財産の売却
    >賃借権等の権利が付着した土地は、当該権利者に直接売却することが可能。
  3. 単独利用できない財産の売却
    >使用され無くなった里道・水路等や畦畔・脱落地等で単独利用できない土地は、隣接土地所有者に直接売却が可能。

ここで、私の疑問は「なぜ、森友学園は競売をせずに買い取れたか?」です。

続きを読む "国有地、競売にならなかった理由"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2017年2月12日

戦闘 と 武力衝突 の違いは?

2日の衆院予算委員会で稲田朋美防衛相の長く的外れの答弁に、防衛相の先輩でもある浜田靖一予算委員長が「大臣長い。あんまり長いと止めますよ」再三注意警告、それでも変わらず、稲田大臣が「最後に・・・」と説明に入ろうとすると、浜田氏は「最後に、はいらない」と突き放し、「そこでやめましょう、大臣」と答弁を打ち切ってしました。

同じ自民党員である浜田議員に答弁を止めさせられたことであっけにとられた稲田大臣の顔、対する浜田委員長のイラついた表情の様子は、視ていて実に痛快でした。

おとなしいイメージの浜田氏でしたが「やはり‘ハマコー’の息子だ」と感心してしまいました。

それはともかく、この時に稲田大臣が繰り返した「‘武力衝突’は有ったが、(法立上の)‘戦闘’は無かった」という失笑を招いた答弁でしょう。

これは軍隊と自衛隊の違いよりもっと判り難い‘ごまかし’そのものです。

Tシャツ姿でリゾート地への旅行気分で視察に行く稲田大臣ですから、この程度のことしか言えないのとも言えますが、「ふざけるな」でしょう。

続きを読む "戦闘 と 武力衝突 の違いは?"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2017年2月 8日

アメリカの対日貿易赤字

アメリカ商務省が2月7日発表した『2016年のモノの貿易収支(通関ベース)』によって日本に対するアメリカの貿易赤字は689億3800万ドル(約7兆7千億円)だったことが発表されました。
この赤字額は前年とほぼ同じだったが、ドイツを抜き、中国に次ぐ世界2位に達したようです。

そのほぼ9割は日本車の輸入超過だったようです。

しかし、間税もかかっていないアメ車が日本で売れない一番の理由は「魅力あるアメリカ製自動車が無い」、つまり世界一不人気の自動車しか製造できないアメリカ企業の才能の無さと努力無さです。

ただ、そんなことは棚に上げてトランプ大統領は今までのアメリカのように「アメ車を買え。できないなら武器弾薬を買え。旅客機を買え。」と迫るのでしょう。

オスプレーやステレス戦闘機の輸入量が増えそうですね。

そもそも、赤字が7兆円を超えると言いますが、日本がアメリカ政府に貸している金は200兆円とも言われます。
各州の借金をなどを含めると、アメリカが日本から借り入れている金額は「1円」を越しているという話も聞きます。

それらに比べれば7兆円は、“借金の利息”の極一部に過ぎない気がするんですがね・・・

それにしても、金額が兆を越して「京」までいくと、もうわけがわからない。

GDP比では世界一の借金大国の日本、
http://ecodb.net/ranking/imf_ggxwdg_ngdp.html

金額でも(1000兆円を超)アメリカに次いで世界で2番目が日本だとか、借金国同士で何とか折り合いを付けられないものでしょうかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月 7日

トランプ政権の説明は・・・

アメリカの報道番組を視ていましたら、トランプ政権を支持する与党議員が、大統領の入国処置について説明をしていたので聞き入ってしまいました。

Q、入国禁止について?

A、大統領令は「入国禁止」ではなく、一時的な入国の「停止」である。

Q、この処置で、経済的にも国民に迷惑が掛かっているのをどう思うか?

A、それはよく言われるが、「9・11」の時の国民の迷惑に比べればそれほどことではない。

続きを読む "トランプ政権の説明は・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 4日

どこまで・・・米様にへつらうのか?日本政府

今月の10~11日に安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談が予定されているですが・・・、安倍総理はとんでもないお土産を持参するという報道が出ました。

日本政府が4500億ドル=日本円で約51兆円規模の経済協力を、アメリカ国内における最先端のインフラ投資いう形でアメリカに申し出るという、“手土産”を用意しているというのです。

その51兆円の財源はどうするのか?

なんと、年金積立金管理運用独立行政法人(=GPIF)の資金が活用されることになりそうだというのです。

つまり我々の年金をピンハネして持っていくということでしょう。

同法人の高橋則広理事長は「政府からの指示で運用内容を変更することはない」と否定したそうですが、この理事が安倍総理のイエスマンであることは今までのことでよく知られていることで、指示されたらあっさり差し出す気配濃厚のようです。

安倍政権は「年金の財源が不足だ」と言いながら、支給額を毎年下げているのに、それをアメリカに差し出すとは・・・いったいどういう事なのでしょうか?

これで「年金財源が不足だから消費税を直ぐに10%に上げる」ということになるのでしょうか

一部メディアでは「安倍総理の年金私物化」とも揶揄されていますが、報道が事実なら全くその通りです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月 2日

安倍政権による“人権侵害”

アメリカのトランプ大統領によるイスラム圏の国や人々への入国禁止と言う処置が「人権侵害だ」として世界中で騒がれていますが・・・

まるでその話題に隠されるように、日本政府=安倍政権による人権侵害が国際的に問題になってきていることを知っていたでしょうか?
私はそのことを「ススムさん」の「ススムが進」のブログで知りました。

1961年に発足し、1977年には[ノーベル平和賞]を受賞している『アムネスティ・インターナショナル』という世界最大の国際人権擁護団体が存在します。

1月26日(木)、このアムネスティが辺野古への米軍新基地建設に対する抗議行動で公務執行妨害などの罪で逮捕起訴された『沖縄平和運動センター』の『山城博治議長』が、その後家族との面接も許されず、100日(3ヶ月)を過ぎる異常な長期間の勾留は不当な人権侵害だとして釈放を求める緊急行動を国際的に呼び掛ける取り組みを始めたのです。

続きを読む "安倍政権による“人権侵害”"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月30日

支持率

今朝の福島民報新聞に共同通信社が28日~29日両日実施した全国電話世論調査が載っていました。

共同通信社による全国調査の「安倍内閣の支持率」は↓

  • 支 持 ⇒59.6
  • 不支持 ⇒27.2

それに対し

福島民報社による県民世論調査の「安倍内閣の支持率」は↓

  • 支持する ⇒39.3
  • 支持しない41.6

福島県内での調査では、安倍内閣の支持率は「「支持しない」が上回っています。
これは毎回のことですので、全国と県内のギャップに首をかしげてしまいます。

全国調査で「支持する」の率をグーンと引き上げている都道府県はどこなのでしょうか?

知りたいですね。

ちなみに、内堀福島県知事の支持率は「78%」まで上がって、またまた支持率を更新しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月27日

文教協会

国会の予算委員会の質疑で、民進党が文科省のまま下り先の一つとして出してきた「文教協会」という組織、いったいこの協会は何をやっているのだろうか?と検索したら、ちゃんとホームページが作られていました。↓

http://www.bunkyokyokai.or.jp/

正式には「公益財団法人文教協会」と言うものらしいです。

そしてその業務内容を視て呆れかえりました。

ホームページにはもっともらしいことが記載されていますが、簡単に言うと文科省で使う資料や刊行書を製作販売するところのようで、私に言わせれば‘どうでもいい仕事’を国家予算から収入を得てやっている組織ですね。

省庁役人の企業への天下りは禁止されていますが、「協会」なら別と言うことでしょうか。
ここで3年ぐらい居れば‘天下りの規制外の民間人’になり、本格的に文科省関連企業へ天下りできるという仕組みでしょう。

つまり「文教協会」は、天下り規制法を潜り抜けるための“トンネル組織”と言うことでしょうね。

どこまで、省庁の官僚は税金を私物化しようと言うのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日

‘生前退位’・・‘生前譲位’・・どっちが正しい?

あるサイトで↓

「現在メディアで使われている『生前退位』は、正しくは『生前譲位』(せいぜんじょうい)というもので・・・云々」

というのを目にしたのです。

昨年の皇后陛下誕生日になる2016年10月20日に、皇后陛下ご自身が宮内庁を通じて発表したお誕生日の談話に「生前退位」という報道についてのお言葉があったのを知っていたでしょうか?

皇后陛下の誕生日の談話より>

「新聞の一面に(陛下の)『生前退位』という大きな活字を見た時の(わたくしの)衝撃は大きなものでした。」

「それまでわたくしは、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。」

実は、昨年の天皇陛下がテレビで思いを伝える前に、その意向を関係者に示されたときに「退位」と言うお言葉無く、「譲位」という言葉しか使用されなかったことが判っているのです。

ですから、事前に知っていたはずの皇后陛下が報道を視たときの驚きと違和感を持ったことはわたしのような一般人でも理解できます。

続きを読む "‘生前退位’・・‘生前譲位’・・どっちが正しい?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月24日

ファーストペンギン・・・NHK朝ドラ

昨日の小池百合子都知事の発した言葉「ファーストペンギン」、報道番組ではその意味を紹介し、MCや出演者が「初めて知った」とか驚きや、「小池知事がまたお得意の横文字を使った」とか評していましたが、私は全く違いました。

「ファーストペンギン」とい言葉は、朝のNHKテレビ小説ファンならだれでも知っていて、朝のテレビ小説「あさが来た」(ヒロイン=波瑠さん)と、登場人物の「五代友厚」という名を思い出したはずです。

そして「あさが来た」でその「五代友厚」という明治の偉人役をやった「ディーン・ふじおか」という役者さんを思い出すことでしょう。

「ファーストペンギン」というのはこの朝ドラの中で、五代が主人公の「あさ」に送った言葉で、朝ドラではヒロインのあさがことあるごとに「ファーストペンギン」の言葉を信条として口にしました。

わたしには、非常に懐かしいような言葉でした。

ですから、わたしは小池百合子都知事がこのことばを使ったのを聞いて思ったのは「小池さんはNHKの朝ドラファンなのか?」でしたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧