カテゴリー「経済・政治・国際」の797件の記事

2019年12月10日 (火)

安倍総理一派の石破氏いじめと幼児性

昨夜の「報道1930」で流された11月28日(木)に開かれた衆院憲法審査会での映像は驚きました。

この委員会で20年以上も委員を務めてきた自民党の石破茂・元幹事長が初めからなんども発言を求めたにもかかわらず、座長も務める佐藤勉会長(自民)は完全に無視して別の委員を指名、ついには石破氏が激怒し立ち上がって資料でテーブルをたたきながら事務方に抗議する様子が映っていたのです。

同番組で石破氏は「自由に各委員が討議しいろいろな意見を聞く場なのに、それをしないのは民主主義の根幹を揺るがすものでしょ」とコメントしていました。

安倍総理というのは、嫌いな人または自分に反対意見を言う人には徹底して阻害するという人物であることは有名になっていますが、実際に間のたらいにするとすごいものです。

現在、総理に対し反対の意見を言うのは石破氏だけになり、自民党内では孤立しているようですが、最新の調査では次期総理に最もふさわしい人物に石破氏がなり、それは自民党を支える経済界の調査でも同じで、石破氏は国会議員票が無いので現実としては総理になる可能性は0ですが、安倍総理としてはその人気が悔しくてしょうがないのでしょう。

もともと、自分の政権に安倍政権と安倍を冠し幼児性が見られる性格ですが、現実に幼児性がむき出しになってきた感があります。
取り巻きも、いじめられるからごますりばかりの顔ぶれになってしまったようです。

嘆かわしい。

令和になってすぐに行われた「総理に絶対したくない人物は?」という民間調査で、トップ3になったのは

1位:稲田朋美
2位:枝野幸男茂木敏允

↑の3人でしたが、稲田氏がダントツ(倍票)で、2位以下はそれほど差は無く枝野氏を除けばほとんどが安倍総理のイエスマンがその顔触れになっていました。

直すべきは、やはり選挙制度でしょう。

 

 

| | コメント (2)

2019年11月25日 (月)

「法王」か?・・・「教皇」なのか?

新聞の記事では‘ローマ教皇(法王)来日’といちいち‘(法王)’をつけた説明記事が記載されていました。

なぜこうなったかは、知っている人は知っているでしょうが、今まで政府やマスメディアのほとんどが「ローマ法王」と言っていたのを、38年ぶりのバチカンからの来日に合わせ、日本のカトリック協議会(宗教法人カトリック中央協議会)が統一すること求めていた「教皇」の敬称に、来日寸前の今月11月20日に日本政府は決まりました。

それをうけ、今までの「法王」の言い方との疑義・混乱を回避するためマスメディアが行った処置です。

さて「法王」と「教皇」、どっちが正しいのか?(適切なのか?)と問われると
答えはどちらも正しいとも言えるし、ある意味でどちらも間違っているとも言えるし、これがなんとも複雑なんです。

 

続きを読む "「法王」か?・・・「教皇」なのか?"

| | コメント (6)

2019年10月28日 (月)

日本産リンゴが中国で人気

中国では日本の果物などを輸入禁止にしているんだそうですが、なぜか日本産の果物が販売されているんだそうです。

このほど、青森県の弘前大学の黄孝春教授らが、その実態を調査すべく中国の上海などを視察し、その結果確かに多くの果物が“日本の○○”して販売されている事実を確認したそうです。

リンゴ産地の青森でも有名な品種「王林」は人気で、一箱(36個入)が800元、1元=15円ですから日本円で「12,000円」という高額で販売されているにもかかわらず、売れているそうです。

ところが、その「王林」として販売されているのをよく見たら、日本国内ではほとんど見なくなった‘青りんご’でフランス産の中国向け早生種の「黄王」というリンゴだったそうです。

つまり、王林の偽物なのでした。

そのほかの、日本産として販売されている果物もすべて偽物だったそうで、詐欺販売と言っていいでしょうね。
いずれにしても、本物の評判を落とすことは間違いなく、将来的に中国へ輸出が始まったらたいへんなことになるでしょう。

トランプ大統領が怒る気持ち、理解したくなります。

しかし、偽物で18000円は絵にかいたようなボッタクリだ。

| | コメント (2)

2019年10月26日 (土)

北朝鮮制裁決議に違反する日本

昨夜の報道番組を視ていて、驚きました。

国連では北朝鮮に対する制裁が決議され、各国がそれに準じて行動を行っていますが、韓国やロシアによる「セドリ」などの国連違反行為が行われているらしいことが報道されています。

そしたら、違反行為にあたることを日本政府も行っているというのです。

 北朝鮮産の石炭を積むなどして、制裁決議違反の疑いで韓国政府では入港禁止措置を行っている船舶会社の貨物船を、日本では(事実を承知しながら)入港を認めているというのです。
その数、確認されているだけで5~6船以上あるんだそうです。

このことについて、菅官房長官は記者会見で聞かれこう答えています。↓

指摘されている船舶が韓国政府による入港禁止措置以降も、わが国の港に入港していることは把握している。
入港した際には日本国内の関係法令に基づき、関係省庁が連携して立ち入り検査などを実施しているが、これまでに北朝鮮産石炭の運搬や国内法に違反する事実は確認されていないと報告を受けている」

つまり、「国連で制裁決議はされたが、それに適応する国内法が日本には無いので制裁は制限がある(できない)」というのが、現在の日本の状況なのだそうです。
一生懸命監視している、海上保安庁や自衛隊は無駄骨を折っているようなのです。

野党からこれについての指摘を受け、当時の河野外務大臣は「法整備を検討いたします」と答弁していますが、その後安倍政権では全く発議も検討も始まっていません。

それが現状なのです。

理由としては‘安倍総理による日朝首脳会談の実現の前には法整備は障害になるかもしれない?’という判断が安倍政権にはあるのではないか?という話も番組内で語られました。

なんなんだ?日本政府、安倍政権。

| | コメント (4)

2019年9月29日 (日)

政治家になるのは大変だ

ある国家の、A政治家夫妻と、そしてB政治家の家族のお話です。

A政治家と妻

  • G20で来日し滞在中は夫婦そろって日本の刺身や寿司を味わった。かなり好物らしい。

B政治家の家族

  • 本人は日本語が堪能で、日本通らしい
  • 妻は日本の「裏千家」の茶道教室に熱心に通っている
  • 娘は日本語が堪能で一時期日本に関する旅行会社に勤務していた
  • 息子はアニメーターでエヴァンゲリオンの庵野秀明監督を尊敬している
    部屋にはいっぱいの日本のアニメが並ぶ

A政治家とは「ムン・ジェイン韓国大統領」、B政治家とは玉ねぎ法相こと「チョ・グク韓国法相」です。

どうみても「日本大好き」の方々なのです。

ところが、韓国では政治家になるにはまず「反日」を掲げなければ当選できないのだそうです。
日本の政治家も本音と建て前が常識的に存在しますが、韓国のはそれとはかなり性質が違いますね

この韓国のいびつな政治家体制というか、国民性を改善することができない限り、今現在の問題が解決しても永遠にぎくしゃくした関係は続くようです。

やはり‘ボールは韓国にある’ようです。

 

| | コメント (6)

2019年9月28日 (土)

セクシーを和訳すると

かなり落ち着いてきたので、小泉環境相の「セクシー」発言に関して、記事にしたくなりました。
あの話題の場面は下記の記者からの質問から始まる、かなり長い英語でのコメントです

<記者の質問>
「今回大臣として初めての出席ですが、このイベントでどのような議論をし、他の参加者からどういう反応がありましたか?」

<小泉環境相の返答>
「これが訪問中、最初の会議だが、とても刺激的な会議でした。

ある会社の人が最後に口にしたコメントが私は気に入りました。彼はこう言ったんです。

『この問題(環境問題)に取り組むことは楽しいことなんです』と。

そして彼女(隣席のフィゲレス前事務局長)はこう付け加えたんです。『セクシーなことでもあるわ』と。

私は全面的に賛成ですね。政治には多くの課題があり、それは時に退屈です。

でも、‘気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこよく(クール)、魅力あること(セクシー)であるべきです」’

実際はこんなに長く述べたものであることが分かりますが、日本のマスコミは、最後の言葉尻だけを抜き取ってニュースにするという、十八番の批判手法の稚拙な報道です。

もっと、内容の批判をしてほしかったです。

続きを読む "セクシーを和訳すると"

| | コメント (5)

2019年9月16日 (月)

日韓フリーハガーの若者たち

日韓関係悪化の中、若者の間でちょっとした運動のブームが起きているのを知っているでしょうか?

それは、日本人は韓国に行き、韓国人は日本に来て、街頭に立ち「私は日本人です。わたしは韓国人を信じます」や「私は韓国人です。私は日本人を信じます」というプラカードを掲げ名乗り、それぞれの不特定多数の人と友情の証としてハグするという運動のことです。

最初にやったのは、どちらかは不明ですが、反日デモ隊の傍に立ち日本人の青年がこれをやったのが動画サイトなどで取り上げられ広まった気がします。
反日デモの真っただ中でデモ隊参加者が嫌わないどころ、多くの韓国人がその日本人青年とハグする様子・勇気は両国民に感動を与えています。

特に両国の20代や10代の若者たちへの影響は大きく、フリーハガーが増加しているようです。

さて、国のトップはそれをどう思うのでしょうか?

| | コメント (6)

2019年9月10日 (火)

GSOMIA

韓国が日本との協定を破棄したことで一般人が知ることになったGSOMIAですが、国がこの協定を結んでいるのは一つではなく複数の国家と結んでいることを知っている人は、さらに少ないと思います。

何を隠そう、わたしがそうでした。

日本がGSOMIAを結んでいるのは、主にNATO諸国とアメリカです。

ところが、先日タイと結んだようにアジア諸国はもちろんのこと、韓国の場合はロシアともGSOMIAの協定を結んでいます。

どうみても、協定の趣旨の一貫性が無く‘やたらめったらGSOMIAを結んでいるように見えます。専門家によれば、これは韓国がGSOMIAに関してあまり知識が無いのではないか?というのです。

つまり、日本との協定破棄などはなから文大統領は重要なことだと考えていないようなのです。

不思議な国家です。

| | コメント (2)

2019年9月 8日 (日)

ライダイハン母子像 vs 慰安婦・徴用工像

昭和40年代、1965年10月~1973年にわたり、韓国軍はベトナム戦争に延べ32万人超(米軍に次ぐ数)の兵士が参戦し、その間、ベトナム中部のあちこちで虐殺事件を起こし、その被害者数は最大万人(虐殺事件の現場は100か所以)という調査結果もあるようです。

さらに韓国軍は、現地の婦女を強姦し、あるいは売春婦を妊娠させ、多くの韓国人男性とベトナム人女性との間に混血児が誕生させ、その数は最小1,500人から最大30,000人とも推定されるようです。

ベトナム戦争後に韓国軍はそれらの母や子供たちを置き去りにして帰国してしまったそうですが、その置き去りにされたかわいそうな混血児たちのことをベトナムでは「ライダイハン」と呼ぶんだそうです。

続きを読む "ライダイハン母子像 vs 慰安婦・徴用工像"

| | コメント (6)

2019年9月 7日 (土)

専門家パネル・・・とは?

私は忘れていましたが、3年前の2016年5月に全国の17都府県のコンビニのATMから偽造カードを使って一斉に現金が不正に引き出されという異様な事件が発生しました。

引き出された金額は、合計で約18億6000万円にものぼり、警察の必死の操作により今年の7月時点で約260人が逮捕されているそうです。

この事件に関して対北朝鮮制裁決議の履行状況を調べる国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルは5日、中間報告書の中でこの事件に北朝鮮が関与していることを公表されたようです。

専門家パネルは具体的に北朝鮮がどう関与したかは説明していないようですが、事件では南アフリカのスタンダード銀行の顧客情報を基にカードが偽造されたことが判明しており、この顧客情報収集あたりにも関与している可能性・・・高いですね。

 専門家パネルのメンバーはそれぞれが核兵器や通関、金融といった専門分野の知識や情報収集能力を持つ人と人が集まっているのですが、そのメンバーは8人だそうです。

もっと興味深いのは、その8人の国籍です。

5人は常任理事国からなので「アメリカ、フランス、イギリス、ロシア、中国」で、そして非常任理国からは「日本、韓国、シンガポール」の3か国なんだそうです。

というように、反日そして親北を掲げる韓国政府が、国連の場では全く逆の働きをしていることになります。

日韓両政府はこのねじれ現象をどう捉えているのでしょうかね。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧