カテゴリー「ごみ、リサイクル」の15件の記事

2010年8月11日

騒がなくなったですよね

スーパー等の出入り口にいつも有ったあの容器、今も置いてあるようですが誰も見向きもしなくなった気がしませんか。置かなくなったところも・・

容器とは、そうです「消毒液」の入ったポンプ式のあの容器です

死者までだして猛威を振るった新型インフルエンザの予防でしたよね。
WHO(世界保健機構)では、流行のピークは過ぎ季節性インフルエンザとほぼ流行の仕方は同じくなったようだとの見解を発表しましたね。

口蹄疫問題ですっかり脳裏から消えていた人、「そう言えば、何であれを置いたんだっけ?」なんて完全に忘れてしまっていた人がいるんじゃないでしょうかね。

どうですか?

喉もと過ぎれば熱さを忘れる、雨晴れて笠(傘)を忘れる」の、典型でしょうかね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月29日

早朝から清掃ボランティア

今朝は寒かったです。その寒い早朝6:00から地域美化運動で道路沿いの空き缶やゴミを拾い集める作業を行いました。
大量のごみに毎回驚かされますが、今回も残念ながら同じでした

続いて8:00過ぎからは鎮守の神社参道整備作業のボランティア活動でした。

眠いし寒いしだったですが無事終了しました。今年初めの草刈り機使用で、うまくエンジンがかかってくれるかが非常に心配で気がかりでしたがうまく動いてくれてホッとしました。

次の土日もまたボランティア作業です。また早く起きなくてはならないのがちょっと辛い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 2日

リサイクルが危機!

リサイクルの資源原料として最も高値で取引されるのが「アルミ缶」そして「ペットボトル」です。
そのアルミ缶リサイクル危機が来始めているようです

埼玉県さいたま市の現在の状況がそれを物語っています。
NHKニュースによると、現在さいたま市では回収された空き缶の引き取りリサイクル再生業者がまったく無く、アルミ缶は裁かれないまま倉庫に山積状態になっていました。

これはアメリカの金融危機を受けアルミへの投資が激減しアルミ価格が半値以下に暴落しため業者としては「採算が合わない」との理由のようです。
このことは、さいたま市だけに起きている現実とは限らないことだと思います。

以前このブログで書いたことが有りますが「リユース」と言う取り組みを本格的に考えるときがきているのかもしれませんね。
わが地域の3市村で組織している「安達広域行政組合」もそ経済危機による影響が出ているんだと思います。リユースを考えているのでしょうかね?

<つぶやき古道の過去のブログ>
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2008/01/post_0776.html

わが地域もアルミ缶がまたあふれ出すんでしょうか

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月12日

オイルの空き缶で工作

昔、オイル交換を自分でやっていたころの古いエンジンオイルの空き缶を処分しようとしていたところに母の声がかかった。

「ちっちぇ、カミあっとじぇな(小さい、てみが有ると助かるな)」Img_1247

そのリクエストにお答えして古いオイル缶を加工してできたのが→のフォトのものです
なんだかお分かりでしょうか?
正しくは「箕()」と言いまして、機械式のを「唐箕(とうみ)」と言うのに対し「手箕(てみ)」ともいうものです。

この手箕を我が地方では「カミ」というのです

手箕は稲籾などの選別に使うため藤や竹編みのものですがトタン製のものもあり、塵取り代わりにもなりますし農家ではその用途が広いのです。

我が家には元々1斗缶を利用して作ってもらったのがあり、それを参考に初めて自分で作ってみました。

初めてとしては、上出来でしょう 自画自賛ですがね(coldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月23日

まだ、こんなやつがいるのか(-_-;)

先日隣の本宮市にあるショッピングモールに出かけていったときのことです。Img_0116

中核の店前の入り口付近に車を止めて脇を見たらこんな様子になっていました

明らかに車の灰皿に溜まったのを捨てていったものでした
まだ、こんなことを平然とやる輩がいるんだとあきれてしまいました。

これは完全な違法、犯罪行為であることを知らないのでしょうか?

 

続きを読む "まだ、こんなやつがいるのか(-_-;)"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月14日

回収されたリサイクル用ペットボトルは・・

昨年NHKでおもしろい追跡調査の取材番組がありました。
それは分別回収されたペットボトル100本がどうなっていくのかと言うものでした

「すべてリサイクル用ゴミとして回収されるのだからそうなるのではないか?それとも違うのか?」という確認番組だったのです。

その結果は次のようになりました。

  1. 28本~ゴミとして焼却 
  2. 40本~中華人民共和国へ売却 
  3. 27本~別のプラスチック製品 
  4.  本~新しいペットボトル

上記のように1番2番を足した68本は私たちが考えるリサイクルにはなっていなかったのです。
海外に売却するのはコストが掛からず利益が出るので他の分別回収品も行われていることだそうです

この結果になにか、違和感を感じませんか?

続きを読む "回収されたリサイクル用ペットボトルは・・"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月29日

「こんなもの捨てるな」、番外編

前回の記事で小便の入ったペットボトルの話を記載したが、他はどうなのかリサーチしてみたらとんでもないことが判った。

若者の間で自分の尿をペットボトルに入れている者が結構いるようなのだ。
理由がすごい

  • 自分の部屋からトイレに行くのが面倒(ゲームなどして離れたくない)
  • 飲んで空になったっペットボトルがもったいない
  • その他あきれた理由多数

その溜まった小便満タンペットは

  • トイレにあとでまとめて流す、
  • 車が踏み潰して尿が罹るのがおもしろいから道路などに捨てる、
  • 店員などの臭がる顔を見るのがおもしろいのでコンビにのゴミ箱に捨てる、

だそうで全くあきれた考えである。

詳しくは「ペットボトル、尿」で検索すると関連の投稿がたくさん出てきて驚くはずである。

続きを読む "「こんなもの捨てるな」、番外編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日

叫んだ/「こんなものを捨てるな!」

今朝環境美化運動の一環で、AM6:00から地区道路沿いのごみや空き缶などを拾い集めた。Img_3181
昨日までの豪雨明けの秋晴れで寒くも無く動きやすい朝だった

今回もいろんなものが捨てられていた。オーディオのスピーカー、空き缶、煙草の空き箱、レジ袋に詰められたコンビに弁当の容器、・・・よくも投げ捨てていくものである。

ある程度過ぎたころ私は水が満タンに入った500CCのペットボトルを拾った。

「昨日までの雨水が入ったのか?」と思いながら蓋を取り中の水を捨てた。
同じ容器、同じ色の水のが数本立て続けに捨てられていたのを拾う。

そして最後の1本のペットボトルの蓋を取ったときに気がついた。

くっせえ~~~~(>_<)」そのツ~ンと刺すような臭い匂いで中身がすぐに判った

続きを読む "叫んだ/「こんなものを捨てるな!」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月23日

「エコ買い」してますか?

Photo_32エコロジー」と言う人はかなり少なくなり、今はほとんどの人が「エコ」で通用してしまうようになった。
しかし、それを実行するとなるとなかなか・・・

  • マイバックを持っていってレジ袋を使用しない
  • 電気をこまめに消す
  • ゴミの分別をしてリサイクルできるものを増やす

このくらいは、すぐに気が付くことだと思う。
先日エコロジストがこんな話をしていた。

「トイレットペーパーを1センチ短くして全国民が使うと万キロメートル資源節約になりますよ」

「夏の間の便座の保温は必要ないものですよね、スイッチを切っててもいいですよね」

そう言われてみたら、なるほどである。

そして話は、スーパーなどでの買い方の話に進んでいったのである。

続きを読む "「エコ買い」してますか?"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年7月 1日

不法投棄には神頼みか?!

本日は福島県下一斉の河川クリーンアップ作戦の日で、わが村も早朝6時から河川敷の草刈やゴミ拾いである。

ゴミといえば、よく道路の空きスペースに投げ捨てられたゴミを見かけるものである。
一人が捨てると、続けて誰かがまた捨てる悪循環が生まれる。汚いものである。

その対策として「不法投棄禁止」の立て看板の変わりにこんなのを置いてあったらどうだろう

Img_2452 赤い鳥居である。

これはお隣の本宮市で始めたことであるが、その効果ばつぐんのようだ。

フォトの場所も以前は何かしら捨てられてあったのだが今はきれいなものである

「神様のばちが当たる」日本人の潜在意識にはこの言葉が入っていることがよく判る実例である。
全国でこれは流行りだしているのだが、わが村もやりだすかもしれない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)