カテゴリー「つぶやき、コラム」の1311件の記事

2017年9月22日

マッチ

彼岸といえば墓参、墓参と言えば花と線香となります。

いつも彼岸に来てくれる親戚の方が、今年もやってきました。とても元気な老人なのですが、仏壇に線香をあげるときに、面白いことを言ったのです。

なんと、マッチで火を着けることができないというのです。と、いうことでライターで火をつけて線香をあげていきました。

御年80歳にはなるご老人なのですが、マッチをほとんど使ったことが無いらしくうまくいかないらしいのです。

世の中、そういうかたが増えているんでしょうね。それで済む世の中になったことは良い事なのでしょうね。

ちなみ、90歳近い私の母はライターが使えず‘マッチ’を使います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月21日

114が開通したが

東京電力福島第一原発事故によって中通りと沿岸部を結ぶ主要幹線道のうち、最後まで一般車両の利用が規制されていた114号国道が昨日(20日)、自由に走行できるようになりました。

震災から約6年半ぶりになります。

これによって復興の加速が進むことが期待されていますが、未だ留守の住宅は多く、制限が解除されたことで空き巣などの犯罪が増加することが予想され、警察関係者はこれからが大変だと思います。

6年半、未だ一度も浜通りに行っていない私ですが、どうなっているのか?同じ県民として見てみたいような、そうでもないような・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月20日

陸自ヘリの地響き

何か、訓練だったのでしょうか?自衛隊のヘリコプターが、単独や編隊でわが家の上空を一日中飛び交っていました。
北~南を何度も、なんども同じヘリ複数機が往復(?)していた気がします。

Chj_2

普通の陸自ヘリも飛んでいましたが、ほとんどが↑のCH-47型大型輸送ヘリでした。
約60名ほどの隊員を運べる大型輸送ヘリ、つまりは大型バスが飛んでいるのと同じ、それが600mほどの低空を飛ぶのですから、爆音が凄い。

特にきょうは1機だけさらに低い高度を飛んだのですが、その時わが家は震度3の揺れでした。

基地の近くの方たちは訓練のたびにこの地響きを被っているんでしょうね。大変だ。

自衛隊はこの輸送ヘリを約100機以上(陸自90機以上、空自20機近く)保有しているそうですが、全機合わせると5000人以上の自衛隊員を運べることになります。

なんの訓練だったのかは不明ですが、なんともキナ臭い行動ですね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年9月14日

9秒台の‘販売速度’

先日、陸上男子100メートルで98のという、日本人で初めて9秒台を記録した東洋大の桐生祥秀選手のニュースは、わたしにとってサッカーで日本が初めてワールドカップ出場を決めたとき以来の衝撃でした。

もっと驚いたのは、彼が履いていたものと同じモデルのスパイク(アシックス製)が、11日正午に‘9足限定’で販売され、9万9,800円と高額にもかかわらず12日未明までのおよそ半日で完売した凄さです。

ちなみに、単価は‘9秒98’にちなんでつけられた数値だそうですが、そんなちょっとふざけたような高額値段でも売れたことに、桐生選手の出した記録の凄さを感じさせられます。

もし、桐生選手がアジア記録の‘9秒91’を破ることがあったら、もっとすごいことになりそうですね。

これで、アジアで9秒台を出したのは桐生選手で4人目になりました。

  1. 9秒91(アジア記録) ⇒フェミスワン・オグノデ選手(カタール
  2. 9秒98(日本初の9秒台)⇒桐生祥秀選手(日本)
  3. 9秒99(アジア初9秒台) ⇒サミュエル・フランシス(カタール
  4. 9秒99(東洋人初9秒台)⇒蘇炳添(スー・ビンチャン)選手(中国

ただし、1番と3番のカタールの選手は、アフリカのナイジェリア出身でカタールの国籍を取得した選手ですから、東洋人としては桐生選手が最も早い記録を出したことになります。

現時点で9秒台を出した選手は世界で26人だそうですが、これからアジアからどんどん出てきそうな気配です。

日本の陸上界の課題は、やはりマラソン選手の育成かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月 8日

ジャンヌダルク

民進党のジャンヌダルクと称された山尾議員が、党を離党しました。

ジャンヌダルクと言えば、自国のために戦ったのに、最後には自分の国によって犯罪者として処刑された悲運の女性ですね。

なんだか、山尾議員はほんとうにジャンヌダルクによく似た結末になった気がします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年9月 6日

再稼働

柏崎刈羽原子力発電所がある新潟県の米山隆一知事が9月4日に事故を起した福島第1原子力発電所を視察しました。

同知事が福島原発を視察するのは初めてだそうで、視察後の報道陣の取材には

2度と事故を起こさないためにこの現場を検証して、起こった以上のことを想定して備えるべきだと思った」
これから検証を進める上で(事故現場の)実感を持って検証をできるのは意味がある。
様々な知見を合わせて(検証を)科学的に進めていきたい。」

などのコメントを出したようですが、この視察で早急に柏崎刈羽原子力発電所を再稼働したい東電の知事への待遇はかなりのものだったようです。

私の驚いたのは、新米山隆一潟県知事が福島第一原発の視察が初めてだったことです。

もっと以前に来ているのかと思いました。いろいろ都合があったんでしょうね。

この視察で柏崎刈羽原子力発電所の再稼働は遅くなるのか?早まるのでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年9月 5日

くしゃみ・・・連発

始まってしまったようです。わたしの‘秋のアレルギー性鼻炎’です。

ちょうど稲穂が垂れはじめるこの時期に、同じイネ科の雑草の花粉が出始め、それに反応するわけです。

昨日から少しくしゃみが出るな、とは思っていましたが、きょうの草刈りのときは酷かったです。

草刈りとは、そのアレルギーの元凶である草を機械で飛散させながらやるわけですから当たり前の話ですが、草刈り作業より連発クシャミのほうが疲れてしまいました(sad

早々にいつもの飲み薬を飲み、収まりました。

今年は少し早い症状の出かなとも思いましたが、本日は‘旧のお盆(旧暦7月15日)ですから、“順調”な発症のようです(coldsweats01

たぶん例年より酷いのは、長雨で草の成長が異常に盛んなせいかもしれません。今年の長雨がこんなところに現れるとは思いませんでした。

もしかすると日曜日の親睦会での飲みすぎも要因の一つか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年9月 3日

“J -アラーム”・・・?!

先日の北朝鮮によるミサイル発射で発動された‘J-アラート(ALERT)’、その後の検証の結果福島県内でも受信作動しなかった地域が複数あったことが判明しました。

主な理由は、このJ-アラートというのはデジタル信号なのですが、反応しなかった町の防災無線はまだ旧式の‘アナログ受信機’のままだったため、デジタル信号を受信できなかった為のようです。

実は、我が村の防災無線(広報無線)もアナログ方式だったのですが、今年急ピッチでデジタル機器への変換が行われ、先月の中旬までに全村の切り替えが終了していて、寸前で間に合ったのでした。

なんとも、グッとタイミングでした。

いずれにしても、J-アラートが効力を発したものは無く、私たちは早起きしてもどうしようも無かったのも事実です。

これに関して、漫画家の「小林よしのり氏」が、「国民を起しただけで、J-アラートじゃなく“Jアラーム”だ・・・」とブログにアップしていたのを読んで、笑ってしまいました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年8月31日

ヒガンバナ・・・えっ!彼岸花?

小雨降る今朝は寒かったです。6時ごろは20℃までいっていなかったと思います。
私は長袖シャツツでは間に合わず、薄いウインドブレーカーを着こんでしまいました(coldsweats01

日中も、それほど上がらず25℃になるか・ならないか・だったです。

↓はキツネノカミソリではありません。彼岸花です。

831img_3133

続きを読む "ヒガンバナ・・・えっ!彼岸花?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年8月29日

‘空襲’警報

まだ6時にならない朝、既に目覚めては私ですが、突然の携帯の‘エリアメール’音に「また地震か?」と身構えました。・・・が

少し間をおいて流れたのは、「地震です。地震です。」という女性の声では無く、「北朝鮮がミサイルを発射しました」という初めて聞く男性の声と内容でした。

その音声案内と重なるように、村の防災無線からも同じ声と内容の緊急放送が流れ、そしてフャラフャラというような独特の電子サイレンが流れ出しました。

そこでやっと「J-ALERT(アラート)」であることが判り、直ぐにテレビのスイッチを入れました。

Jアラーとは2度、その2度目に耳が遠い母が起きてきて「何だ?」と聞いてきたので

空襲警報だ。北がミサイル打ったど」

と、母に言いました。

母は判ったのか?判らなかったのか?「う~ん・」と言って、また寝てしまいました(coldsweats01

ただ、あのJアラートで避難案内をしていた「丈夫な建物」も、「地下鉄」と言うものも近くには無いわが家(村)では、どうしようもなく、私は発射されたであろう北朝鮮がある西の方の空を見ました。

みんな、途方に暮れていたんじゃないですかね?

続きを読む "‘空襲’警報"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧