カテゴリー「つぶやき、コラム」の1000件の記事

2020年4月 6日 (月)

台風19号被害、あれから半年

昨年10月に福島県などを襲った台風19号による河川氾濫被害、気が付けばあれからもう半年も過ぎていました。

今日の地元紙のトップ記事は、その台風被害による泥土や家財の運び出しなどが、いわき市などで未だに終わっていないという記事でした。

その原因が新型コロナウイルスによって、ボランティアが来なくなってしまったことだったのです。

いわき市などの被災地では、誰も居ないボランティア受付センターで「梅雨が来る前に終わりたいが、どうしようもない」と職員が頭を抱えている内容の談話が掲載されていました。

経済だけじゃなく、こんなところにまで影響が出てしまっていたことに気づかされるとともに、未だに災害作業が終わっていないことに驚いてしまったきょうの朝刊記事でした。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

三羽烏(さんばがらす)

NHK朝のテレビ小説「エール」は福島県(福島市)出身の小関祐而さんをモデルにしたドラマですが、ここで懐かしい言葉を聞きました。

「福島三羽烏(ふくしまさんばがらす)」という言葉です。

「三羽烏」とは、著名だったり優れた人物3人を指す言葉ですが、歌謡界では後に「御三家」という言い方に替わりました。

このドラマでいう「三羽烏」とは、福島県出身でコロンビアレコード会社の看板だった三人の人物です。

  • 小関祐而=福島県 福島市出身の作曲家
     ドラマでは「小山裕一」
  • 野村俊夫=福島県 福島市出身の作詞家
     ドラマでは「村野鉄男」
  • 伊藤久男=福島県 本宮市出身の歌手
     ドラマでは「佐藤久志」

    ※ドラマで3人は同級生になっていますが、出身も年齢も実際は少しづつ違います

コロンビアでは古関、野村が歌を作り、伊藤が歌ってヒット曲を連発しましたので、いつしか福島県内では「福島三羽烏」と言うようになりました。
ただ、現在でそれを知る人はほとんどいなくなったのも事実で、今回のドラマは「福島三羽烏」を思い出す意味でも注目されています

 

続きを読む "三羽烏(さんばがらす)"

| | コメント (2)

2020年4月 4日 (土)

化繊のミノムシ

昨日クレマチスの支柱の様子を見ていたら、すでに葉が伸び始めた茎のところに白いポリエチレン紐の切れ端が目に入りました。

Phimg_3668

よく見たらミノムシなのです。

ミノムシは枯れ葉や小枝を集めて蓑状にすることからその名がありますが、まさかポリエチレンの紐を使うとは思いませんでした。

防水性抜群の蓑です。

紐はクレマチスの市中に使われているのを使用したものと思われますが、よく見ると、あの丈夫なポリエチレン紐の長さは蓑用に奇麗にカットされているのが判ります。

ハサミなどないですから、カットは口でやったことになります。

ミノムシ、すごいです。

 

| | コメント (9)

2020年4月 2日 (木)

棚からマスク

ことわざに、「瓢箪から駒が出る」とか、「棚から牡丹餅」というのがあります。

瓢箪から駒というのは、本来は「灰吹きから蛇が出る」などと類語とされるように、突発的な悪い出来事にも使うようです。

でも昨今では、棚から牡丹餅のように思いがけないうれしいことに使われることが多くなった気がします。

さて、2~3日前のことです。
妻が茶の間を(珍しく)掃除していたら、思いがけないものを発見したのです。

なんと、まだ袋の封も切らずに箱に入った未使用【マスク】(50枚入り)だったのです。

これは、わたしが以前に花粉症用に安くて良いのを見つけ、家族用にと余分に買っておいた一つでしたが忘れていました。

普段なら、「なんだこれ!」と笑って終わるところですが、マスク不足の今では最高にありがたいもの、見つけた妻の興奮は想像がつくこと思います。

これこそ、棚から牡丹餅ならぬ「棚からマスク」でございます。

掃除も、たまに行うものです。

 

 

| | コメント (6)

2020年3月31日 (火)

一人の男の死

志村けん(70)という一人の男の死に対し、その原因に対し、国内はもとより海外までがそのショックと悲しみや惜しみのメッセージを発している。

政界までがお悔やみの言葉を言い、『その死で新型コロナウイルスの恐さを伝えた』と賛辞の言葉さえ贈られた。
わたしもお悔やみを申し上げたい。

私の父も、ほとんど同じ年齢で他界している。

父の死は、国の‘難病指定’にもなっている「肺繊維症」というものに肺が侵されたことによるものである。
気が付いた時には、すでに末期に近かった。

これもまた肺の病気であるが感染症ではない、にもかかわらず近所の人によっては、我が家の前を通るときは(感染しないように)‘口をふさぎ息を殺して足早に通り過ぎる’という悲しい行動をした人が居た。

ところがどうだろう、感染症で亡くなった志村けん氏の自宅前には献花する人が集っている。

やはり、著名人は違うものである。テレビでは、これまでの出演番組や在りし日の様子の特集が、各テレビ局は競争するように放送している。

ただ、同じ一人の人間の死、同じ新型コロナウイルスで亡くなった他の多くの人々との報道の扱い方、マスコミはこれほど差をつけてよいものだろうか?

わたしにはよく判らないが、私の父親の死は「難病」に対する啓発にも研究開発にも何もならなかったが、家族の悲しみは志村けん氏とは比べようもないことだったことは確かである。

 

| | コメント (9)

2020年3月30日 (月)

積雪の二日目

昨日の雪降りには驚きました。そして今朝の我が家の周囲の様子です。

Img_3664 Img_3663

上のは納屋の屋根から落ちた雪だまりです。

下は畑、雪の下には数日前に植え付けたジャガイモの種イモが埋まっています。

いずれも、今冬初めての本格的な雪景色になりました。

ただ、きょうの暖かな日差しで午後には、雪は消えてしまいました。

あっという間の、今冬の冬景色でした。明日朝も氷点下になるようですが、あさってからは本来の温かさになるようで家族の体調が不安です。

| | コメント (6)

2020年3月29日 (日)

タイヤを替えたばかりだった

妻の車のタイヤを夏用に替えたのは、26日の金曜日でした。

Img_3662

きょうは早朝から雪が積もりだし、未だに雪が降り続いています。午前中は降るようです

私の車のタイヤはまだかろうじて(かなり減ってる)冬タイヤだったので、この程度の積雪では問題なく走れました。

暖冬で積雪も凍結も無かった今冬、すでに夏タイヤに替えた方は少なくはないはずですから、きょうが日曜じゃなかったら道路は大変だった気がします。

昼までに15cmほど積もり、いったん仕舞っていたスノースコップをだして‘今冬初の雪かき’をしました。

重い雪で植木が折れそうなので、雪を落としもしました。納屋の北側は、落ちてきた雪が50~60cmの山になっています。

ただ、この積雪も明日の朝には無くなっていることでしょうから、これで事故などに遭ったかたが居られたら悔しいことでしょう。

 

| | コメント (8)

2020年3月28日 (土)

これも中止、あれも中止

わが村で毎年行われている年度末最終日曜日の早朝6時に行われる「村内美化運動」、平たく言うと村内の生活道路のゴミ拾いですが、今年は新型コロナ感染処置として中止となりました。

初めてのことです。

ただ、これは野外の活動だし(密閉空間じゃない)、村民だけの各地区ごとに分れた集まりだし(不特定多数じゃない)、短時間に終わる作業なので(濃厚接触にならない)、中止にしなくていい気もしましたが、行政として致し方ないのでしょう。

致し方ないと思いますが、なんとも釈然としない気持ちになっています。

ということで、明日の朝は早起きする必要も天候を気にすることも無くなりましたので、通常通りの朝になりました。

| | コメント (7)

2020年3月27日 (金)

東京へ行くな

本日27日、福島県から県民に向けて‘東京へ行くことを自粛’する要請が発せられました。

いよいよ、首都圏は危険地帯となった感があります。

ただ、東京へ行く用事など全くない我が家としては、本当に気になる報道は別です。

それは今日の朝刊の記事で、高血圧の降圧薬を服用している人は、新型コロナウイルスに感染すると重篤になり易いという中国からの発表です。

我が家では高齢の母がその降圧薬を服用していますので、とても気になる記事でした。

明日はどんな発表が出るのでしょうか。

なんだか、この騒ぎに飽きがきている私です。

これは、いろんな意味で危ない兆候なのでしょうか?

| | コメント (5)

2020年3月26日 (木)

1000人のキャンセル

オリンピックが延長となり、開会式より先行して福島市の東球場で行われるはずだったソフトボールや野球の試合も今年は無くなってしまいました。

これにより、福島市の飯坂温泉のあるホテルではソフトボールの試合のスタッフら総勢1000人の宿泊地になっていたのですが、全てキャンセルになってしまいました。

東日本大震災によって、宿泊客が無くなり2~3年前からやっと元に戻りだし、オリンピックは大きな収入源になるはずでしたが、コロナウイルス感染問題で、一転して経営危機になってしまう懸念が出てきたことが、きょうの地元の朝刊に記載されていました。

オリンピックでは、南米ペルーのホストタウンになっているわが村、予定していた宿泊施設などの対応など、年度末の忙しい時期に対応に大わらわの事態になりました。

幸いにもまだわが村には感染者は出ていませんが、隣接する郡山市では出ているだけに油断がなりません。

とは言っても、個人的にはどうしようもなく、結局いつもの暮らしを続けるしかなく、わたしはきょうはトラクターで畑を耕して腰が痛いです(;^ω^)

それにしても、安倍総理の「聖火は福島においてあげなさい」の言葉、カチンときましたね。

なんとも福島県民を‘見下した’言い方なのでしょうかね。

| | コメント (8)

より以前の記事一覧