カテゴリー「お茶の間ノート」の394件の記事

2019年7月24日

大豆が・・・

昨年は大豆がほぼ全滅しましたが(青肌豆と黒豆はなんとか助かった)、原因は夏の猛暑でした。

ことしは順調に芽が出て伸びてきたのですが、一昨日あたりから葉が黄色がかって伸びが止まり始めた大豆が目立ちだしました。割合としては全体の40%ぐらいに達しています。

異常な梅雨の長さで土が乾く日が無く、たぶん畑の土が酸欠状態になっている気がします。その証に、本来は勢いがないはずの梅の木陰部分の大豆は黄色くなっていないのです。

我が家は、自家製の味噌をいまだに作っている珍しい家で、それは1年おきに作るのですが、今年はその年に当たるのです。大豆が、昨年に続き不作なら味噌無し状態になるわけでして、困った天候です。

はやく畑が乾燥して、土寄せができるようになることを、ただ祈るだけですが、外はきょうも雨降りです。

 

 「なじょしたもんだがない。あやまったない」(どうしたらいいでしょうかね。困ったです)

| | コメント (2)

2019年6月 9日

退治した数は・・・

今年もまた、この時期に嫌な部屋(特に寝室)への侵入者が現れました

Img_3560

「オオムカデ(体長8~9cm)」であります。(↑は一昨日に退治した)

続きを読む "退治した数は・・・"

| | コメント (4)

2019年4月25日

山菜の王様

私の中では、タラの芽が山菜の王様です。ということで、今夜は私が採ったタラの芽↓を食べました

Img_3528

そして近所の先輩から頂いた コシアブラも食べました

Img_3529

山菜の天ぷら、美味すぎて、食べ過ぎました

| | コメント (7)

2019年4月14日

命日当日

14日、祖父の命日当日はおはぎを食べ墓参に行ってきました。

昼近くに、偶然に妹とその娘親子が入学祝(小学1年生)のお返しを持ってやってきましたので、みんなで仏壇前に揃って線香を手向けて拝んでくれました。

亡き祖父からみれば、孫、ひ孫、玄孫たちですが、亡くなった後に生まれたひ孫や玄孫はもちろんですが、当時は幼くて記憶が無い妹(孫)にとっても思い出が無いのが祖父です。

あの世で、祖父はなんと思うのか?たぶん・・・

おらごど にしゃら 知んにぇのが、しょねわな
(俺のことを お前たちは 知らないのか、しょうがないな)」

と、言って笑っている顔が目に浮かぶようでした。

| | コメント (2)

2019年2月16日

2019バレンタイン

2019年のバレンタインデーは過ぎましたが、わたしはいつもの1人に(総人数も同じ)頂きました。

Img_3482
そして

続きを読む "2019バレンタイン"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年11月23日

毎年、今頃になると

11月ごろになると、決まって私と妻が会話するフレーズ

妻「ウ~寒い。やっぱり暖かいのはいいなぁ」

私「8・9月ごろは『暑くて死んじまう』て言っていなかったか?」

妻「・・・言ったかな

そしてもう一つ

妻「まだ11月なのに、もうどこの店もクリスマス一色だ」

私「我が家は先祖代々『天台宗』」

妻「あぁ~そっ!」

改めて思い起こしても、かなり以前から同じことを、同じ時期に言っている気がします。

実にたわいない話ですが、これも“継続は力なり”にあたるのでしょうか(

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月12日

台風は来なかったが

台風は来なかったのですが、きょうの昼近く甥と姪の一家がお盆の墓参のためやってきて、その子ら6人(11歳~3歳)が家の中を引っ掻き回していきました。

表紙が取れた図鑑やら、明るいのに点いたままの懐中電灯等々・・・が無惨に放り出されていました。
以前にも記しましたが、わが家にはエアコンが有りません。その暑い中であれだけ走り回れるパワー、そして食べる飲む、子供は凄い。

それ対し我が母は、来てくれたのは嬉しいのですがひ孫たちの勢いに圧倒されて食欲まで落ちていました

まるで屋内台風でした(

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月22日

風音が近い

早朝、強風になったので、当然風音が大きくなりました。昨年、一昨年と暴風で被害を被ったわが家、少しでも風が強まるとトラウマが顔を出し、目がさえてしまいます。

ただ、今朝はその風音が普通より近く感じたのです。

まさか!と思い寝ている頭近くの窓の障子戸を開けてみたら・・・予感は的中しました。昨日夕方から暑かったので、サッシ戸を開けていたのですが、それを閉めないまま障子戸だけを閉めて寝てしまったのでした。

つまり、窓は開いたままでしたので外の植木の葉音が直接入ってきたのでした。不用心で間抜けな話です。

救いは、雨が降らなかったことでしょう。暑くなるこれから、こういうことが増えそうです(

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 2日

やかましい野鳥

ある程度の年齢になると、目覚めるのが早くなるのはなぜでしょうね?(

例外に洩れず、私もその一人で今頃だと明るくなる4時過ぎには目覚めてしまします。若いころから不眠症気味だったので、それかなと思いましたが、現行の目覚めは若い時とは明らかに違う気がします。

そんな今なのに、数日まえから決まった時間、だいたい早朝の4時過ぎごろになりますが、わが家の傍でホトトギスとウグイスがまるで競うかのように同時に激しく鳴きだすのです。これは辛いです。

それも毎朝なので、かなり睡眠に影響が出ています。

言葉が解かるなら、違う種でそれほど競う理由を「どうした?」と聞きたいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年4月 1日

ちょっとした長さの違いが良

畑仕事の必需品は機械化が進んでもやはり鍬です。ですから、使い慣れた鍬は手に馴染んでいるものなんです。

今、常時使っている鍬は亡き父が買ってきたものですが、わがやでは母が主に使うので柄の長さは背の低い母様に合わせて調整しているのを、私も兼用で使っています。

ところが、どうしても柄が短いと前かがみが強く腰に負担が来るのです。

最近少し体の調子を崩し気味の母より、私の方が鍬を使うようになったので思い切って新しい柄の長い鍬を購入しました。

今までの柄の長さは90cm以下でしたが、私用の新しい鍬の柄の長さは110cmで調整しました。

とても具合が良いです。これで少しは腰の負担が軽減しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧