カテゴリー「お茶の間ノート」の388件の記事

2018年8月12日

台風は来なかったが

台風は来なかったのですが、きょうの昼近く甥と姪の一家がお盆の墓参のためやってきて、その子ら6人(11歳~3歳)が家の中を引っ掻き回していきました。

表紙が取れた図鑑やら、明るいのに点いたままの懐中電灯等々・・・が無惨に放り出されていました。
以前にも記しましたが、わが家にはエアコンが有りません。その暑い中であれだけ走り回れるパワー、そして食べる飲む、子供は凄い。

それ対し我が母は、来てくれたのは嬉しいのですがひ孫たちの勢いに圧倒されて食欲まで落ちていました

まるで屋内台風でした(coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月22日

風音が近い

早朝、強風になったので、当然風音が大きくなりました。昨年、一昨年と暴風で被害を被ったわが家、少しでも風が強まるとトラウマが顔を出し、目がさえてしまいます。

ただ、今朝はその風音が普通より近く感じたのです。

まさか!と思い寝ている頭近くの窓の障子戸を開けてみたら・・・予感は的中しました。昨日夕方から暑かったので、サッシ戸を開けていたのですが、それを閉めないまま障子戸だけを閉めて寝てしまったのでした。

つまり、窓は開いたままでしたので外の植木の葉音が直接入ってきたのでした。不用心で間抜けな話です。

救いは、雨が降らなかったことでしょう。暑くなるこれから、こういうことが増えそうです(coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 2日

やかましい野鳥

ある程度の年齢になると、目覚めるのが早くなるのはなぜでしょうね?(coldsweats01

例外に洩れず、私もその一人で今頃だと明るくなる4時過ぎには目覚めてしまします。若いころから不眠症気味だったので、それかなと思いましたが、現行の目覚めは若い時とは明らかに違う気がします。

そんな今なのに、数日まえから決まった時間、だいたい早朝の4時過ぎごろになりますが、わが家の傍でホトトギスとウグイスがまるで競うかのように同時に激しく鳴きだすのです。これは辛いです。

それも毎朝なので、かなり睡眠に影響が出ています。

言葉が解かるなら、違う種でそれほど競う理由を「どうした?」と聞きたいですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年4月 1日

ちょっとした長さの違いが良

畑仕事の必需品は機械化が進んでもやはり鍬です。ですから、使い慣れた鍬は手に馴染んでいるものなんです。

今、常時使っている鍬は亡き父が買ってきたものですが、わがやでは母が主に使うので柄の長さは背の低い母様に合わせて調整しているのを、私も兼用で使っています。

ところが、どうしても柄が短いと前かがみが強く腰に負担が来るのです。

最近少し体の調子を崩し気味の母より、私の方が鍬を使うようになったので思い切って新しい柄の長い鍬を購入しました。

今までの柄の長さは90cm以下でしたが、私用の新しい鍬の柄の長さは110cmで調整しました。

とても具合が良いです。これで少しは腰の負担が軽減しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月23日

なんか・・・臭っ!

2~3日前のこと、外で除雪している途中でちょっと家の中に戻り、玄関に立ったときに煮漬けのいい香りを感じたのですが、廊下を歩き台所に近づくと、こんどはその香りにはなんとも言えない臭いが混じっているのに気付きました。

「もしかすると」と思い、台所に入ったらすぐに解りました。ゴボウの煮ものが、汁が無くなり焦げていたのです。

正確には焦げ始めていたのです。汁が無くなり、空焚き状態になった為ガスレンジのセンサーが働き、火は自動的に消化されていました。

昨年に古いガスレンジが壊れ、新しくしていた効果がここで発揮です。火災にならず助かりました。

その原因の張本人はテレビに夢中で忘れていたようです。そして言った言葉が「焦がす気がした」でした。

その日の夕飯には、少し焦げの臭いと味がするゴボウがちゃんと出されていました。

少しぐらいの焦げでも食べられないことは無い、食べ物を無駄にしない心がけは我が家の伝統かもしれません(coldsweats01

それにしても、現在の加熱機器の火災予防装置とはありがたいものです。

「火の用心、しゃっしゃりませ~」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月22日

お年玉年賀は・・・

いまごろになって、お年玉付き年賀の当選番号を確認しました。

結果⇒3等が2通

お年玉切手シートが2枚当たっていました。50枚ほどで2通は確率が良い方でしょう?

切手シートは「62円+82円切手」、今年は最後の52円年賀でしたから‘52円葉書で62円切手がもらえた’ということで、ちょっとだけ得な気分です。

一般庶民はこんなことが嬉しいのです。

それにしても、JPさんには早急に「12円切手」を販売してほしいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月25日

父の革靴

父が亡くなってから今年で20年になります。農家の息子であり、背広やコートなどは1年に1度ぐらいしか無いので、痛みや汚れも無いためそのまま、ましてや毎日長靴だった父の冠婚葬祭に履いた黒い革靴は一張羅でした。

もったいないと思いましたが、体格が私より一回り小さい父のものは私には着れないので使用することはありませんでしたし、靴ならなおさらです。

ところが・・・先月のことです。

何気なく手入れをしようとその靴を取りだしたところ、そのサイズを見て「あら!」と思ったのです。

なんと、わたしの靴のサイズと同じだったのです。ズ~っと「小さいサイズ」と思い込んでいたわたしには、ちょっとした驚きでした。

直ぐに、履く機会(葬儀)ができ履いていったら、これがまたサイズがピッタリで履きやすかったのです。

続きを読む "父の革靴"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月18日

いもがら

見上げたもんだよ、芋の茎・・・?!

Img_3148

続きを読む "いもがら"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年7月16日

やっと雨

夜中になって、やっと雨が降りだしました。

ほんの30分ほどでしたが、息継ぎ程度にはなったかもしれません。

九州や、日本海側で水害に遭われている方たちには申し訳ないですが、この程度の雨では明日には乾いてしまうでしょう。

キュウリの葉、水不足でヘロヘロです。生姜も冥加も、出てきません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月25日

不謹慎だが・・笑い

彼岸、いつものように墓参り、いつものように春の彼岸花をもって、あちこちと回り歩きました

Img_3012妻の実家のお墓にも当然行きました。

妻には若くして亡くなった兄が居るのですが、その兄の名前を改めて見た妻がニヤリ笑いながら一言

“キム・ジョンナム

そうなんです。その亡くなった兄の名は「正男」なんです。

私もそれを聞いて「あら!」と思いましたが直ぐに「それはまずいだろう。仏様に失礼だ」とたしなめたのですが、2人でまた笑ってしまいました。

亡き兄に何か言われそうな気がして、そそくさと墓地を後にしましたが、頭からそれが離れない、不謹慎な妹夫婦でありました。

ちなみに、
 韓国の慣習では名前の先頭が濁音の名の場合、名前単独の時は清音になります。
つまり「金正男(キム ジョンナム)」は、名字の「金(キム)」を使わず名前の「正男」だけで呼ぶ場合は「チョンナム」と言うらしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧