カテゴリー「食材」の85件の記事

2017年4月 9日

アメリカへの和牛肉輸出

アメリカ産などの輸入牛肉はどこのスーパーでも見かける当たり前の風景になりました。なんといってもその安さが魅力で、輸入量は増加の一途じゃないでしょうか。

それでも私にとって牛肉は高いので買いませんがね。

それはともかく、低下価格の輸入牛肉に、価格などの面で押される国内産牛肉も実は輸出されています。

一番の輸出先は、なんとアメリカなんです。驚いたことに、その和牛肉の輸出量も数年ほど前から増加の一途なんだそうです。

続きを読む "アメリカへの和牛肉輸出"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月16日

春の皿には‘苦み’を盛れ

昔から「春の皿には苦みを盛れ」という言い方が存在することを知っているでしょうかね。

これは先人たちの知恵の一つで、春には苦みのある野菜などを食べると体に良いということを言い表したものです。

Photoその苦味のある春の食べ物の代表は「フキノトウ」でしょう。

フキノトウの苦み成分の主を成しているのは、フキノール酸、ケンフェロール、植物アルカロイド、というポリフェノールの一種なんだそうです。

特にこの中のフキノール酸といのが注目を浴びているんだそうです。

フキノール酸には体内でのヒスタミン過剰分泌を抑えアレルギー症状を緩和する」という効果に期待が持たれ、咳などの症状緩和や花粉症予防への研究もすすめられているんだとか・・・。

フキノトウは日本では古くから民間薬にも用いられ、この苦みと香り成分には冬の間にたまった余分な脂肪や老廃物を外に出し、胃腸の働きをを整えることが知られている山菜でもあります。

つまり、ポリフェノール等知らなくても先人たちはもうとっくにフキノトウの良さを知っていたことになります。

明治に入って、西洋主義を重視、戦後はアメリカを目標にしてきた日本ですが、そのために先人たちの優れた知恵を再認識させられていることは皮肉です。

蕗(フキ)はミョウガやワサビなどとともに、20種類ほどしか確認されていない、数少ない純日本原産野菜の一つだそうですから、春の食卓に盛って食べたいですね。

我が家では、天ぷらやフキノトウ味噌にして(かなりの量を)食べました。

大人の味ですよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年9月10日

お魚の‘産地’とは何ぞや?

スーパーなどに並ぶ野菜に、産地が表記されることは常識となりました。それどころか最近では生産者名まで表示されているのも有ります。

産地名の表示、野菜なら納得できるのですが、海洋で獲れた魚にも「○○産」と国名や市町村名などが表記がされていることには、何ともへんな気がするんですよ。

広い海、どこで誰が獲ろうとも、「○○海」と表記するだけで良い気がしまして、ちょっと調べてみました。

すると、「日本の船が獲ったのは国産」で、同じ海域でも「外国の船が獲った場合はその国の産」とするというのがまず基本だそうです。

続きを読む "お魚の‘産地’とは何ぞや?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月23日

蕗の薹

昔からの言葉に「薹が立つとうがたつ)」という言葉が有りますね。
意味は少し盛りを過ぎたこと、特に少し年齢が上がり結婚適齢期を過ぎたような女性に対していう侮蔑な言葉として使用されます。

Photo

薹は「フキノトウ」のことですが、フキノトウは花が咲き終り茎が伸びてしまう(蕗の薹が延びて立つ)と食べられないことから発生した、女性にはまことに失礼な言葉です。

実は、フキノトウは花が咲き終わり大きく伸びた状態の茎も、ちゃんと処理すれば塩漬けなどのしておいしく食べられます。

女性だけじゃなくフキノトウ自体にも失礼な言葉です。このことば、そのことを知らない人によって作られたのでしょう。

春の新芽を食べると若返るということが信じられてい頃があったそうですが、フキノトウを食べる習慣もそこから発生していることは間違いありません。

以外にそれは迷信でもなく、フキノトウのあの独特の苦味は胃腸を整え、食用を増進させ、新陳代謝をうながし、煎じて飲むと咳・去痰の生薬にもなるらしいです。

新陳代謝がよくなれば体が若返るわけでして、昔の人は直感でそれを悟っていたのかもしれませんが、なんでも食べられる現代ではその感覚は退化してしまったのかもしれません。

朝ドラ「ごちそうさん」で天才で変わり者の教授が絶叫した「人間は進化しているのか?退化しているのか?解らん」というセリフが妙に的を得ていて頭に残りました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年12月18日

3年目のお目見え

一昨年と昨年と菌を埋め込んで、もう出ないのかと思っていたら今年の今頃になってモコモコと茶色い頭が出てきてくれました
私が始めてやってみた「しいたけ」でございますhappy01)。

Img_0490

Img_0491

もうすでに大きいのは2~3個食べましたが、腰の強いまさしく春にできる「どんこ」の味でした。
それに続くかのように1~2㎝くらいの小さなのが、雪が降り始めた初冬の今頃になって沢山出始めたのです

植え込んだ原木に別のキノコが出たりしたので捨てようかとも思い始めていたのですが、あきらめきれず場所を変えて置いておいたらあっちもこっちも出ているのを発見して、嬉しくなってしまいました。

「しいたけは二夏越してから」と、言われますが、三つ夏を越したのも出てきたのは後で新たに打ち込んだのが出たのかもしれません

今出ているのが順調に育てば30個くらいは有るので、非常に楽しみになってきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日

ヘチマという‘食材’の語源に追加説を

ヘチマ、漢字で書くと「糸瓜」となりますよね。私の地域ではヘチマといえば大きくなった実を繊維状態にして「束子(たわし)」として使うものだと思っています。

でも、九州や沖縄では「食材」なんですね。沖縄ではヘチマ(糸瓜)、ヒョウタン(瓢箪)などはゴーヤー(苦瓜)などとほぼ同じような料理方法でおいしく食べられているんだそうです。
下記NHK料理紹介サイトに宮崎県のレシピがありますので、興味のある方はアクセスしてみてください。
http://www.nhk.or.jp/miyazaki/reshipi/yasai/hetima/index.html

北、東日本でも食材としてヘチマ、ヒョウタンを食べているところが有るんでしょうかね?私は聞いたことが無かったので「食べる」と知ってけっこう新鮮な驚きがありました。

食の話はこれくらいで、
昔は「いとうり(糸瓜)」と言われたものが同じ漢字なのになぜ「糸瓜=ヘチマ」と言い表すようになったのか?その語源についての考察を書いていきましょう。

こんな説が有ります。

続きを読む "ヘチマという‘食材’の語源に追加説を"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年10月13日

銀杏の皮・果肉を簡単に取り除く“裏技?”

先日収穫した銀杏約10kgとちょっとなのですが、銀杏は果肉は食べず種の中身を食べるものですからこの臭い臭い皮と果肉を取り除かねばなりません

2009107 昨年までは水圧で皮をむく機械(高圧洗浄機改)を持っている知り合いに頼んでいたのですが、量が少ないので自分で何とか簡単にできないものかとネットで調べました。

そしたら洗濯機の利用とか、業務用里芋洗浄機の利用とか、お金がかかるものばかりで「もっと簡単なもの」と探したら下記のサイトに有りました
http://www10.plala.or.jp/kokekokko/02_11.htm#11g112

これだと1000円くらいで済むので、失敗して元々と道具を揃えました

続きを読む "銀杏の皮・果肉を簡単に取り除く“裏技?”"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年4月19日

生卵、どこに置いていますか?

「買ってきた卵、どこに置いていますか?」と聞かれたら答えは簡単ですよね、たぶんすべてのご家庭で「冷蔵庫の中です」と答えるはずです。
それが、鮮度を保つのには常識、当たり前だとおもいます。

でも、考えてみてください。気が付きませんか?

スーパーなどではコンテナや棚に陳列し“常温陳列販売”が当たり前になっていますよね。
これって変だと思いませんか?

私も初めて知ったのですが、この常温販売をしているのは日本だけなんだそうです。
欧米やアジアでも卵は「冷蔵陳列販売」が常識なんだそうです

続きを読む "生卵、どこに置いていますか?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月 3日

辛子明太子→会津と釜山→下関と博多

時は大正という年号が終わり昭和に入ったころ、福島県会津の旧会津藩士の息子で「樋口伊都羽(ひぐちいづは)氏」という男性がその当時日本領土だった韓国の釜山に渡ります。

目的はそのころ海外に行く日本人が同じく志す「一攫千金」のためでした。
韓国で目にしたものはあまりにも大量に獲れるためゴミのような扱いをされていた魚でした。

その魚を韓国人は「ミョンテ(明太)」といいました。

ミョンテとは>
日本でいう「スケソウダラ(助惣鱈、介宗鱈)」または「スケトウダラ(佐渡鱈、介党鱈)」のことで、九州などでは「メンタイ(明太)」と言われている魚のことです。

韓国の家庭ではこの魚を秋になるとキムチ漬けにして保存食にする習慣がもともとあったのですが、卵巣のほうはあまり食べず捨てられていたそうです。

続きを読む "辛子明太子→会津と釜山→下関と博多"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月13日

“自家製味噌”を造りました

2年ぶり、我が家で食べる自家製味噌を造りました。

味噌を造ることを私の地域では「味噌を‘つく(搗く’」と、言います。これは味噌を作る工程に由来します。

味噌造りはまず大豆を煮込み柔らかくなった大豆を冷ましてから塩と麹(こうじ)そして大豆の煮汁と味醂などを臼に入れて杵で餅のように搗き練り上げます
そうするとあの独特の味噌の状態になり、さらにそれを樽に入れて2~3ヶ月以上寝かせる(発酵熟成)と食べられるようになります。

そこで「味噌を搗く」という言い方ができました。

我が家はその工程に、大豆の種をまき収穫するというのも入りますので・・かなり手間がかかり「買ったほうが安上がり」かもしれません。

腰痛を抱えながらも、体は動いてくれたのでちゃんと出来上がり良かったです。
あとは2年後です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧