葉っぱの裏が紫色であることと、源氏物語の著者が「紫式部」なのをあてて「源氏」の名があると言われる

弱弱しく小さくかわいらしい花だが生命力は強くあちこちにいつの間にか増えてしまった