花が終わると「小判」の形をした実をつけることからわが地域では「小判草」と呼んでいるが、「コバンソウ」だと別の種類になってしまう、この名もそのコバンソウに対して付いた名前らしい
花だけ見ると大根の花とそっくりである