ラン科エビネ属の多年草、昨今の野草ブームの中で同じラン科では「シュンラン」と並ぶ人気種であるため、乱獲が進んでいる