スイカズラ科ガマズミ属、の低木で別名として「テマリバナ(手毬花)」とある場合と「オオデマリ」との両方が見受けられ、名はどちらでも良いのかもしれない。
全般的に植物図鑑や園芸サイトでは「オオデマリ」が一般的で、プリタニカ国際百科事典では「テマリバナ」となっていた。