イースターのころの春過ぎに咲くのが特徴からその名が有るサボテン科イースターカクタス(リプサリドプシス)属のサボテンである。
カニバサボテンと同じ仲間だが、花の形はまったく別である。
一番の違いはその咲いた花が夕方に閉じ、朝になるとまた開くという特性である