アオイ科ゼニアオイ属、江戸時代の帰化植物である。そのころ中国や朝鮮半島で使用されていた貨幣の「五銖銭(ごしゅせん)」に花の大きさが同じだったことからその名前が付いたらしい。
マロウの変種らしく、花だけみるとマロウとそっくりである