iwasironokuni.cocolog-nifty.com > 山や野の草花

スズメノカタビラ(雀の帷子)・貧乏草

スズメノカタビラ(雀の帷子)・貧乏草

2012/04/13

正式名称はイネ科イチゴツナギ属の「スズメノカタビラ(雀の帷子)」というものだが、わが地域では「ビンボウグサ(貧乏草)」の名で呼ばれている。

これは氷点下の極寒でも青々とし、乾燥にも強く、栄養の無い土地やコンクリートの隙間でも芽をだすほど繁殖力も強く丈夫な草であることから、貧しい農家でろくに肥料もやることができない痩せ荒れた田畑にも生える草と言うことで“貧乏でも生える草”または“貧乏な家に生える草”が転じて「貧乏草」という呼ばれ方になったようである。

地域によっては「ハルジオン(春紫苑)」や「ヒメジョオン(姫女苑)や「ナズナ(薺)」も同名の「貧乏草」と呼ぶようである。そう呼ぶ理由は同じらしい

一株が10センチメートル以下の小さな雑草である。
紫がかった花はとても小さいが、イネ科の仲間の稗などと同じ形状である。

| トップページ |