2022年5月20日 (金)

役所の誤送金と役所の穏便に主義

山口県阿武町で発生した、給付金4630万円の誤送金が返還されない問題について 毎日のように報道されています。

昨日のテレ朝の報道番組で、阿武町以外の自治体でも同じ交付金の誤送金が有ったことが紹介されました。

その自治体が福島県内の市町村の一つだったので、記憶に残ってしまいました。

その町の場合、阿武町の金額の遥かに超える1億円以上です。

ミスの内容は、一度給付した後に、間違ってもう一度送金するという二重送金というミスです。

誤送金された給付金は、全て返還されていますので、新聞でもそのことは大きく取り上げなかった可能性が有り私の記憶になかったのでしょう。

今回、阿武町で起こった誤送金んも

  • 住民というのは、すぐに返すに決まっている
  • 返還されれば、マスコミも騒がない
  • マスコミが騒がなければ穏便に済ませられる(隠ぺい可能)

こんなこんな役所の根拠のない性善説と、役所の穏便済まそう心理(隠ぺい体質)とがあいまって、起こるべくして起こったことだと感じてしまうのは、私だけでしょうか?

| | | コメント (0)

2022年5月19日 (木)

改正少年法で検察は実名公表したが・・

今年2月のこと、福島県塙町(はなわまち)の民家で、無職女性=当時(75)が、その孫で矢祭町(やまつりまち)に住む建築板金業の19歳の男に頭などを鉄パイプで10数回殴られて殺害され、殺した祖母から奪ったキャッシュカードで300万円を引き出すという残虐な事件が発生しました。

福島県に在る「地検郡山支部」は、5月18日にこの事件を「強盗殺人と住居侵入、窃盗の罪」で孫を起訴し、同時にこの19歳の孫が今年4月1日施行(2021年5月21日成立)の改正少年法が定める「特定少年」にあたると規定し、10代ではありますが一般犯罪者と同じく氏名を公表しました。

「特定少年」とは、社会的に見て重罪である認められた18歳と19歳にのことで、少年保護法が適用されず一般犯罪者と同じく扱われるもので氏名公表もその一環。

ただ、その氏名公表の線引きは実は曖昧で、検察官の判断に任せられています。

実際に、同じく5月初めに県内の「地検いわき支部」は6人の男女を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の罪で同市の専門学校生の男(19)を起訴しましたが、氏名の公表はしませんでした。

この記事を掲載した地元紙は、初めは検察の実名報道をそのまま掲載しのですが、そのときに県内からのそれに対して

  • まだ若く、更生の道を阻むから実名は良くない
  • 身内同士の事件だから、名は出さないほうが良いのではないか

などの、新聞による実名公表に反対意見が多く寄せられたようです。

そのため、今日の朝刊では実名を伏せ、県内でのアンケート結果などを記事にしました。

  • 実名公表に賛成が約70%
  • 実名公表に反対・わからないが約30%

新聞社としての意見は判りますが、法律が改正施行されそれに則って検察が発表したのなら、報道機関としてはそのまま掲載すればよいのではないでしょうかね(?)

鉄パイプで、滅多打ちにして殺して金銭を奪ったのですから、実名公開は致し方ないでしょう。

| | | コメント (2)

2022年5月18日 (水)

ついに「スイス」までが動く

「永世中立国=スイス」は、誰もが知っている世界の常識の一つでしょう。

それゆえに、歴史上のどの戦争にも参戦せず、第二次世界大戦のときなどはドイツであろうとも連合軍だろうとも、国家領空に侵入した飛行機を攻撃した逸話まで残っているのがスイスという国家です。

スイスと言ったら、もう一つの顔が世界が信頼する銀行国家というものでしょう。

そのスイス政府が、ウクライナに侵攻したロシアのプーチン大統領とラブロフ外相らへの資産凍結することを発表しました。

これは政治家や資産家はもちろんですが、たぶん世界中の人々が驚いたと思います。

スイスの声明

ロシアの前例のない侵攻がこれまでのスイスの制裁に対する立場を変える決め手になった。
 国際法の尊重はスイスが支持する価値だ」

とし、ウクライナへの連帯までも強調しました。

今回のウクライナ侵略の前にロシア政府やプーチン大統領らは欧米などからの経済制裁の対策として、事前にスイスに資産を移動させていたそうです。

ですから、今回のスイスの発表は、ロシアにとって核ミサイルを撃たれたかのような衝撃が走ったはずです。

スイスのこの行動で、起死回生の結果が生まれるのでしょうか?

| | | コメント (2)

2022年5月17日 (火)

詐欺メールの内容のパターン化?

今回は、楽天を名乗る詐欺メールの紹介ですが↓

楽天e-NAVI お客様

残念ながら、あなたのアカウント楽天e-NAVI を更新できませんでした。

これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため楽天e-NAVI 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。

楽天e-NAVI ログイン
なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。
パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。

お知らせ:
パスワードは誰にも教えないでください。
個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

念の入ったことに「お知らせ」として、最後に詐欺メールへの注意まで記してある巧妙なものです。

内容を読むと、社名は違いますが昨今のメールと文書パターンがほとんど同じで、決まったマニュアルが在るのか?それとも詐欺グループの大元が共通しているのか?と思ってしまいます。

詐欺グループの組織というのは、そういう意味でも恐ろしいです

| | | コメント (7)

2022年5月16日 (月)

昭和40年代の「5月15日」の出来事

昨日の5月15日の日曜日は、沖縄が返還されて50年目の日で沖縄県と東京で式典が行われたニュースが流れました。

NHKの朝のテレビ小説「ちむどんどん」も、それに合わせたようにヒロインがその日に東京へ向かって旅立ちました。

そこで、沖縄返還が行われた昭和40年代の、同じ5月15日の出来事をリサーチしてみました

  • 1964年(昭39)5月15日(池田隼人内閣)
    太平洋を横断する「海底電話線」が完成した。
    (※同年10月10日開会で、アジア初の東京オリンピックが開催された。(佐藤栄作内閣))
     
  • 1966年(昭41)5月15日(佐藤栄作内閣)
    日本テレビで『笑点』の放送が始まった。
    初代司会者は「立川談志」。
     
  • 1972年(昭47)5月15日(佐藤栄作内閣)
    沖縄が27年ぶりに日本に返還され沖縄県が誕生した。
     
  • 1973年(昭48)5月15日(田中角栄内閣。大平正芳外相)
    共産圏だった「東ドイツ」と日本が国交を樹立した。
     
  • 1974年(昭49)5月15日(田中角栄内閣)
    日本初のコンビニが開店。
    「セブンイレブン」の1号店が東京都江東区に開店した。

私としては、「沖縄返還」以外の出来事ほとんど印象にないです。

それより、当時の政権者である田中角栄氏や佐藤栄作氏という人物の記憶のほうが強いです。

それだけ、この二人は強烈な政治家だったということでしょうね。

| | | コメント (0)

«中国、ロシア、神頼み