2022年7月 4日 (月)

「野党の話しは聞かないこと」それが政府の本音

参議院選挙の真っただ中の7月3日の日曜日、山際大志郎経済再生担当相が青森県八戸市の演説で発言が問題になってしまいました。

その発言内容とは↓

野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない。」

「本当に生活を良くしたいと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」

特に問題となったのは「野党の人から来る話は聞かない」という発言です。

これに対し、野党などから「国民の(代表の)声を無視するのか?」などの反発があがったのは当然でしょう。

松野博一官房長官は、4日の定例記者会見で参院選の街頭演説で国民の誤解を招かないよう山際大臣に注意したことを発表し、木原誠二官房副長官からも、

政府は国民の声を丁寧に聞き、国民の生活をしっかり守っていくことを基本としている。
与野党問わず耳を傾け、野党を無視するようなことはない」

という発表がなされました。

際大臣本人からは「今後、慎重にも慎重を期して発言する」とかたったことが発表されましたが、
これは言い換えれば「自民党の本音は、選挙には不利だから話さないことにしよう」ということでしょう。

「正直者は・・・」の例えが当てはまるかは微妙ですが、野党だってどういう本音をもっているかは分らないのが事実です。

心掛けたいのは、「何を言っても選挙が終わると言ったことを忘れてしまう」というのだけは与野党も国民も同じだと思います。

これが大事です。

| | | コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

河川美化「クリーンアップ作戦」

きょうは、毎年県の主導で行われる「クリーンアップ作戦」という河川美化運動で、河川沿いのゴミを拾ったり、草刈りを行いました。

わが村の場合は、早朝の6:00が開始ですので早起きし、草刈り機を携えて参加してきました

救急搬送してから、重労働は避けていましたので今回はかなり負担のかかる作業となりましたがなんとかなりました。

途中で痛みが出ないように、痛み止めは飲んでいきましたが誰にも迷惑をかけることも無く、1時間に及ぶ草刈り機での作業ができたのはホッとしました。

ただ、帰宅してからの疲れの出方は想像以上でした(笑)

もしかして・・治ったのでしょうか?

| | | コメント (5)

2022年7月 2日 (土)

一か所のトラブルが多数のトラブルに

2日きょうの午前1時35分ごろから、KDDIでは携帯電話の通話やデータ通信が利用しにくくなる通信障害が全国で起き、復旧の見通しは立っていないとの発表がなされました。

私が驚いたのは、このたった一社の通信トラブルによって、その影響受けて通信などができなっている企業の多さです。

  1. KDDIが提供の「au」、「UQモバイル」、「povo(ポヴォ)」の3ブランド個人契約数は約3100万件がストップ。
  2. 全体で6000万件以上の個人契約に支障が出た
  3. 楽天モバイル」や格安スマートフォン会社の通信に影響
  4. ヤマト運輸のホームページ上で荷物の最新の配送情報更新ストップ
    ドライバーやコールセンターの連絡に支障。
  5. 日本航空では、成田空港や羽田空港などでスタッフ用の無線機が使用不能
  6. 気象庁の、アメダスのデータの一部配信できなくなった。
  7. 岐阜県の地方銀行、大垣共立銀行の店舗外ATMの一部が利用できくなった

一社のトラブルがこんなに多くの企業間で大きなトラブルになる世の中なんですね。

ウクライナ問題もそうですが、国家間でも企業や国同士が複雑にネットワークがからんで生活が成り立っています。

争っている場合じゃないのですが、そのネットワークを利用して脅迫や侵略など考える人が居ることも確かです。

そのトラブルに、巻き込まれないほうが少ないのかもしれません。

| | | コメント (4)

2022年7月 1日 (金)

介助犬

体が不自由な方を、人に変わって介助する「介助犬」というのが存在しますが、盲導犬のように周知されていないしその数はさらに少ないのが現状です。

東北で実働している介助犬は、6県全部合わせてもたったの4頭のみだそうで、わが福島県に至っては「頭(無)」なんだそうです。

その介助犬の周知と普及を目指し、東北6県を巡る「介助犬東北キャラバン」というのが、現在「日本介助犬協会」によって行われています。

昨日の6月30日には、福島県庁で県庁職員向けに介助犬についての説明や、PR介助犬の「ファンタ」(雄、5歳)と「ピト」(同、3歳)が登場し、靴を脱がせる、飲み物を運ぶなどのデモンストレーションを行ったそうです。

きょうは、郡山市での講演会(13:30から)が開催されたようです。

福島県は、盲導犬を育成する施設もほとんど無く遅れた県で、わたしは県内で盲導犬を見たことがありません。

国政選挙ではかならず「福祉の・・・」と言いますが、介助犬や盲導犬など、その具体策を掲げる候補者は皆無です。

これらの犬たちの管轄は厚労省のようですが、予算がつけにくいことには触れないのが選挙の(与党候補者の)‘タブー’のようですね。

| | | コメント (3)

2022年6月30日 (木)

福島県の火力発電所のトラブル

機械トラブルの発生により6月30日午前3時ごろから運転を停止していた、福島県いわき市佐糠町に在る「常磐共同火力(株)」の勿来発電所9号機(最大出力60万キロワット)が、同日の正午過ぎに発電を再開しました。

この再稼働で、東京の電力不足の危機は回避されたそうです。

つまり、この年代物の福島の火力発電所も、その供給される電力は東京電力が買い取っていたということです。

「福島内のほとんどの発電所が東京用(関東)なんだなぁ。」 と、再認識した次第です。

| | | コメント (3)

«梅雨が明けたらしい