2023年1月28日 (土)

「こけし」の由来は?

「こけし」というものは、日本国中にあるようですね。

福島県内では、福島市の土湯温泉街で作られる「土湯(つちゆ)こけし」が有名ですが、よく考えれば「こけし」というのは不可思議な名前に思えてしまったのです。

こけしの歴史は古く、最古のこけしが誕生したとされるのは称徳天皇(しょうとくてんのう=孝謙天皇 (700年代=奈良時代) )が国の安泰を祈願し、「陀羅尼経(だらにきょう)」を入れて奉納された木製の塔100万基を各地の寺院に納めたのが、形こそ似ていないが日本最古のこけしだといわれているようです。

それが江戸時代後期になって、東北地方の温泉地のお土産として作られたのが発祥といわれています。

それが赤い染料を使っていたため、魔除けや縁起物として好まれ子どものよき遊び相手であり幸せを守る玩具として全国に広まったんだそうです。

それだから土湯の温泉街で作られているんですね。

さて本題の名称の由来です。

こけしが誕生した当初は共通の名称は無く、木で作ったから「きでこ」、芥子人形からきた「こげす」、魔除けの人形這子(ほうこ)からきた「きぼこ」などいろいろな名称があったようです。

それが時代とともに、木を削ってできたから「木削子(こげし)」とか、江戸時代の男児や女児たちの髪型から「芥子坊主」(けしぼうす)に似ていたから「小芥子(こけし)」と表記されたりするようになったようです。

そして時代はさらに過ぎ昭和15年(1940)になって、あまりにも名称が多過ぎて不便だということで「こけし工人(職人)」や愛好家などの関係者が集う会の名称をもとに「こけし」とひらがな3文字に統一することが決められ現在に至るそうです。

つまり、昭和になって意図的に全国統一した名称だったんですね。

そう考えると、「伝統民芸品」という感じが、ちょっとだけ薄れてきてしまう気がします。

| | | コメント (2)

2023年1月27日 (金)

田中絹代の映画が欧米などで大反響

「田中絹代」といえば1977年(昭和52)68歳で他界していますので、その全盛のころは私の親の時代になりますが、私でもその名を知っている昭和を代表する美人の大女優の一人です。

田中絹代さんは女優業だけではなく、多くの映画も監督制作していたことを知っている人は多くない気がします。

私は、まったく知りませんでした。

その田中絹代さんが監督制作した映画が、他界して40年以上もたった今になって世界の名だたる映画祭で上映され、感動を呼び話題になっているというのです。

映画はもちろん白黒のもので、特に評価されているのが「乳房よ永遠なれ」(制作上映:1955年(昭和30)日活映画)だそうで、国内でも上映が始まっているようです。

ヒロイン役は「月丘夢路さん」で、その一世一代の名演も注目されているようです。

この映画は、歌集『乳房喪失』で知られる歌人・中城ふみ子氏(1954年に逝去)の伝記を映画かしたもので、職を持つヒロインが愛憎や裏切りそして乳がんによる乳房を無くし若くして死んでいくという、一人の女性の一生の勁さを表現しているもののようです。

その内容や描写は、女性監督にしか表現できなかった衝撃の映画のようでこの映画を視た女性は国籍や年代を問わずリアルさ生々しさに衝撃を受けているようです。

半世紀以上前と現代と比べても女性の立場というものは変わっていないことが共感を呼んでいるのかもしれません。

つまり、この映画は古くて新しい映画なのかもしれません。

田中絹代さん監督の映画を、いったいどこの国の誰が掘り出したのでしょう。

| | | コメント (2)

2023年1月26日 (木)

氷花

寒波に見舞われた1月25日、福島県内では気象観測開始以来初の30の観測地点で最高気温が氷点下を観測しました。

その結果、常磐自動車道は吹雪で通行止め、そして東京などと同じくあちこちで水道管の凍結によるトラブルに見舞われました。

そんな冷え込んだ県内の矢祭町の久慈川(福島県~茨城県)では、川の流氷ともいわれる「氷花(シガ)」が流れる珍しい自然現象が今年初めて見られたようです。

氷花は、シャーベット状の薄い氷が川面に浮かぶ自然現象で、地形や気象条件などが重なって起こるそうですが、久慈川流域(福島・茨城)は全国でも数少ないこの現象の観察スポットとなっているものです。

動揺「どじょっこふなっこ」は、池に住むドジョウやフナから見た春夏秋冬の様子を歌った秋田に伝わる民謡を岡本敏明氏が混声合唱に作曲したものですが

♪ 春になれば しがこ(すがこ)もとけて
どじょっこだの ふなっこだの
夜が明けたと思うべな~♪

ここに出てくる「しがこ」は、「氷」と訳されることが多いですが、ほんとうは池や川の「氷花(しが)」または薄氷を歌った民謡だった気がします。

大寒波=春が近い ということなのでしょうか?

ちなみに私はこの歌詞を「がこ」と覚えていました(笑)

| | | コメント (4)

2023年1月25日 (水)

ベトナムは今年「 ネコ 年 」

今年の干支(十干十二支)は『癸卯』(みずのとう)で、十二支の『卯』には動物の「ウサギ」があてられています。

干支の中の十二支といえば『』で、
それぞれに動物が順に↓

鼠、牛、虎、兎、竜、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

↑があてられていますが、同じく中国・台湾・韓国など極東アジアでも多くの国で使われています。

ただし、最後の『』の漢字は本来「ブタ」を意味するものであり、「イノシシ年」が有るのは昔「ブタ」が居なかった日本だけです。
※中国では、豚(=ブタ肉)、猪(=ブタ)、亥(=ブタの頭)全てブタを意味し、イノシシは「野猪」と書く

ベトナムにも同じく十二支があるのですが、ここにあてられている動物がまた違っているのを知りました。

日本と違うベトナムの十二支は、四つです↓

  1. うし年  ➡ スイギュウ
  2. うさぎ年 ➡ ネコ
  3. ひつじ年 ➡ ヤギ
  4. いのしし年➡ ブタ年
    (※亥年は日本以外と同じ)

1.3・4は、ほぼ同じ動物と言っていいですが、「ねこ年」に関してはビックリです。

なぜ「卯」がベトナムでは「猫」になっているかというと諸説あるようですが、

  • 中国の漢字の「卯」の発音(mao)がベトナム語で猫を意味する「meo」の発音に似ていた
  • ベトナムではウサギは珍しい動物で、それよりも身近で多く見かけられる猫があてられた

ネコは仏様の使いとされ、東南アジアでは大切にされて街中にいますからうなずける気がします。

つまり、今年ベトナムでは兎年ではなく「猫年」なのです。

ところ変われば・・・です。

| | | コメント (2)

2023年1月24日 (火)

低温・強風注意報

わが地域の明日のピンポイント予報は、最気温が-8℃、最気温が-5℃というのが出されました。

車のガソリンは満タンですし、灯油の備蓄も満タンにしましたので問題は強風がどのくらいになるかです。

ピンポイント天気予報は、『気象協会➡一日・晴れ』『ウエザーニューズ➡一日中・雪』と正反対予報ですが、今夜からの冷え込みと強風は間違いありません。

さてどうなることでしょうか、一番気になるのは強風です。

| | | コメント (2)

«これって寒冷地だけだったの?