2022年1月26日 (水)

春は ‘揚げ物(?)

兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」とされるのが、平安時代中期の作家・歌人、清少納言が書いた「枕草子」です。

その枕草子の中でも最も有名なのが、

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。月・・・

上記の四季を書いた作品と、「春はあけぼの・・」という書き出しでしょう。

今日の買い物からの帰宅途中、カーラジオのある番組から流れてきたのが「春はあげもの」という視聴者のパロディー文の投稿です。

もちろん、スタジオのMCたちは爆笑でした。

「あけぼの」と「あげもの」は、四文字とも母音が全く同じなんですよね。

これを聞いてから、わたしの頭から「春は揚げ物」のことばが離れなくなってしまいました(笑)

| | | コメント (2)

2022年1月25日 (火)

トンガへ海上輸送艦「おおすみ」が出港

昨日の24日、大爆発を起こし甚大な被害が出ているトンガにむけ、広島県呉市の海上自衛隊呉基地から救援の自衛隊を載せ、海自輸送艦「おおすみ」(全長178メートル、基準排水量8900トン)が出港しました。

乗組員や搭載した主な内容は次のようになっているようです。

  • 海上自衛隊と陸上自衛隊の計約300人
  • 国際協力機構(JICA)が用意した飲料水(6万リットル)
  • ポリタンク
  • 輸送用のトラック
  • 火山灰を取り除く高圧洗浄機60台
  • 海自のホバークラフト型揚陸艇「LCAC(エルキャック)」2艇
  • 陸自の大型の「輸送ヘリコプターCH47」2機

特に飲料水と、高圧洗浄機は役に立つ気がしますが、どうでしょう?

当然ですが、隊員たちの食料や生活物資も搭載しているので総重量は大変なものらしく、速度は上がらないようで早くて約10日か2週間ほどかかってトンガに到着するようです。

つまり、到着はだいたい2月の5日ごろになるのでしょうか、トンガは遠いことがいまさらながらに感じる到着予定です。

それまでは、先行(20日)して現地で活動している航空自衛隊の輸送機と隊員の活動に期待するしかないようですが、被災者が一番待ち遠しいことでしょう。

無事にトンガへ到着し、無事に日本に帰港してもらいたいです。そうでなくては意味が無い

| | | コメント (6)

2022年1月24日 (月)

コビッド-19対処法は秋の国会で協議

きょう、ちょっとだけ衆議院予算委員会の中継を視たのですが、驚きの政府答弁を視聴してしまいました。

まず一つは、問題となっているアメリカ軍へコビッド-19感染検査の検査です。

・政府の答弁→ 現在要請中です

二つ目は、コビッド-19感染拡大に対処する改正法案の検討時期です。

・政府の答弁→ 今年の6月に法案を出します。

つまり、アメリカ軍へは要請しているだけで、全く何もできていないということです。

そして、コビッド-19感染に対する法改正は6月に出来上がり、参議院選挙が終了し、今年の秋の通常国会まで何も決めないということです。

質問していた、立憲の長妻議員がその答弁に絶句し「今直ぐに必要なんです」と訴えていましたが、私も同じく絶句してしまいました。

コビッド-19に対し未だに決め手が無いことは私も承知していますが、この答弁はあまりにも無責任としか言えないでしょう。

結局、感染が自然に収まるのを待つしかないようです。

| | | コメント (2)

2022年1月23日 (日)

新プラスチックは、昔のプラスチック?!

海洋汚染、環境汚染=プラスチックのゴミ、そしてそのプラスチックの原料は石油というのが、現在は固定観念というより常識となりました。

ところが、「プラスチック=石油原料製品」というのは完全なる私たちの誤解ですし、プラスチックの言葉そのものにもそういう意味はありません。

なぜなら、プラスチックの原料は多種多様なのです。

  • 「セルロイド」というプラスチックは、最初は「木材」や「綿」が原料だったが石油に代わった
  • 「ナイロン」は、最初は石炭が原料だったが石油に代わった
  • 「レーヨン」や「キュプラ」という化学繊維は、綿が原料

石油化学工業が発達する前、原料が使われていましたが、コストが安価な石油(ナフサ)を原料とするものに代わっていたのです。

これらの合成繊維は、ほとんどが日本で考案や改良がなされて現在に至ります。

現在、旭化成など国内大手メーカーはかつてのような食物由来原料や石灰などを原料とする新たなプラスチックを製造開発され始めているそうです。

それらの特徴は、石油原料のプラスチックと同じ強度や耐熱性や耐久性が有るのに、「海水でとける」、「微生物で分解される」、「堆肥に混ざる」など自然に還る特徴を兼ね備えているそうです。

戦後、材料が極端に不足した日本人は「代用○○」というのを沢山発明し販売してきました。

現在ではそれを「代用」などと思う人はおらず、立派な独立した製品の位置を得ています。

こうして考えると、もともと日本人は同じ製品を違う材料で作ることがお得意だということでしょう。

昔の原料や作り方に戻った、環境に良い日本製プラスチックが世界を席巻する気がしてしまいます。

 

| | | コメント (5)

2022年1月22日 (土)

「別サイトに飛ばされる」て何?

先日のこと、ココログからのお知らせで気になる記事を見つけました。

ご自分のココログのブログを見ようとすると、別のサイトに飛ばされてしまうというお問合せが複数きています。

上記のような内容で、ちょっと驚いて詳しい内容を読んでしまいました。

この事例の原因は、ココログのマイリストに設定された中で、パーツなどの一部に有効期限切れのリンクに遷移するものや長い年月でパーツの管理元が不明となったものがあった場合に、意図しないリンク先に強制的に遷移してしまうことが発生してのことのようです。

つまり、ブログのマイリストの見直しをずっとしていないでいると起こりえる現象のようです。

私の場合年に1回ほどマイリストや、リンクサイトの更新状態を確認していますが、不用なリンクやパーツまでは確認していません。

このお知らせを見て、今年でブログ開設が18年にもなり確認が必要だと感じ少しづつ手直しを始めました。

ハンドルネームが少し変化しましたのもその一環ですが、なかなか面倒な作業です。

やはり、年に何回か気分転換も兼ねてやっておくべきなんでしょうね 

でも、わかっちゃいるけど細部までは・・・・・です。(笑)

| | | コメント (6)

«「対等じゃない」ということば