カテゴリー「旅行・地域」の1件の投稿

福島県と南達弁について

 <福島県とは
 東北地方の最南部に位置する福島県の面積は、日本で最も広い北海道、2位の岩手県に次ぐ全国で番目に広い県(※4位=長野県、5位=新潟県)で、その面積は「3782.48k㎡」になり東京都6倍以上、京都府の約3倍大阪府7倍以上もの面積になります。

あの世界最速の男ボルト選手が誕生したジャマイカ(10991k㎡)の国より広い面積なのです。

 福島県の地形は太平洋側になる東から標高1000メートル級の「阿武隈高地」(あぶくまこうち。阿武隈山地)、中央には東北を縦断し2000メートル級の山が連なる日本最長の「奥羽山脈」、そして最西端にある新潟県との県境で日本アルプスの北東に位置し2000メートル級の山が連なる「越後山脈」、この3つの南北に縦断する山脈によって東西を縦割りにするように東の太平洋岸、中央の内陸部、さらに西の会津盆地というように大きくつの地方にハッキリ分断・区分されています。

そのためミカンが取れる温暖な地域から、2~3メートルもの積雪が有る豪雪地帯の両方を有するという気候風土に違いがあるとともに、元々5つの旧県(会津県、二本松県、福島県、岩城県、仙台県)が合併した県のため、住む人の気質の違い、言葉の違いが有るという特徴がかなりハッキリしている県になっています。

続きを読む "福島県と南達弁について" »

その他のカテゴリー