« 猫の、のの字 | トップページ | ままならぬ »

2006年11月25日 (土)

里山の行進

もう少しで雪が降ってきます

枯れ草や落ち葉の上にのしかかるように降ってきます

カリカリに乾いた草や葉は、凍って砕けて雪と一緒に土に返ります

雪が胃の中の消化液のように見えませんか

雪が消化液なら、雨はそれを助ける地球の唾液でしょうか

それらを凍らせる寒風は、地球の歯でしょうか

まだ山に残る赤茶けた木々の葉ももう少しで見えなくなり

いぶし銀のような山々に松や杉の緑だけが残ります

まるで緑のベストを着込んだかのような姿

おしゃれな里の山が「えっへん!」と胸を張ります

そんな冬が今年もやってくる小春日和の村里のわたし

| |

« 猫の、のの字 | トップページ | ままならぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫の、のの字 | トップページ | ままならぬ »