« りんごと地震 | トップページ | 予防注射 »

2007年11月27日 (火)

元三大師のお札

お寺がら御札が届きやした

Img_0278見だごどあっぺがない、こんなお札

天台宗のお寺で檀家に出す、正月を迎えるためのお札なんだぞい

魔よけの「元三大師(がんざんだいし)様」だぞい

これを玄関に貼ってない

正月様を迎゛えんだぞい

はあ、正月だわい。年賀状も買っていねのにない

| |

« りんごと地震 | トップページ | 予防注射 »

コメント

わあ~ すごい!
芸術的な御札ですねえ。天狗様でしょうか
木版ですね 大きく刷ってインテリアにしたいぐらい。
ちゃんと謂われがあるんですね。
天台宗・・・いよいよお正月が近くなったんですね。
ほんとに、あっという間です。

投稿: かあさん | 2007年11月28日 (水) 08:07

芸術的といえば‥確かにそうですね~
でも、ちょっとコワイ。
魔よけですもんね。

投稿: ハル | 2007年11月28日 (水) 08:57

)かあさん

天狗ではございません。

これは魔物と戦うため自らが魔人と化した天台宗の高僧、「慈恵大師良源上人(912-985)」の姿を弟子に描かせ、それをお札とした壮絶なお姿の札です。
http://www.busondera.com/ganzan/ryogen.html
上記URLにアクセスしてみてください
 
 
)ハルさん

恐ろしくなくてはいけません。
実際はもっとすごい形相だったとつえられて「絵草子」にもなっていますよ
http://www.kyotohyakki.com/web_0317/gallery%20m02.html
上記URLにアクセスしてみてください

投稿: ひろた | 2007年11月28日 (水) 12:43

大変、たいへん失礼しました。
ほんとに無知で恥ずかしいかぎりです。
インドに、たくさんの神様がおわしまして小さな置物や御札
など生活の中に日常的にまつられているそうです。
そんな中の神様の一人に似ていたような、、、つい、安易な
気持ちで恐れ多いことを言ってしまいました。恥 (-_-;)
こういう立派なお上人様に守って頂ければ安心ですね。

ハルさん かあさんは魔よけなどと思わず、見た瞬間、素敵!
と感じてしまいました。ほんと愚かですね。
二男がインドに住んでいていろいろ見せてもらったのでつい
そんな気になったのですね。申し訳ありませんでした。

投稿: かあさん | 2007年11月28日 (水) 21:26

)かあさん

知らないのが当然ですし、その壮絶なお姿はある意味で芸術的ですので気になさらないでくださいませ
お大師さまというと弘法大師が有名ですが、実際は天台宗の元三大師、慈覚大師、を指していることが多いんですよ

投稿: ひろた | 2007年11月29日 (木) 08:23

私は前に見たことがあるのです。
どこのお宅だったか忘れちゃったのですが、
そのとき、どこかのお札なんだろうな‥
と思っていたのですが聞きそびれ。
天台宗の檀家さんのお宅だったんですね。

それにしても、こんな由来があるとは‥。
かあさん、私も衝撃を受けました(><

投稿: ハル | 2007年11月29日 (木) 08:23

)ハルさん

天台宗のお寺の檀家でもその謂れなどを知っている人はほとんどいませんね。

わたしは興味があって以前調べたので知ってるだけです。
父親が他界してから何かと寺用事が多くなって和尚さんと話したりもするので知ったところもあります。

投稿: ひろた | 2007年11月29日 (木) 08:36

この角大師様はどの寺院で出されているものでしょうか。

投稿: アナゴ | 2016年8月18日 (木) 15:38

アナゴさんへ

「天台宗」のお寺なら、どこでも出していると思いますが、県外は不明です。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月18日 (木) 17:03

返信ありがとうございます。
アップされた角大師様かどこの寺院で出されたものか知りたいです。日本史教員で元三大師の奉祀や信仰について調査しております。

投稿: アナゴ | 2016年8月18日 (木) 18:55

アナゴさんへ

このお札の場合は、福島県二本松市にある天台宗のお寺で通称「法徳寺(ほうとくじ)」というお寺です。

正確には「箕輪山覚城院太子堂法徳寺(きりんざんがくじょういんたいしどうほうとくじ)」という、聖徳太子を本尊とするお寺です。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月18日 (木) 20:23

貴重な情報ありがとうございます。画像を拝見する限り手刷りなようで。いま手刷りは貴重です。福島は天台宗のお寺が少ないのでしょうか。二本松市なら同じく鏡石寺の角大師様をいただいたことがあります。こちらは角大師というより、ドクロ大師です。

投稿: アナゴ | 2016年8月19日 (金) 00:42

アナゴさんへ

私の近隣での天台宗のお寺は、二本松市=16寺、本宮市=6寺ですから、決して少なくは無いと思いますが、どうしても曹洞宗や真言宗が多くなります。
詳しくは↓のサイトでご確認ください。
http://www.nokotsudo.info/list/fukushima.html

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月19日 (金) 11:44

なるほど。このような寺院検索サイトがあったとは。またまた情報提供ありがとうございます。
角大師様といっても、お寺ごとに版木をもっていて、基本的には画像のようなものになるのでしょうけど、やはり、それぞれ違いがみられます。
版木も住職、彫刻家と彫らせた者が違うものもあります。
天台宗で元三大師祀っていても、お札は出していないところがあります。また、その逆もあります。
我が家は神道で天台宗ではありませんが、元三大師にあやかりながら、調査を進めております。

投稿: アナゴ | 2016年8月20日 (土) 17:34

アナゴさんへ

恐れ入ります。そうなんですか、天台宗のお寺は皆同じだと思っていました。情報ありがとうございます。

神道でしたか、天台宗=山王神道でもありますので、まったく畑違いと言うことは無い気もします。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月20日 (土) 19:05

そのとおりです。日本は神仏習合といった歴史があります。その名残で神社で角大師様のお札を出しているところもあります。神仏分離を経た現在は、江戸時代の寺請制度の反動もあってか、神社側は寺との一緒にされるならのを嫌っているきらいもあります。歴史がある神社、理解がある神社ではそんなことはありませんが。
当然、日吉大社では現在も延暦寺の僧が神前読経をしております。

投稿: アナゴ | 2016年8月21日 (日) 05:29

アナゴさんへ

詳しいコメントありがとうございます

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月21日 (日) 07:47

いえいえ。こちらこそ。
他にも角大師さまを中心にお札を集めているかたもいらっしゃっり、ココログでアップされているかたもいますね。なかなか、お札だけもらいに行くのは警戒されるので、理論武装して臨みます。そうすると、お大師様の祀られている状況も厚意で見せてくださいます(文化財に指定されている仏像もみられます。なかには即身仏が祀られているところがあってビックリ)。お札をもらうことだけではないので、1日で調査は2寺、進んで3、4寺ですね。祈祷寺だと授与品に目移りしてしまい、散財もしてしまいます。
角大師、つまり元三大師は非常に災難、盗難除けに御利益があると確信しております。我が家の近くの元三大師の御守は離せません(車大破させて、無傷でした)。

投稿: アナゴ | 2016年8月21日 (日) 12:28

アナゴさんへ

檀信徒でも知らない人が多いのに、すごいです。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月21日 (日) 19:30

元三大師、すなわち良源大僧正(諡号は慈恵〈慈慧〉、大師号は賜っていない。でも、のちの人は大師扱いしていて、現在にいたる)。鎌倉時代には良源大僧正の僧形像を不動明王のお姿と一緒に沢山刷っております。魔除け札としです。
良源大僧正の高弟は恵心僧都(源信)という方で高校の日本史教科書にはかならず出てきます。
のちの法然・親鸞両上人につながります。今年、天台宗では恵心僧都の一千年遠忌でございます。私は頭が悪いので、元三大師の刷り札だけでなく、現世利益として、調査するときは、元三大師の伶利さにあやかっております。また、日本の僧で、変化できる僧はこの方しかいないですよね。すばらしい。

投稿: アナゴ | 2016年8月23日 (火) 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元三大師のお札:

« りんごと地震 | トップページ | 予防注射 »