« 一夜明けたら | トップページ | ガソリン »

2008年4月20日 (日)

ギリギリだった

Photo_9 おらいの村で最高の枝垂桜がある相応寺さ

「多分終わったべ」と思いながらない

そしたらけっこうまった花があってないじぇがったわい

他゛は温゛いどごさ大風吹いでみんな散れっちまったない

今年ぁ早ぇない あっという間だ!

この桜の根っ岸さはない何年か前ぇまでは旅姿の「弘法大師立像」があってない

かっこいいがったんだぞい

今は県民の森の奥さある「遠藤ヶ滝不動尊」の前の桜の大木の根っ岸だわい

| |

« 一夜明けたら | トップページ | ガソリン »

コメント

お大師さまは、なんで遠藤ヶ滝不動尊へ行って
しまったんでしょう
相応寺さんに飽きたんでしょうか
それにしても見事な枝垂れ桜ですね
見に来てくれるの待っていたかも

投稿: かあさん | 2008年4月20日 (日) 19:48

)かあさん

簡単に言ってしまえば、遠藤ヶ滝不動尊は真言宗のお坊さんによって修行の場として開かれ、それを代々守っているのが相応寺(新義真言宗)なんです
つまりは、同じところで最もふさわしいところに移動されたと言うことですね

ついでですが、不動明王とは空海上人(弘法大師)によって日本に伝えられた仏様なのです、
全国の滝に不動様があればそれは何らかの意味で真言宗の僧侶が関係してると言っても良いですね。

我が家は真言宗より古い天台宗なので、ここのお坊さんが修行した場所には比叡山の守護神で最澄上人(伝教大師)が中国の天台山から分祀してきた「山王権現(日吉・日枝神社)」があるはずです。
なんてね、蘊蓄言ってしまいました

投稿: ひろた | 2008年4月20日 (日) 21:00

なるほどねえ  お恥ずかしいですが私には、ひろたさん
の蘊蓄はややこしくて頭がこんがらがってしまいました。
良い歳して不信心者なのでそのうち罰があたるかも
しれません。主人の実家は曹洞宗なので私も亡くなったら
曹洞宗になるんでしょうかね
笑わないでください こんな程度なんです

投稿: かあさん | 2008年4月20日 (日) 22:10

)かあさん

すみません複雑に言ってしまいましたね。
相応寺さんが遠藤ヶ滝不動尊を運営しているんで移動しただけなんです

そうですか、つまりご実家は「禅宗」ですね。判りました

投稿: ひろた | 2008年4月20日 (日) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリギリだった:

« 一夜明けたら | トップページ | ガソリン »