« 夏の夜ばなし | トップページ | 雷 鳴 »

2008年7月23日 (水)

よみがえる感覚

久しぶりにバイクを乗り始めた

10代のころは毎日乗っていたのだが、

普通車の免許を取得してからは御無沙汰だった

ガソリン高騰で、また乗り始めたのである

走りだすと体中にぶつかる空気の抵抗

横風が吹くと車体がすくわれるようになる

道路わきから伸びた草の先端が腕に当たった

痛ぇ~

小雨が風防の無い首などに降り注いだ

痛ぇ~

小さなエンジンに触れている右足、靴を通してその熱が伝わる

熱ぃ~

小石にハンドルをとられ、道のわだちに車体が揺れる

激しいエンジンの振動が五体の骨に響く

マフラー音がヘルメット越しに振動と一緒に聞こえてくる

なんともいえない懐かしい感覚が体のどこからか

どこからか分からないがよみがえって、心が弾む

バイクに憧れていたあのころの感覚がムズムズしてきた

これが二輪車の醍醐味なのである

| |

« 夏の夜ばなし | トップページ | 雷 鳴 »

コメント

私の知ってる岡田青年は、赤いホンダを大切にしていて

時々ツーリングに出かけます

ピカピカに磨いて冬になると部屋の中に入れてしまいます

きっと恋人のようなものなんですね

だから今もって独身なんですよ

投稿: かあさん | 2008年7月28日 (月) 21:38

)かあさん

私の乗っているのは、亡き父の形見のスズキのバイクです

投稿: 玉井人 | 2008年8月23日 (土) 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の夜ばなし | トップページ | 雷 鳴 »