« 足元の紅葉 | トップページ | 小春日の »

2008年11月28日 (金)

ひどい天候

風は吹っ込むし 雨は降っぺし

あやまった天気だったない

畑の青肌豆、乾ぎそうだったんだげんちょ

まだ、びだくされ だわい

おっこむ場所もねぇし、しゃねない

| |

« 足元の紅葉 | トップページ | 小春日の »

コメント

よく降りましたネエ
やっとお天気が良くなったらもの凄い強風 きょうは汗ばむ
ほどでした。

おっこむ が辞書にありませんでしたよ
判んなくて しゃねない  

投稿: かあさん | 2008年11月28日 (金) 20:47

)かあさん

広辞苑を調べると普通に「押っ込む」という言葉で出てくるちょっと古い標準語で「取り込む」の意味です(

投稿: ひろた | 2008年11月28日 (金) 22:05

おっこむ‥
へえ、古いとはいえ、標準語なんですか。

「夕方になるめぇに、洗濯物、おっこんでない!」
って、言うない。
もうはあ、方言と一体化してんない。

投稿: ハル | 2008年11月29日 (土) 16:39

実家の母は、『~してください』を『ケロ』って言うんです。だから、玉井人さんの話をかりると、「洗濯物とりこんでちょうだい」を「洗濯物おっこんでけろ~」って・・・。
ウチの長女は「おっこんでけろだって!!ケロってかえるみたい!」なんてウケてます(笑)
玉井人さんのお母様や奥様も『けろ』使いますか??

投稿: ガンちゃん | 2008年11月29日 (土) 16:43

)ハルさん

かなり、おれらの使う方言には「古い標準語」が入ってるようなんだわい。おもしぇない
 
 
)ガンちゃん

そういう人も近隣地域にはいますが、我が家や近所では聞かないし使いません。
ほとんどが「おっこんでくいよ」、または丁寧語で「おっこんでくんちぇ」」「おっこんでくんにぇがい」ですね。
これは方言辞書にも有りますが、時代劇などで江戸町民が使う言葉で「・・してくんねぇ」が転じたものです

ついでですがわが妹がいる郡山市の南の方では「・・・しとくれ」または「・・・しておくれ」という言い方になり、やはり「けろ」とは言いません

投稿: ひろた | 2008年11月29日 (土) 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひどい天候:

« 足元の紅葉 | トップページ | 小春日の »