« 温泉 | トップページ | 今年は »

2010年5月10日 (月)

怒り

人の感情の中にある「怒り」というもの

これは、最も心身にストレスを与えるものじゃないだろうか

だから、なるべくそれを起こさないように、起こさせないように

先人たちは回避する術を考え出してきたのかもしれない

挨拶、礼儀、時には無視、忍耐、

それでも、どうしてもだめなときがある

「堪忍袋の緒が切れる」と言う状態であろう 感情の爆発である

怒りは自分の欲求から出るものと、大切なものへの攻撃侵害でのものとがある

自分の欲求から出るものは、自分の欲さえ抑えれば何とかなることが多いが

自分が大切にしているもの、個人の人権、家族、仲間、特に肉親の人権や財産を侵害されたとき

どの程度、どれだけの人々、

怒りを抑えることができるだろうか?

わたしには、抑えるほどの度量を持ち合わせていないので無理である。

怒りが爆発してしまう。

ところが、その爆発後には怒りより強く重いストレスが襲ってくるのである

罪悪感、醜い己の感情への嫌悪感、それらはひどいストレスである

このストレスを克服できる強い精神、または合理的知識が欲しいものである

だけど、無い。無いけど先日やっちまった・・・。

爆発しちまった・・・何十年も塞いでいた堪忍袋の緒がブッツリと切れちまった

フ~・・・

| |

« 温泉 | トップページ | 今年は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温泉 | トップページ | 今年は »