« 雨の外、眺める猫の兄弟 | トップページ | 相撲とサッカー »

2010年6月30日 (水)

涙して観戦

サッカー、残念だったない。

個人的には「内田選手」ど「岩政選手」のプレーが見っちぇがったげんちょない

みんな泣いで、おらも涙出っちまったない

ワールドカップサッカーは負げっと外国の人らもみんな泣ぐがんない

そごがオリンピックどちっと違ぁどごだない

活躍でぎねがった中村俊輔選手は泣ぐどごろがおっかねくれな悲壮感だったない

今回の日本対パラグアイの試合さお隣の中国が賛美を送ってんのがうれしない

中国の報道>

  • 日本チームの活躍は尊敬に値する
  • 日本や韓国、豪州などのアジアチームの旅は終わったが、(戦績は)アフリカや欧州にも負けていない
  • 日本は胸を張って帰国できる

これも、オリンピックだのには絶対無ぇ報道だばい

ワールドカップサッカーはオリンピックよっか歴史は遥かに浅いげんちょない

サッカーはない“強い国が勝づ”んでねぇんだぞ。

どだかだぢでも“勝った方が強い国”なんだぞい

現在、オリンピックを抜ぎ世界でもっと注目して観らっちぇ最大のスポーツイベントになってる理由がそだどごにあんのがもない

いや~、きょうは熱゛ぐ語゛っちまった

| |

« 雨の外、眺める猫の兄弟 | トップページ | 相撲とサッカー »

コメント

まったぐ、おめさんの言うとおりダワイ
オラもおもわず泣いちまったワイ。オニの目にも涙っつうやづかない。 悔しがったげんちょ、気もすんだような不思議な感じがしたナイ。(ジュビロ磐田は地元チーム、皆さん許してね)

投稿: かあさん | 2010年6月30日 (水) 20:09

)かあさんへ

福島弁がウマ過ぎだぞい

やはり大事な試合はシュートチャンスに決められないとPK戦で辛いことになるものです。

投稿: 玉井人ひろた | 2010年6月30日 (水) 21:33

こんばんは
面目ないんですが私はサッカーに興味がないのです。
でも、このひろたさんのあつい語りには感動しました。
サッカー見る目が変わったと思います。

投稿: ハル | 2010年6月30日 (水) 23:01

)ハルさんへ

野球はピッチャー一人が原因になるように、同じ団体スポーツでも野球は完全な個人競技という特殊性と比べると分かるように
サッカーは、だれか一人でも気後れしたのがいると試合が崩れてしまいまうところが面白いし難しいところです。
ですから、戦略をウマくすれば力の差=勝利に結びつかない面白さがあります

天皇杯でプロチームが高校生に負けたりするのはそれをよく表しています

投稿: 玉井人ひろた | 2010年7月 1日 (木) 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙して観戦:

« 雨の外、眺める猫の兄弟 | トップページ | 相撲とサッカー »