« 眠れなかった | トップページ | 雷 鳴れど »

2010年8月25日 (水)

福島県の100歳の人も

福島県の“いわき市”でも出っちまったない

70歳になる長女が数年前亡くなった親を押入れさ置いでだんだどない

暮らしのため生ぎったごどにして年金貰ってだようだない

白骨化した親さ毎日手合わして供養しったらしげんちょない

間違いなく犯罪だわない

したない、老老看護の成れの果て 見るようでせづねない

もうひとつ、こいので必ず聞ぐんだげんちょ

「お金無くて葬式も出せなかった」て言うよない

地方自治体の各市町村単位ではない

生活が厳しいとかで葬儀が出せない人には場所によって違ぁげんちょ

10万円ぐらいの葬儀・埋葬費用保障制度つうのが有んだよない

役所はそういうの言ってくんにぇがらほとんどの人が知んにぇんだよない

おらだって、父親の葬儀になってがら判゛ったんだぞい

おらはそういうの使わねくても皆に助けで貰ったんでさすけねがったわい

お役所仕事ちゃ・・よぐ言ったもんだない

| |

« 眠れなかった | トップページ | 雷 鳴れど »

コメント

このような話を聞くとなんだか切なくなりますねえ
戸籍制度が確立している日本だというのに、その先で問題が出てくるんですね。死亡届が無いという以外にまさか、出生届もしてない人も結構居たりして・・・生まれたら認識票みたいなチップを埋め込むと一生を追いやすくなって便利かなあ?ナンテ。
お葬式の保障制度があるなんて聞いたことがありませんでした。お役所はPRが、何かにつけて足りませんね。
立ち入った質問で恐縮ですが「民さ助けて゛貰った」というのはどんな制度なんですか?良かったら教えてください。

投稿: かあさん | 2010年8月25日 (水) 20:40

かあさんへ

入力が違っていたようです。
「民さ」じゃなく「皆に」です。失礼しました

投稿: 玉井人ひろた | 2010年8月25日 (水) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の100歳の人も:

« 眠れなかった | トップページ | 雷 鳴れど »