« 積もった | トップページ | 何でもかんでも »

2010/12/26

いつのまにか

「それは違うんだ」と、言いたくて言えないもどかしさ

「お前は何様だ」と、言えないイライラ

そんな自分への落胆 空虚感

そこに、去来するのは昔の父の声

同じ事を言っていたっけ 同じ事で本気で怒っていたっけ

いつのまにか、同じ思いの男になっていたようだ

こんなに 親父もイライラしていたのか 

その思いを抱え込んでいたのかと いまさらながらに思い知る

この思い いかにすべきか いかに消化すべきか

いかにすべきか

| |

« 積もった | トップページ | 何でもかんでも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 積もった | トップページ | 何でもかんでも »