« 山桜 | トップページ | 福島県の標準電波送信所 »

2011年5月 7日 (土)

鳥や虫のように

「、放射能 放射能っておっかねがってんの人ばっかだな!」
「虫だの鳥はなんでもねぇぐ さすけねぇぐ いんごいでっぺにな」

と、母親が誰に言うだなし かだったない

ほんじゃがら おれが答えてやったわい

「鳥だの虫よっか、人は弱かすなんだで」

おらがトラクターできょう うなった畑゛さ 烏の野郎が早速゛来て

地中がら出さっちゃ、虫 ついばんでない

和゛なもんだで こいつらみでに気にしねで生ぎでない

| |

« 山桜 | トップページ | 福島県の標準電波送信所 »

コメント

お母さんの言葉は素朴で純粋。
そのうえ深い含蓄がありますねえ。
虫を啄ばむ為にやってきた鳥たち ・・・小さな虫や鳥たちのように無心?で生きられたらいいですね。

投稿: かあさん | 2011年5月 8日 (日) 16:50

かあさんへ

「もしかすると、何も知らないほうがなんでもない」ような気がしてきます

投稿: 玉井人ひろた | 2011年5月 8日 (日) 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥や虫のように:

« 山桜 | トップページ | 福島県の標準電波送信所 »