« モスクワ世界陸上 | トップページ | まるで拷問 »

2013年8月18日 (日)

21世紀

「21世紀」、この言葉は若いころ夢のようなことを意味した

全ての技術や暮らしは発展し進んだ時代を想像した

その夢のような21世紀も12年以上過ぎ

何か、あのころに見たSFの世界は来ただろうか?

携帯電話、テレビ電話、パソコン、光通信、高速物流

いろいろなものが現実となっていった

その代表が「原子力」だった

ところが見せつけられた現実は、東日本大震災

そして、その津波が要因となって起きた原子力発電所の事故

それによる放射線による被曝災害だった

それも、自分自身が住む場所で、自宅でだった

「21世紀になって良いことは有りましたか?」と、聞きたい

「楽園のような暮らしは実現しましたか?」と、問いたい

「不治の病やストレスは減りましたか?」と、尋ねてみたい

「犯罪や戦争は減りましたか?」と、質問してみたい

・・・・さて誰に聞こうか?誰が答えてくれるだろうか?

| |

« モスクワ世界陸上 | トップページ | まるで拷問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モスクワ世界陸上 | トップページ | まるで拷問 »