« 鈴木猛史くんが金メダル | トップページ | 余った »

2014/03/18

彼岸の入りは雨

彼岸の入りは昼ころがら雨になったない

2014

彼岸花はとっくど準備しったげんちょ

おらげではもうちっと中日が近い日にやっから

きょうは行がねげんちょ

きのう 墓の掃除だげはしてきたわい

この彼岸花は 雨に遭ぁど色落ぢすっかんない

した それも、いいげんちょない

| |

« 鈴木猛史くんが金メダル | トップページ | 余った »

コメント


たくさんのお墓にこの花が供えられると墓地も華やか
でしょう。 私の住むところは、様々な生花が、そして
北遠の山里では常緑のシキミ?が多いです。
経木(カンナで削った薄いもの)で作ってあるので
しょうか。手作りで奇麗ですね。

投稿: かあさん | 2014/03/18 20:05

かあさんへ

その通りです。今も大工さんの副職みたいなものです。

彼岸花として色がついて今のような形になったのは明治のころからなんですが、元々は神前に飾ったり正月に飾ったりしたようです。
私のブログで以前記事にしています
https://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2012/03/post-ba01.html
興味があったらご覧ください

投稿: 玉井人ひろた | 2014/03/18 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸の入りは雨:

« 鈴木猛史くんが金メダル | トップページ | 余った »