« プーチン離婚 | トップページ | 値上げせず »

2014年4月 3日 (木)

信仰と宗教

「日本人は無宗教が多い」とは、誤解である

その考えはキリスト教以外は邪教という否定の考えしかなない人々

日本人の信仰の仕方を理解することができない人々

特にそれが強い欧米人が戦後の日本人へ押しつけた考えである

日本人ほど神(畏・未知の力)への信仰心が強い国民はいない

それは宗教などを超越しているとも言え

だから、日本人の信仰を理解してもらうには約1500年以上もの

長い日本史を熟読してもらうしかないだろう

そして、それは神仏分離令が出された明治

それ以降に生まれ育った日本国民、全員のあてはまるであろう

| |

« プーチン離婚 | トップページ | 値上げせず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プーチン離婚 | トップページ | 値上げせず »