« 見えなくなること | トップページ | ふきのとうの天ぷら »

2019/03/11

3.11.02.46

今年も 2時46分、村の防災広報無線がらは

 鎮魂サイレンが吹鳴(すいめい)しらっちゃ

ウゥuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu

近ぐの寺でも供養の梵鐘が 負げね気になって 打たれつづげらっちゃ

一分間のサイレン 毎年聞いでっけんちょ

  こだに長がったったべが?

いやに こどっしゃ 長ぇど感じだったない

  ほんとに 腹ん中゛さ浸みる音゛だで 内臓が重ぐなる

| |

« 見えなくなること | トップページ | ふきのとうの天ぷら »

コメント

浜松でも毎年集まって黙祷をしますよ。
堤防を乗り越えて押し寄せる真っ黒い津波。避難した
人達が上から早く逃げろ、津波がきてるぞと叫んでいる
のにノンビリ様子伺いしている光景など、毎年見るたびに
恐怖を感じます。

投稿: かあさん | 2019/03/13 20:28

かあさんへ

経験は無いですが、私もいざとなったら視認してからじゃないと急がない気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2019/03/14 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.11.02.46:

« 見えなくなること | トップページ | ふきのとうの天ぷら »