« 鶯の初鳴き | トップページ | 彼岸 十九日 »

2020/03/11

また震災の日が来た

また今日が来てしまった つう気がすんない

午後3時前の時間 サイレンが1分間 鳴った

東のほうに向かって黙とう

あの日はボタン雪の降る暗い日だったげんちょ

きょうは強風吹き荒れる 晴れの温゛い日だ

サイレンの響きで

思わず 涙 流っちぇきた

おらは まった こごで生ぎでっつぉ

震災が起ぎだったとしの前年がら

おらは太平洋側さ 行ってねぇんだげんちょ

は~10年も海 見でねぇんだで 

そろそろ 行ってみっかな

した 何の用もねぇし 遠ぉいし

そのうち気が向いだら 海 見さ行ってみっぺ 

 

| |

« 鶯の初鳴き | トップページ | 彼岸 十九日 »

コメント

あの日の光景は何年経っても恐ろしく、今でも「早く逃げて」
とテレビに向かって叫んでしまうほどです。
10年も海を見ていないのですか・・・災害のあと、巨大な
シイタケを採って食したという、ひろたさんの話を今でも
憶えています。

投稿: かあさん | 2020/03/12 21:51

かあさんへ

私が未だに鮮明に覚えているのは沢山・沢山ありますが、村内にある大型スーパーセンターの広い駐車場に、神奈川県とかたくさん県外の消防車が駐車していた光景です。

投稿: 玉井人ひろた | 2020/03/13 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶯の初鳴き | トップページ | 彼岸 十九日 »