« 伸びたフキノトウ | トップページ | コロナウイルス騒ぎ効果 »

2020/04/25

詩集・・・「花歌」

雪の無い 年末が過ぎ 雪の無い 正月を迎え

また少し 小さくなった高齢の母

また少し、体力が落ちた自分

それでも 今年も桜が咲き 田に水が入り始めた

そして思う

こんどの冬も 皆無事で越えられた

これからやってくる 猛暑の夏も越えられるだろうか・・と。

つつがなく 一年を過ごせますように・・と。

咲き始めた 色とりどりの花を 来年も見れますように・・と。

仰ぎ見れば 安達太良山の上空に白い雲

その雲が溶け出したかのような かすんだ青空

昔から見慣れた空

まるで 青い空気を降らしているようだ

 

 

菜花草人

 

| |

« 伸びたフキノトウ | トップページ | コロナウイルス騒ぎ効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伸びたフキノトウ | トップページ | コロナウイルス騒ぎ効果 »