« 短歌 | トップページ | 寒い待合室 »

2020/11/24

短歌

 

朝餉食べ 昼餉を食べて 夜になり

そんな日もあり 時は流れる

 

菜花草人

| |

« 短歌 | トップページ | 寒い待合室 »

コメント

コロナ禍の中
そんな日もありではなく
毎日がこんな風に 取りとめもなく
ただ 献立を考えて
「旨い」とも言ってくれない夫の為
自分が生きる為 食べては 寝るだけの毎日
時々 何の為自分は生きているのかな?
虚しくなります……。


投稿: Pee | 2020/11/25 06:13

>Peeさんへ

耳が痛いですね。
わたしも似たような食事です。幼いころから「食事は黙って食え」と言われ育ったせいかもしれません。
祖父も父も、ただ黙って食べていました。残さないことだけは心掛けています
ただ、母が嫁に来た当時は父や祖父が何も言わないので、旨いのかどうか不安だったそうです。

投稿: 玉井人ひろた | 2020/11/25 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短歌 | トップページ | 寒い待合室 »