雪とごはん

春分の日が過ぎたのに 外は雪が降る朝

茶の間には よそられた白いご飯から白い湯気

彼岸の余り物の 天ぷらが皿に盛られ

朝のテレビ小説を視ながらの 家族そろって朝食

テレビからの音以外は 食べる音だけの朝

いつもの 我が家の朝の食卓

平穏という ただ平穏という時間

また明日も 同じでありますようにと

心の隅で思い ちょっとだけ祈った

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)