2021年2月26日 (金)

災害列島・はいつまで続く

2月13日の深夜に発生した福島県沖を震源とする地震から約2週間ほど経った昨日の25日、この地震によって福島市内に住む男性が死亡していたことが確認されたことが報道されました。

男性は50代で1人暮らし、親族などが連絡が無いので自宅に行くと地震で倒れた家具の下敷きになって亡くなっていたそうです。
死因は、圧伏による呼吸困難だったようですが、果たして即死だったのか?、もしかすると何時間か息があったのかもしれません。

これによって、福島県内の地震による死傷者数は「傷者=101人」、「死者=1人」となりました。

栃木県足利市の火事は発生から5日目を過ぎても鎮火せず、収まる気配が無いようです。

足利市の地元の人によりますと、21日夕方、登山道のベンチ付近が燃えていたということで、火元は両崖山付近のハイカーのこの休憩所と推測されているようです。

地震、流行り病に異常寒波・大雪、異常乾燥に山火事、自然災害に人的災害も重なり、平成から続く災害列島状態は令和になっても収束するどころか増えるばかりです。

さらに海外では、ミャンマー、タイの反政府運動、人種差別に性差別、人間社会のトラブルも続発です。

テレビ朝日の昔の人気時代劇「必殺仕掛人」のシリーズ何作かめの挿入歌の歌詞↓

♪ 春と思えば 夏が来て

  夏と思えば 秋が来て

   所詮 最後は寒い冬 ♪

   (題:「冬の花」・歌:鮎川いずみ)

このフレーズが今の世を表しているようで、頭から離れません

| | | コメント (1)

2021年2月25日 (木)

確定申告の会場は・・押印は・・

確定申告が終了いたしました。

わが村では「申告相談日」と称し、役場の特設会場(毎年同じ場所)に行くと、納税者の代わりにパソコンで職員が資料確認や相談をしながら、イータックスをやってくれるという便利な方式です。

さて、今年の場合は、「あの広くない部屋でコビッド-19感染対策はどうなっているのか?」「押印はどうなったのか?」それのほうが気になっていました。

玄関を入り、その部屋(本来は会議室)の戸を開けると10坪ほどの部屋の3分の1に透明ビニールシートで一人一人個別に区切られた異様な光景が目に入りました。

そこには椅子がおかれ、越しかけるとちょうど一人分のビニールボックス空間になります。

その様子は、まるでケースに入って並べられた人形のようですが、中身はおっさんやおばさんですのでさらに異様な光景だと感じました。

その様子にちょっと呆気に取られていたら、職員から検温画面の前に立ってくださいと則されてしまいました(笑)

ところが、角度が悪いのか反応せず、結局職員が非接触検温器をオデコ付近に充てることになりました。

それから、あのビニールボックスに入って待機、目の前には「静かに待ちましょう」の張り紙がありましたが、約1~2名のおばちゃんがビニール越しに隣の人と大声でしゃべり続けていました。

順番になり、相談員の机の前に座るとそこはアクリル板の仕切りがなされ、それごしに相談や資料をしたの開いたところから手渡したりするやり方でした。

もちろんですが、相談者が座ったところは次の人が使用する前に、消毒液を付けた布巾で清掃です。

いちいち、職員は大変ですが致し方ないでしょう。

もう一つの押印ですが、これは一切使うところがありませんでした。

ただ、印鑑は持ってくるようになっていたので、使うことがあるのかと職員に尋ねたら「訂正や税務署へ出す書類があった場合に欲しい」ということでした。

昨年の今頃はすでにコビッド-19の名称が発表されていたのに、何の対策もせず、のんきにここにいたのだと思いながら会場を後にしました。

| | | コメント (4)

2021年2月24日 (水)

日本人思考・・「遠慮」

江戸時代には、武士と僧侶に対して科された「遠慮」という刑罰があったそうです。

その刑罰内容は↓

  • 門を閉じて居宅にこもらせ、昼間の外出を禁じた軽い謹慎刑。
    ただし、夜間に限りくぐり戸から目立たぬように出入りすることは許された。

今でいう「自宅謹慎」の厳格なものでしょうね。

その刑罰から、今のように他人に対して言動を控えめにふるまうことを遠慮というようになったようです。

日本人には、この「遠慮=美徳」という考え方が根底にある気がします。

ですから、それに関連する言葉が日本語には溢れています

  • 「遠慮する」
  • 「辺りの目を気にする」
  • 「わきまえる」
  • 「つつしむ」
  • 「取り乱さない」
  • 「恥を知る」
  • 「出る杭は打たれる」
  • 「分際・身のほど」

現在これらの言葉は、差別につながるとして騒がれていますが、私の母の世代ではむしろ女性のほうがこれらを「美徳」と考えることが常識とされてきました。

昔、女性の地位向上や女性の教育向上を目指して津田塾を開校した津田梅子氏に対し、最も抵抗・反対を示したのが日本の女性たちで、津田梅子氏はほとほと困ったそうです。

日本での女性差別が改善されるのは、この歴史的背景から見直さなければならない気がします。

ちなみに、アメリカの憲法には「男女平等」というのが存在していません。

その理由は、2度の憲法改正で提案されたのですが、2度とも「男女平等の案」が否決されたからです。

アメリカとは、差別でも世界をリードするという何でもありのすごい国家です。

| | | コメント (6)

2021年2月23日 (火)

地震ハザードステーション

2月13日の深夜に発生した福島県沖を震源とする大きな地震は、2011年には被害が無かったところでの被害発生が特徴的でした。

それを実感したのは、一昨日に行った近くの大型ホームセンタに行った時です。

天井の大型空調設備は全て壊れたり落下したらしく、元あった場所は大きな口を開けていましたし、いたるところで天井材が落下したのを業者が片付けていました。

それでも販売は、通常通りに行われていました。

ただ、買い物中はほとんど屋根裏が見える天井を気にしてのものになり、暖房が無い寒い店内ではゆっくりともできませんでした。

地震の揺れというのは、気象庁から発表される震度とは強さが違って感じることがあります。

これは、土地の地層によっては揺れを増幅するところが在るからだそうです。

「防災科研」というところが運営するサイトで「J-SHIS 地震ハザードステーション」というのがあります。

アクセス→https://www.j-shis.bosai.go.jp/

↑をクリック、次に→【スタート】→【表層地層】(上部に有り)→【+・-】拡大

このサイトの、全国の地層マップで自分のところが揺れやすい地層か、否かを確認することができます。

ちょっと見にくいですが、住んでいるところの地層が気になる方は確かめることをお勧めします。

| | | コメント (6)

2021年2月22日 (月)

欧米は、間違った答えに「〇」が常識

NHKBS番組の「クールジャパン」では、日本と海外の違いを知ることができて面白く、日本とは正反対の意味になることを実感することがままあります。

特に「〇=丸印」の使い方は、この番組を視て知って驚いたことの一つです。

日本の学校のテストで、その答えが全部‘〇’だったり、二重丸や花丸だったら大喜びで、その結果を親に見せることでしょう。

ところが、欧米では全部〇だったら子供は真っ青、とても親に何か見せられない結果です。

つまりこうです↓

  • 日本の教師は、正解の答えにを付ける
  • 欧米の教師は、間違いの答えにを付ける(正解=

これは、日本人が海外へ留学したさい、または逆に海外の人が来日留学したさいに、最初はほんとうに驚くそうです。

現在、世界中を席巻している日本製のテレビゲームは、次期オリンピックでは競技として採用すことが決まっています。

ソニーのPlayStationの場合、上記のような日本国内の事情からコントローラーのボタンの記号の「〇✖」を、日本向けと海外向けを逆にして販売していたんだそうです。

しかし、今回のPlayStation5からは世界共通にしたんだそうです。

つまり、国内のコントローラーが↓

〇=決定」を、「〇=キャンセル」に変更

「✖=キャンセル」を、「✖=決定」に変更

つまり・・真逆に変わってしまい、日本国内ユーザーからは戸惑いと、「変更の仕方はないのか?」の問合せが殺到しているようです。

野球では、ストライクとボールの表示順が、日本は海外とは逆だったのを治し、今ではそれで慣れてしまった感があります

使任天堂とマイクロソフトの場合は世界中で同じ設定をしているそうですから、慣れるしかないようです(私はやりません)。

さて、これが日本国内の教育現場にも影響してきて「〇=不正解」となり、9月が始業となるかは・・・アメリカ留学経験を持つ河野行革大臣の考え次第かもしれません(笑)

| | | コメント (7)

2021年2月21日 (日)

90% 減らす

「令和の運び屋」となってしまった河野大臣ですが、その前に話題になった押印の話です。

福島県では、押印が使われていた書類を調査していた結果「4931」(約90%)の申請などの押印を要する書類が見つかったそうです。

それを全部検討した結果「4426」の書類は、押印が無くても済むことが判明し、今年度中の来月の3月までに押印を不要にすることが発表されました。

別な見方をすれば、まだ「505」の諸手続きには押印が採用し続けられるとも言えますので、楽になるのかどうかはよくわかりません。

さて、そうなるとわが村役場はどうなるのか?気になるところです。

まずは、差し迫っている確定申告の時にどうなっているのか?わかるかもしれません。

ちなみに、昨日配られた集団検診の申込書は、今まで通り、何ら変わらず押印が必須になっていました。

| | | コメント (8)

«地震で第一原発のタンクがズレたが・・