2020年11月23日 (月)

「水素」を電線で運ぶ?!

原発事故で全町避難になった浪江町、現在は次世代のクリーンエネルギーとして注目される水素に着目し、今年3月に世界最大規模の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」が開所しました。

これにより、水素の安定的な供給体制が整ったことから水素の利活用促進に取り組み、水素社会の実現に向けた「なみえ水素タウン構想」を発表しました。

町は東京電力福島第1原発事故からの復興に向けてエネルギーの地産地消を掲げ、50年までに二酸化炭素の排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しており、水素の利活用を通して達成につなげたい考えです。

町単位で大規模な水素の利活用の実証が行われるのは全国で初めてだそうです。

水素は環境に配慮した一方、効率的な導入に当たっては製造や貯蔵、輸送などの技術的な問題に加え、水素燃料電池の性能の向上とコストダウン、法規制の見直しなど課題は多いという代物のようですが、浪江ではそれらの解消に向けた実験も行われています。

一昨日行われた実験は、水素をトラック輸送ではなく、ホースで送る実験が行われたそうです。
なんとそのホースは、電柱を利用して電気の送電のようにする実験なのです。(地下を利用実験も兼ねている)

実際に、計画としては既存の電柱を利用するようなのです。

ホースの太さは高圧線ぐらいで、表面がゴムで覆いホース自体は切れたりしないアルミ製だそうですが、ちょっと想像がつきません。

浪江町は化石燃料に頼らない町を実現したいそうですが、早く実現し全国に波及してもらいたいと思います。

 

| | | コメント (5)

2020年11月22日 (日)

「大内宿」も、人だかり

会津地方にある観光の名所、下郷町の大内宿は三連休が始まり、小雨の降る中、観光客でごった返しているようです。Img_3783

専用駐車場の10、11月の入り込み台数は、約8割以上が県外ナンバーで締められ、その人では昨年の今頃を越えるという話です。

今年は、大内宿各店では感染対策を徹底するため、本来なら冬支度の為に店舗などを覆うビニールなど装着は行わないそうです。

「冬支度」より「感染対策」が優先だそうです。

ただし、きょうも福島県内では感染者が確認されています。

重症化しないワクチンより、重症化しない妙薬が早く欲しいです。

国は病床数を実質稼働ではなく、予定数をベースに行った、いわば「希望病床数」を国民に実質数として報道しているらしく、医療現場からは指摘が出されているそうです。

福島県はまだまだ感染者が増えるでしょうが、観光客も増えるようです。

「なじょすっぺ?」(どうしよう)

| | | コメント (6)

2020年11月21日 (土)

マスク未着用で口論・・死亡

ロシアのニュースですが、19日にロシア第2の都市サンクトペテルブルクで、路線バスの車内でマスクをしていない40代の乗客の男に対し、同バスに乗り合わせた50代の客が注意した結果口論となったそうです。

その注意した50歳代の男性がバスを降りたところで、40代の乗客に刃物で背中を刺され死亡したそうです。

コビッド-19の累計感染者数の多さが世界で5番目のロシア、ロシア保健当局は10月下旬から全土で、公共交通機関でのマスク着用を求めている中での痛ましい事件です。

たぶん、ロシアに限らず同じような傷害事件(死亡事件)が世界中で起こっているんだと思います。

それは日本国内でも、報道されないだけで発生しているんだと思います。

政府は未だに、どっちつかずの対応に終始し、国民の考え方も分裂し始めているのではないでしょうか?

原発事故後に発生した、放射能に対する考えが国や福島県民の中で二分したときと同じ気がしてなりません。

菅政権、はやく統一した方向を、菅総理お得意の「躊躇無く・・」で示してほしいものです。

 

| | | コメント (7)

2020年11月20日 (金)

‘コロナ’が、コロナに悩む

日中戦争がはじまったころの昭和12年(1937)、内田鐵衛氏という人物が現在の新潟県三条市の自宅裏に10坪ほどの工場を建て、石油コンロの製造販売を開始します。

これが、今は日本を代表する暖房機器などの大手メーカー「株式会社コロナ」の始まりだったそうです。

コロナの名称は創業者である内田鐵衛氏が東京電機学校(現在の東京電機大学)在学中に、実験中によく見たコロナ放電の発光色と、石油コンロの研究中に暗がりで見つめたコンロの青い炎が似ていることに気づき、
コンロと太陽の周囲に現れるコロナのイメージを重ね合わせ、石油燃焼機器を象徴かつ覚えやすく親しみやすいブランド名として名付けたのが由来だそうです。

corona2

そのコロナが、新型コロナウイルスの名前に影響されていると聞きます。

寒くなるとコロナの暖房機器が売れ始めますが、名前だけで敬遠されるようなことがあったら最悪です。

いまさら社名は変えられないし、とんでもないとばっちりとは、こういうことでしょう。

他の国がどうあれ、日本だけでもWHOが名付けた「コビッド-19」と言ったほうが良いと思います。

ちなみに我が家のファンヒーターは、コロナ社と同じく新潟に本社が在る「ダイニチ」、そしてガスコンロは名古屋に本社が在る「リンナイ」で、コロナの製品は有りません(笑)

| | | コメント (4)

2020年11月19日 (木)

福島県知事が自宅待機になった

昨日、福島県の内堀知事が、コビッド-19で自宅待機になったという報道が流れ「ついに知事が感染したのか?!」と驚きました。

ただ、知事自身が感染者ではなく、公用車の運転手が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたため、知事が濃厚接触者に当たるとして国の指針に準じて自宅待機にしたということでホッとしました。

内堀知事は、11月13日にこの運転手が運転する公用車で移動し、2時間程度同じ車内にいて「濃厚接触者に当たる」として、その日から2週間にあたる11月27日まで自宅待機するということです。

知事は、自宅待機しながら電話やメールなどで公務を続けるということですが、月末の全国知事会には出席が出来なくなったため副知事が代わりに業務を行うようですが、正直言って絶対的支持率を持つ内堀知事に比べ副知事では心もとないです。

濃厚接触者でも、PCR検査で陰性だった場合は自宅待機期間を短縮できないものなのでしょうか?

できるはずだと思うのですが、それは国家の要人に限られるのでしょうかね

| | | コメント (6)

2020年11月18日 (水)

安倍さんの‘自宅’警備に‘2億円’

WEB週刊誌ネタですが、総理を辞任し一般の衆議院議員に戻った安倍さんなのですが・・

2か月も経った現在でも、総理大臣をしていた時のように渋谷区内にある自宅マンション前の道路では、バリケードによって封鎖され厳重な警護体制が続いているというのです。

要人で無くなった安倍さんの自宅警護に掛かる費用は、人件費だけでも年間で約2億円は全て国費、つまり我々の血税が使用されていることになり、「税金の無駄ではないか?」などの疑問の声が出ているようなのです。

この異例の警護が続く理由としては、
「今後安倍さんが自民党総裁選再出馬の可能性があって、まだ重要人物であために警備は解いていない」
という憶測もあるようです。

総理経験者を警察官が警備するのは珍しいことではないそうですが、ご近所さんはこの警護続行に賛否の声が上がっているようです。

  • 警察官に理由を言えば道を通してくれるが、いちいち面倒で不便だ
  • 警察官がそこら中に立っていることは、安心につながっている

ただし、この安倍さんのマンション付近には現職だった2020年の春以降、頻繁に右翼の街宣車が来るようになり、抗議活動を行っていてその警戒にあたっているようです。

ちなみに右翼団体が、安倍前総理に対し批判と抗議している内容は以下のようです

  • 現職の春頃は、『日本人にアビガンを投与せよ、他国の人間に投与する前に日本人に投与を優先せよ』
  • 辞職後は、靖国参拝を行った行為について『なぜ首相在任中に靖国を参拝しなかったのだ?』

右翼団体は、毎回日曜日の午前に街宣車でやってきて『住民の皆さん、うるさくしてしまい申しわけありません。しかしこれはきちんと言っておかなければなりません』といった礼儀正しい前置きをしてから安倍氏を批判していたそうです。

さて、この異例の私邸警護は、続けるべきでしょうか?やめるべきでしょうか?

わたしとしては、少し重点的な巡回だけで十分だと思います。

| | | コメント (8)

«縁起物の小さな白花