« 帰宅の信号機 | トップページ | 動物たちが今 »

2004年9月29日 (水)

金縛り

金縛りの経験はありますか?わたしは何度かあります

その中で一番恐ろしくいまだによくわからないのがあります。
あれは20代のころ、朝寝ている私の上に誰かが乗っている感じがして目を開けました。誰もいない。その瞬間どんどんと体重がかかってきて私の上に四つんばい状態であることが感じ取れました。動けない、まったく動けない真上のの天井に何かふんわりした塊が見えた。それはすぐにすごい形相の顔となりました。それがどんどん私の顔に降りてきたんです。

あせりましたそこで頭に浮かんだのは何かこちらが動けば払えると言うどこかで聞いた話でした。そしたら右手に毛布の感触がわかり指が少し動けるのに気がつきました。わたしは右手に懇親の力を込めました、そしたら腕が動いたんです。かなり動かしたようですがあとで見たら毛布が少し浮くくらいでした。

それでも効果はあり顔は消えました。そしてその顔となったものは煙のようになり部屋の戸を開けス~と消えていきました。音もなく

動けるようになった私の体は水をかぶったように汗でぬれていました。あの顔見覚えがあるんですがわかりません

そのほかのは金縛りをしているのが死を知らせにきたペットの猫とかで、すぐにわかったのでそれほどでもなかったです。やはり姿は見えませんが歩き方から重さ顔に来て止まる様子でよくわかりました。
話しかけると何か安心したようにどこかへいってしまいました。

|

« 帰宅の信号機 | トップページ | 動物たちが今 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金縛り:

« 帰宅の信号機 | トップページ | 動物たちが今 »