« 1月2日の夜が初夢 | トップページ | 老人の弔辞 »

2005年1月 3日 (月)

氷柱(つらら)らら

IMG_0146

玄関の屋根に氷柱ができた。夕方には解けてしまったがこのできたところの雨どいはもう壊れる寸前だ
ことしもまた曲がってしまうのだろうがそれだけなら何とかなるのだが
雨どいを支えている釘が抜け始めているのがとても気がかりだ。どちらにせよ4月ごろにならないと直せそうに無い
「もってくれよ」と見上げるばかりだ

|

« 1月2日の夜が初夢 | トップページ | 老人の弔辞 »

コメント

うわぁ(@o@)つららだっ!
南国のIT屋@美奈は「つらら」を見たことがありません。鹿児島は最近あまり降らなくなりましたが、以前は桜島の灰が夏場はひどくて、初めて見た人が「桜島の灰をおみやげに」で集めた話を聞きましたけれど、IT屋@美奈は、つららを間近で見たらどういう反応になるのでせうか???
それにしても雨どい、持ってほしいですね。

投稿: IT屋@美奈 | 2005年1月 4日 (火) 21:20

IT屋美奈さん

この氷柱の一番長いので4~50センチくらいです。昔はかやぶきだったので1メートルを越していました。
その子供のころやったことと同じことをすると思います
まず折れないようにとって「なめる」ですね
これをやって「汚いやめろ」とよく言われました。
それにかやぶきなので氷柱を引っ張ると屋根の萱が抜けるので、よく怒られました

投稿: 玉井人 | 2005年1月 4日 (火) 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷柱(つらら)らら:

« 1月2日の夜が初夢 | トップページ | 老人の弔辞 »