« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の31件の記事

2005年4月30日 (土)

花便り

IMG_0207 IMG_0211 IMG_0209

悲しいニュースが多いので我が家に咲く花々のフォトを記事にしてみました

芝桜チューリップ、そしてツツジです

芝桜のフォトはわたしのPCに向かっている部屋から毎日見ている風景です。自分では大庭園の気分です(恥ずかしい) 芝桜の中ほどのツツジが咲くとまたきれいな眺めとなります

もっと見たい方はマイフォト「風の色」を見てください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

地獄労働のJR西日本

やはり出てくる出てくるJR西日本の企業体質の悪いところが

50秒遅れを指摘され教育として行われるマインドコントロールのような精神的拷問そして自殺した運転手・・・・・悲惨だ!

今回の事故はスピードの出しすぎが最大の要因だったようだがあの路線はもともと制限速度が110キロだったところを120キロに会社自体が速度制限を上げさせたところだったようだ。時間短縮のためだったようだが制限速度を上げたということは速度を上げることは会社の要望だったことにならないだろうか?

さて次から次へと出てくる安全軽視の体質でのこの事故をJRは誰に責任を押し付けて逃げ切るのだろうか?・・・・たぶん最終的には高額の退職金をもらい社長が退職してあとの真の責任者は知らん顔で体質改善の形だけの書類を作り そして、元の木阿弥 てっ! ところか?

続きを読む "地獄労働のJR西日本"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005年4月27日 (水)

みのもんたの顔色が悪い

今月から始まったみのもんたの「朝ズバ!」はなかなか好評だがとても気になりだしていることがある。

それはメインキャスターのみのもんたの顔色の悪さだ!肝臓でも悪いかのようなどす黒い顔面が[朝ズバ!]では妙に目立つ、単に色黒なのかと思ってみた

しかし昼のワイドショウではそれほどでもなく気にならない。

健康食のヒット番組をもつものとしてはなにかマイナスイメージになりそうだが

真相はわからない。ただ日増しに顔色が悪くなっていくようで気になってしょうがない

| | コメント (4) | トラックバック (2)

君が代斉唱は合憲、違法・・・?

北九州の裁判所でよくわからない判決が出た

これは福岡の学校で校長の指示に従わず君が代斉唱を行わせなかった先生を校長が処分したことに対して「それは憲法違反だ」として起こされた裁判だった。

それに対しての採決はこうだ。

<校長の下した処分は憲法違反に当たらない。ただし減給まではする必要は無い>とした判決が出た(詳細略)。これを見ると合憲で校長の勝訴なのだが、・・・・・・・・・判決はまだ続く

続きを読む "君が代斉唱は合憲、違法・・・?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

JR西日本脱線事故に思う

JR西日本の脱線事故の惨劇の一報は偶然その車両に乗り合わせたNHK の記者により報じられた。他局はかなり遅れての報道となった。記者自身も怪我をしていたが救急車を断ってのリポートは少し苦しそうだった(胸を強打していた)

原因はまだわからないがマスメディアはまだ行方がわからない運転手の過失と断定するかのような報道だ。しかしここでわたしの気になるのはマスコミの憶測報道もだがJRの経営陣のほうだ

毎回大事故になると出てくる古い設備、人件費削減のための人材減、そして数字数字・・・・・・・・

続きを読む "JR西日本脱線事故に思う"

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005年4月24日 (日)

チューリップが咲いた

庭のチューリップが咲きだした。

赤、黄色、花らしい花の代表だ。夕方になると花びらを閉じて、まるで寝るようだ

面白い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい病院ビジネス

昨日、郡山市にある財団法人脳神経疾患研究所の付属総合南東北病院の西側にできた同付属南東北クリニックに母を連れて行き今までの病院のイメージを変えさせられてしまった

まず設備と建物だ。玄関はちょっとしたビジネスホテルのようだ。中に入ってその印象はいっそう強くなる。明るい待合室窓口の様子、床のおしゃれさ、まるでホテルのロビーだ。

その印象を決定づかせるのがそこに働く人たちだ。先ほどの玄関先には2名ほどの患者を迎える係りの人が立ち挨拶をしてむかえてくれる。中に入るとさらに出迎えての案内係が挨拶をしてくる。そこを過ぎ窓口近くに来るとさらに予約の人か新患の人かを訪ねて案内をしてくれる。征服はもちろんホテルのようだ。ことごとくいたりつくせりに笑顔で案内をしてくれる。

患者は診察室に入るまで看護士や医師など白衣の人を見ることはまず無い。完全に接客と医療スタッフの分業が図られているようだ。これは新鮮な驚きでした

続きを読む "新しい病院ビジネス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

山へのいざない

IMG_0206 シュンラン

この花のよさと気品ある美しさが感じられたら

もう山野草の魅力に取り付かれたも同じだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さくら見物

家族でさくら見物でした。滝桜を見て苗を買ってきてしまった。

母は人ばかりで人を見に来たようだと笑っていた。さくらは満開で最高だったが雪で今年折れてしまった一番上の枝が無いため迫力が落ちて残念だった。

それよりがっかりしたのがわが村の国指定記念物のさくら「馬場桜」です。枯れた丸太が二本立っているひどい木になっていました。ちょうど千葉から来た人が見て愕然としてため息をついていました

「恥ずかしいから案内のかんばは外したらいいべ」と母が言った言葉に皆大きくうなずいた

枯れて終わる寸前の国指定記念物でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国指定記念物のさくら

IMG_0195

IMG_0200国指定天然記念物のさくらです

県下一の「三春滝桜」(上のフォト)は県外や県内の観光客で人の波が途切れず広大な駐車場は満杯でなかなか入れない。

しかし同じく県外にも名が売れている大玉村の「馬場桜」(下のフォト)は花も一枝しか咲いていない。それどころか枝そのものもなく枯れた巨木が無残な姿でたっているのを見て、訪れた人は皆「なんだこれ~!」と落胆の声を漏らし足早に去っていくのです。村民として悲しい限りです。

ひん死の状態の「馬場桜」はそんな人間たちをどう見ているのでしょうか。「そっとしておいてくれ」と絶え絶えの声が聞こえるようです。

続きを読む "国指定記念物のさくら"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木)

花粉症から

花粉症から来るヘンな喘息気味の咳

なかなか直りそうで直らない。毎日咳止めを飲んでいるがかえって薬害が気になる

なんとかしたいな~

医者に言わせれば今の職場を変えることが一番とのことだが・・

転職は踏ん切りがつかないし     困ったもんだなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津の斉藤画伯が本宮町に

会津坂下町出身の故斉藤清画伯といえば会津の四季を版画にした傑作を数多く出した方で有名です

この人のいとこで斎藤氏の著作権者の渡部ヨシノさんがわが村の隣、本宮町に移住することになり町に所有の絵を寄贈したそうです

私も大好きな斉藤清氏の生の絵がそばで見られそうでうれしいです。まるで斉藤清画伯が隣に引っ越してきたような気がします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月19日 (火)

夜桜見物

仕事が速く終えたので家族を連れて近くの夜桜を見に行った

満開の桜は最高だった。夕飯前だったので桜の下の店でラーメンを食べた。みな腹いっぱいといったがおれは足りない。

帰宅すると一人で夕飯を食べなおした。まだ足りないのでカップめんを食べ、やっと落ち着いた。

桜は腹が減るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せな桜

IMG_0190

このさくらの木は同じ村にある天然記念物の「馬場桜」や県内桜ランキング上位に出てくる「相応寺の枝垂桜」のようには知られていない桜です。これは「山王権現」を祭った日吉神社(ひよしと地元では言われているがひえじんじゃと読むのが本来です)の鳥居の横と前に咲く桜です

この桜は区域に住む人々にとって心のよりどころになっています。名所の桜を見て「いやあ~きれいだな~」と見るのは誰でもします。

しかしこの桜が咲くとその地区の人々は「さんのさまのさくら咲いたのか!?」と言いながら皆笑顔になります。直接見えなくても咲いたことがわかるとなんとなくうれしくなり笑顔になる。

見てのとおり4メートルの鳥居の約倍はある巨大な古木です。むかえにはもう一本横に大きな古木があります。ここは風通しがよく葉が茂る夏には涼しい木陰になります。

咲くとうれしくなる桜は幸せだと思います

詳しくはマイフォト「風の色」を見てください

| | コメント (4) | トラックバック (1)

蛇の鼻(じゃのはな)の桜

福島県の本宮町に蛇の鼻という公園がありそこにある三つの池の周りに植えられた桜は見事です。これがもとすべて個人のものだったとは本当に驚きです。

その中にある元の別荘あと前の枝垂桜も本当にきれいなものです。5月のフラワーの祭展時にはすごい賑わいです。芝桜や樹齢何年なのかみごとな富士の花は一度見たほうがいいかもしれない

IMG_0191 IMG_0192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月)

あっ!やっちまった~

やってしまった。

次の切り番4000は誰かと言う記事を書こうと思いページを開けたら・・・・・・・・

俺が踏んじゃいました~ 4000     

切腹だ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

「小」の意味は

「小日本」の「小」についての意味するものを気になったので調べてみた

そしたら文字どうりちいさいとかいとかいと言う意味が出てきた。しかし最後に次のような意味が出てきた

身分が卑しい(いやしい)または下品、みすぼらしい等など・・・・・・の意味があるようだ

これを当てて「小日本」を見ると「卑しく下品な日本」という意味になるようだ。多分本来はもっとさげすんだ意味があるのだろうと思われる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土)

蔑称(べっしょう)小日本

反日デモが続く中国でよく聞かれるのが「小日本」と言う言葉だ。

かなり侮辱した言葉らしいが言葉がわからないのできょとんとするばかりだ。どんな意味を持つのだろうか?そちらのほうが気になる

古代、中国では日本人を指して「倭人」といっていたことがある。倭の国の人だから「倭人」なのだろうと簡単に考えたら大間違いです

倭人」とは「身体の小さい野蛮人」と言う意味で蛮族の人間として見下した言い方だ

そこから想像すると「小」がつくことから似たような意味があるのではないかな~?などと思ったりしました

いずれにせよかなり人間としてひどい意味をわれわれにぶつけている言葉には違いないと思った

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年4月14日 (木)

祖父の命日

4月14日はわたしをこよなくかわいがってくれた優しかった祖父の命日です

母は味ご飯を炊きました。わたしは墓参りに行き、「これからも見守っていてよ」と手を合わせてきました

暖かさが戻った四月です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝のきり番間近!

3900サンキューのきり番は誰がなるのでしょう?

なった方はコメントください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「マロとテーブル」に不具合発見

先日「続きを読む・・・・」が出ないことを記事にしましたがその原因がわかりました。

newデザインの「マロとテーブル」のテンプレートに問題があったことが発見されたようです。

現在は修正されて正常になった旨のメールがニフティーよりいただきました。すでにお使いだった方は大丈夫だったでしょうか?

私はデザインそのものを変えてしまい問題は解消済みだったので関係なかった・・・ ことになってしまいました。

もうこのテンプレートは使わないでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

デザインを変えたら

デザインを変えたら「本文の続きを読む・・・・」が現れた

なおっちまった。あの猫のデザインとは相性が悪かったのだろう  きっと?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郡山に空襲があった日

4月12日は60年前に始めて福島県の郡山市が空襲を受けた日です

そのときわが村の人々をはじめとして郡山付近の人は皆空を見上げていた。生まれて始めて見るそれは巨大な飛行機が3機爆音を響かせて空に現れたからだ

B29戦闘機なのだが大半の人々はそれすらわからずに「なんだべ?あれは?」と眺めていたそうです。

そして響き渡った1トン爆弾の爆発音、そのゆれは震度に直せばを越していたようだ。それは、落ちたのが直線で20キロ近く離れたところなのに母方の祖母がすぐそばの学校に落ちたと騒いだことからわかる。

その同じ日にB29戦闘機は本宮町に飛来し製糸工場のグンゼを爆撃した。

続きを読む "郡山に空襲があった日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

マイフォト「風の色」の更新

IMG_0171 マイフォトIMG_0174「風の色」今盛りにわが庭を彩る花たちをアップしました

ごらんいただき名前などを教えてもらうとうれしいです

この水仙が満開だともう花の季節到来です

かたくりはもう遅い感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

花粉症には乳酸菌だ!?

花粉症には乳酸菌が良いそうです。

ちょっと関係がなさそうですが人は腸内バランスが崩れると環境の変化についていきにくくなるんだそうです

そこで注目が乳酸菌なのです。

でも数多くの乳酸菌のうちどれが効果が期待できるかがわからない

そこで花粉症対策として開発された乳酸菌がありました。

それは KW乳酸菌 と L-92乳酸菌 です。どちらも効果が認められているようです

KWはキリンと小岩井農場の共同開発品 L-92はヤクルトです

私は後者のL-92の錠剤と濃縮液体を購入してきました。きょうから効果を期待して飲み始めます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月 9日 (土)

コタツに変化が出た

帰宅したら
我が家のコタツは布団がはがされうすでの上掛けだけになっていた

いよいよ本格的な衣替えだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 8日 (金)

「本文続き・・・・」が出ない

新規字作成とデザイン変更をしたらこの「つぶやきの古道」だけが本文に続く文章が出なくなってしまった。

健康くちこみログ」はなんでもないのだが・・・・・・・・・・

原因がわからない。@niftyでは「異常なし」との返答だがこちらは異常事態だ!

当分本文の作成画面だけの使用となりそうだ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月 6日 (水)

暑い日だった

本当にきょうは暑い日だった。思い切って薄着に切り替えようと思うのだが・・・・

この土地柄では霜の心配があるし難しい

現に3日の朝には霜が降りて白くなったくらいだ

まず明日からは保温弁当はやめにしました。それから徐々にいきましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日 (火)

駅に日本カモシカ出現

駅に日本カモシカが出現した。 場所はわが村の隣町の本宮駅だ。こんな町のど真ん中に日本カモシカが迷い込むとは驚きです。

見つけたタクシードライバーは最初犬かと思ったほどで、本当に珍しい出来事に各放送局が何度も伝えていた

このニュースに我が家の家族は別なことで驚いた。それはこのカモシカを我が家のそばで見たばかりだったからだ 見たのは母と近所の人だった。

続きを読む "駅に日本カモシカ出現"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

待ちに待った畑の乾燥

雪ばかりの年で畑が乾かなくて耕せないでいた仕事ができた

妻も堆肥運びをしてくたびれたらしい。母はジャガイモを植え付けてしまった。

きょう、だいたいは耕したが残りは明日にした
久しぶりのトラクターのエンジン音は力強いものだった

早朝に祭りの旗立などもしたので少し眠い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の におい

春ににおうのは梅の香り?!

ではなくて農家にとっては乾き始めた土のにおい そして畑にまいた堆肥のにおいだ!

きょうはやっと耕せる状態まで乾いてくれた畑仕事だった。石灰をまき土のリセットをして今年の植え付けのための下準備をした

そこに昨年草などで作っておいた有機肥料の堆肥を散らした。 これが臭い非常にうんこ臭い
このにおいとトラクターのエンジン音がしだすと農家は春を感じあせりだす。

しかし・・・・・臭い (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »