« 今日は国民の休日 | トップページ | 交流試合 »

2005年5月 6日 (金)

和紙の鯉のぼり

私は田舎の長男なので小さいころやはり鯉のぼりをもらったそうです。でもその鯉のぼりは1日か2日でなくなってしまったそうです。

喜んで高く上げた祖父の悲しい顔が浮かぶようです。ではなぜそんなに早くなくなってしまったか?  その理由は

若い人は知らないでしょうがわたしの幼いころは布製のモノは高価なため貧しい我が家などは紙製鯉のぼりだったんです。もう今は製造すらされていない(?)と思います

そのためつよい風などが吹くとちぎれて飛んで行ってしまうんです。(大きさは今と同じ)

この和紙でできた鯉のぼりはあのころよく見かけましたが弱いのでどんどん布製に変わってしまいました。

ちょっとした昔話でした

| |

« 今日は国民の休日 | トップページ | 交流試合 »

コメント

和紙ですか?
幼稚園などでは、紙で出来た小さな鯉のぼりを作って持って帰ってきた事がありましたが・・・
そういうのとは、まったく違うようですね。
かなり大きいのでしょうか?私もかなりの歳ですが、記憶にないです。

投稿: もうぞう | 2005年5月 6日 (金) 21:02

)もうぞうさん

少し訂正をさせてください和紙の鯉のぼりは破れやすいと書きましたが現在のは川の中でも破れないようです

ネットで見たら昭和26年製の鯉のぼりを手に入れて空に泳がした方がいました。

和紙は強いのですがそれより強い風がきたんだと思います

そのころは鯉のぼりといったら紙だったんですよ

それが木綿の布になり、それも雨などで色が落ちるからとナイロン製となっていきました。その移り変わりをわたしは全部体験しました(仕事と個人との両面で)

投稿: 玉井人 | 2005年5月 7日 (土) 21:24

小学生のころ、川のそばに住んでおりました。
友達と遊んでいたら、川にこいのぼりが流れてきて大急ぎで拾いにいきました。
拾ってみたら紙製こいのぼり。川を下ってきているので破けていてがっかりした記憶があります。

男の兄弟がいなかったので、こいのぼりには無縁でしたので、こいのぼりにあこがれておりました。

投稿: IT屋@美奈 | 2005年5月 8日 (日) 17:52

)IT屋@美奈さん

そうですか。その鯉のぼりは私が小さいときによく見かけたものだと思います。そんなふうによく飛ばされたはずです。あとに残るのは口のところのわっかだけだったはずです。

形が良かったら乾かして使えたかもしれませんね  残念!

投稿: 玉井人 | 2005年5月 8日 (日) 20:33

ホント乾かせばよかったのかもしれませんね。そのあと、引越しをしたので友達との懐かしい思い出です。

投稿: IT屋@美奈 | 2005年5月10日 (火) 18:54

もしかして「なんでも鑑定団」にだすと驚きの値段がついたかも?!

投稿: 玉井人 | 2005年5月10日 (火) 21:07

う~ん、タイムマシンがほしいです。

投稿: IT屋@美奈 | 2005年5月11日 (水) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和紙の鯉のぼり:

« 今日は国民の休日 | トップページ | 交流試合 »