« 小さな新聞記事 | トップページ | もうすぐ彼岸の季節 »

2005年9月18日 (日)

大人になったと思うとき

皆さんは自分自身が「大人になったなあ」と思う瞬間はどんなときでしょうか?

これは年代や環境、男女や季節などでもかなり違う感じ方になると思う

わたしはこの思いを会社から帰宅して晩酌にビールを飲み肴に刻みミョウガを食べて「うまいなあ」と思った瞬間に頭をよぎった。子供のころはミョウガやフキノトウ、ましてやビールなどをうまいとは思わなかった

「なんでこんな苦いのを大人たちはうまいというんだろう?」とよく思ったものだ

でも私が一番大人になったと思うときとは

それは本や書類などを見るときに自然に指を舐めている自分に気がついたときだ

子供のころ親などが指を舐めているのを見てなぜそんなことをするんだろうと不潔に思うよりとても不思議だった。そしたらいつの間にか自分もやっるようになっていた

あまり見た目がよくないし相手に不潔感も与えるので意識してやらないようにしているが・・・・ついつい

よくよく考えると「大人になったと思うとき」と「年をとったと思うとき」は紙一重?同意語? かな?

どちらにせよ子供のころに親がやっていたしぐさや食べ方などをいつの間にか自分がやっているときなどに「あれ!いつの間にやっていたんだおれは」という思いと大人になったと思うときなのではないだろうか、同時にいい年になったと思うときではないかな

|

« 小さな新聞記事 | トップページ | もうすぐ彼岸の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人になったと思うとき:

« 小さな新聞記事 | トップページ | もうすぐ彼岸の季節 »