« 自動車にフライトレコーダー?! | トップページ | IHクッキングヒーターて危ないの? »

2006年2月 1日 (水)

「千の風に・・・・」と言う詩

1年ほど前若くて他界した友人の妻の葬儀に読まれた詩がとても心に残り気になっていた。それのCDがラジオから流れたとき矢も立てもたまらず探し買ってみたら外国の「死と再生の詩」というものを荒井満氏によって翻訳されて紹介されたものだった

私は悲しみが噴出して涙が止まらなくなる。涙をぼろぼろ流した後にこころがす~と軽くなる気持ちのいい歌なのだ。みんなにも読んでほしい。 そして涙して心が軽くなったらうれしい  

その詩は・・・・こんな詩だ

     ♪ 千の風になって ♬

♪ わたしのお墓の前で泣かないでください

そこには私はいません

眠ってなんかいません

千の風に  千の風になって

あの大きな空を吹き渡っています

秋には光になって畑にふりそそぐ

冬はダイヤのようにきらめく雪になる

朝は鳥になってあなたを目覚めさせる

夜は星になってあなたを見守る

わたしのお墓の前で泣かないでください

そこには私はいません

死んでなんかいません

千の風に  千の風になって

あの大きな空を吹き渡っています

千の風に  千の風になって

あの大きな空を吹き渡っています

あの大きな空を吹き渡っています ♪

また、親友や親との別れが思い浮かんでしまった

| |

« 自動車にフライトレコーダー?! | トップページ | IHクッキングヒーターて危ないの? »

コメント

家人が、CDブックを買ってきていました。
その勧めで私も聞き、感動しました。
その新井満さんの歌もいいです。
また、紅白の秋川雅史さんのテノールも、また違った感じでいいとおもいました。

この歌で、「永遠のいのち」を感じることができればいいですね。

投稿: ぜん | 2007年1月10日 (水) 12:49

)ぜんさん

なんといいましたか女性の歌手で歌っている方がいるんですが
それもとってもいいですよ

投稿: 玉井人 | 2007年1月10日 (水) 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「千の風に・・・・」と言う詩:

» 『千の風になって』新井満 [あれこれ随想記 ]
新井満著『千の風になって』講談社、を読んでCDを聴きました。 9・11米国、同時多発テロで、父親を亡くした11歳の少女が、一周忌に朗読した詩、悲しみの中で読みつがれてきた一篇の詩を、新井満さんが日本語に訳しました。 最愛の人を亡くした幼なじみに、どんな言葉がかけられるのだろうか、その苦悶のなかから『1000の風』という西洋の詩に出会います。 この詩を訳し曲をつけてみようと思い立ちます。 その過程で、この原作者は�... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 12:48

» 千の風になって  [千の風になって ]
千の風になって 読み人知らず私のお墓の前で 泣かないでくださいそこに私はいません 眠ってなんかいません千の風に千の風になってあの大きな空を吹きわたっています「だれがつくったのかわからない一編の短い詩が欧米や日本で静かに広がっている...... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 00:17

« 自動車にフライトレコーダー?! | トップページ | IHクッキングヒーターて危ないの? »