« 消耗しなくても消耗品とは? | トップページ | 竹の子の講釈 »

2006年6月 4日 (日)

お花屋さんのまんじゅう(?)

揚げまんじゅう」というのをご存知だろうか。文字通りまんじゅうを油で揚げたものである

Img_0088 見た目は普通のまんじゅうにしか見えないだろうが
てかっているのは油である

出来立ては外の皮がカリッとして甘み(蜂蜜入り)と赤砂糖の少し焦げたような独特の香りである
食べるとこれがうまい、甘いのが苦手な人でもこれはいけるはずである

それでは中身を切ってお見せしようか、これが中身であるがやはりただのまんじゅうなのであるがところが病み付きになる味をしている

Img_0089

皮がうまいのだが中身の餡も抑えた甘みがとてもよい

ただし、生産が限定商品なので前もって注文をしておかないと買えないのが難点だ。
いわば幻のまんじゅうになる

売っているのは、近所では「花屋さん」と呼ばれているお店だ。

本当は「お菓子処花月堂花屋(かげつどうはなや)」、やはり花屋さんだ。

花屋でまんじゅうは変かもしれないが、昔は本当に「花や」であったため屋号のようになってしまったらしい

そういえば会津には「牛乳屋(牛乳屋食堂)」というラーメン屋があるが、ここのラーメンも絶品らしい

売ってるものと店名が会わないのも記憶に残って面白いものだ

|

« 消耗しなくても消耗品とは? | トップページ | 竹の子の講釈 »

コメント

こんばんは。
そのお菓子屋さん、わりと近所なのです。しかし、このあげまんじゅうがこんなにヒットするとは思わなかったんですけどねえ。正直なところ。
名前が良かったのかも。

投稿: じん | 2006年6月 4日 (日) 20:36

)じんさん

口コミで広がったようですね。
聞いたときはてんぷらまんじゅう(会津の)のまねかと思ったんですが衣が無いのだと聞き余計わからないでいました

なかなか手に入らないと思っていたら知人からいただいて食べたら  うまかたですねえ

一気に3個食べましたからね
名前より「味」だと思いますよ

投稿: 玉井人 | 2006年6月 4日 (日) 20:47

ほう、これは美味しそうな!
二本松市には、多くのお菓子店があり、名産品も多いようですね。

投稿: もうぞう | 2006年6月 4日 (日) 20:49

)もうぞうさん

城下町はどこでも多い気がします

昔のお殿様は甘い物好きだったんでしょうかね

投稿: 玉井人 | 2006年6月 4日 (日) 20:53

こんばんわ。
へぇ~、これが「揚げ饅頭」ですか。
初めて見ました。

投稿: H・K | 2006年6月 4日 (日) 22:01

)H.Kさん

こちらでも珍しいですから、初めてでしょうね

なんとも油と甘さの調和がいいんですよ、あんこと油は愛称がいいんでしょうね

投稿: 玉井人 | 2006年6月 4日 (日) 22:20

ちょっと違いますが昔スーパーで仕事してた時ありました。そん時大福とか売れ残ってそれをそのまま油で揚げるんです。これが絶品なんです。もう30年位昔の話ですが、もう一度食べて見たいです。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2006年6月 5日 (月) 20:25

)阿武さん

それはいいアイディアしてましたね
その味とほぼ同じだと思います。

油と餡の相性の良さには驚きますよね

投稿: 玉井人 | 2006年6月 5日 (月) 22:59

おくばせながらすみません。

饅頭と聞けばしゃべられずにはおれません。

天ぷら饅頭は、会津ももちろん有名ですが、
あげ饅頭は、衣がなく、素揚げと言うことでしょうか・・・
あげパンなるものを食べましたが、周りに薄く油がついていて、結構おいしかった。
饅頭も、油とは相性がいいですよね
衣が着いていると、3っツ、4っつは、
ちょっと胃が重くなります。

ブログ変えてから、お気に入りブログに
玉井人さんのアドレス載せようとしているのですが、
操作がどうしてもわからずにいます。
ぼちぼちいきますので、悪しからず・・

投稿: aonami | 2006年6月14日 (水) 16:30

)aonamiさん

そのとおりす揚げですよ。会津のてんぷらまんじゅうよりは少し小ぶりで外の皮がかりっとします。
なんでもなければ三つくらいは難しくない大きさです

全体アドレスは記事中の「トップ」をクリックしたときに出てきたものです。
タイトルのプロパディで出るのは同じかと思います

投稿: 玉井人 | 2006年6月14日 (水) 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花屋さんのまんじゅう(?):

« 消耗しなくても消耗品とは? | トップページ | 竹の子の講釈 »