« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の44件の記事

2006年12月31日 (日)

お世話になりました

本年もお世話になりました。

良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の最後にうれしいニュースだ!

大晦日の午後4時過ぎになってうれしいことがやってきた。

全国高校サッカー大会、初出場の我が福島県代表の「尚志(しょうし)高校」が初出場で初勝利を上げたのである。
相手は11回目出場で全日本ユース代表監督経験の監督が率いる宮崎県代表の「鵬翔(ほうしょう)高校」で今大会ダークホースのチームだった。
しかしそれをPKではあったが勝ってしまったのだ。

これは、うれしい

次は優勝候補の国見(長崎)を同じくPKで破った、八千代(千葉)との対戦である。
これもまた、相手のほうが強いとの評価が出ることだろうが、その前評判をひっくり返してもらいたいものである

大会的にも優勝候補の「鹿児島実業」、「野洲」、「国見」、「武南」であったろうが、武南は勝ったが国見が敗れてしまったので面白くなってきた。

なにはともあれ大晦日なんとも気分の良い2006年の終わり方ができたような気がした。
尚志高校の選手たちに感謝である。

おいでくださる皆様は何か良いことがありましたでしょうか?

良いお年をお迎えくださいませ

続きを読む "最後の最後にうれしいニュースだ!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

やっぱり冬だった

昨日から降り出した雪は良い具合に積もって、あちこちの道路を通行止めにしてくれた

Img_0959 我が家の物干しにもご覧通り積もった。

久しぶりの雪道の走りを思い出させてくれるにはちょうど良いくらいの雪だった。
スキー場も喜んだろう。

やっぱり冬だったのかと思わせる風景だが、雪質はやはり春ごろに降る雪と同じ「べた雪」で木々の枝が折れてしまった。

我が家の「キミガヨラン」の大きな木も折れてしまった。
やはりまだ「暖冬」の様子である

| | コメント (4) | トラックバック (0)

作った、下げた、供えた、飾った

雪が積もって銀世界になってしまったきょう、正月飾りを一気にやっつけてしまった。

Img_0971 Img_0962

Img_09652007 Img_0963

続きを読む "作った、下げた、供えた、飾った"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

門松用の松の枝

門松用の松の枝を取ってきた。もちろん我が家の山のわたしが植えた松ノ木なので誰に遠慮もいらない。

我が地域は門松は良い形の松の枝に半紙を巻いたものである。

枝の数は、縁起を担ぎ「本枝」「本枝」「本枝」のを探してとってきた。
なかなか数と枝振りの良いものがなく同じ松ノ木を何度もぐるぐる回ることになってしまった。
回るたびに、熊避けの鈴がチリンチリン無人の山で響いた。

雪がなくて、秋のような山で良い枝のが見つかってよかった。
ついでに大きな一般的な門松用のも採ってきた。

お供え用(食用とも)のミカンが安くならないのが一番頭が痛い、あとは竹の準備だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳の市は、値切るのが縁起物!?

「歳の市などで縁起物を買うときは、値切ると縁起が良い」、皆さんもこんな話はよく聞く話だろう。

善意で安くしてもらうことは、ありがたく思ってそうしてもらうが・・。
わたしの場合、「切る(斬る)」は縁起がかえって悪いのではないかとの理由でやったことは無い。
それに売り手の人の(値切りを)嫌な顔をするのも気分が悪いし、
「どうせならお互いに笑顔で縁起物は買いたいものである。」そんな理由もあってそうしている。

皆さんはどうしているのだろうか?

この、「値切り=縁起が良い物」の考えや行為は江戸のころから始まったらしいが、
そのころはどうだったのかというとある大事なことを現代ではやっていないことが判ったのだ。

その現代はなくなった行為が「縁起がいい」というものの本来のもので、
売り手は値切られれば値切られるほど喜んだそうなのだ。

続きを読む "歳の市は、値切るのが縁起物!?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

二種類の’喉仏(のどぼとけ)’

「のど仏」と言えば男子が大人になったことの証の一つであろう。
女性にはそれが無いので男女の見分けの一つになるものとして知られているものだ。

これは解剖学で言うと「甲状軟骨」といわれる物である。

それとはまったく違うところにあり軟骨ではなく「第二頚椎(けいつい)」を指して「のど仏」と言う場合がある。

場所は俗に言う「のど仏」の位置とは正反対の後頭部にあたる7個の骨で、頭と胴体をつないでいる首の骨の上から2番目にあるもので脳と頭蓋骨を支える大事な働きのある骨のことである。

実は今日葬儀に参列したのだがその際に説明されるもののことだ。

続きを読む "二種類の’喉仏(のどぼとけ)’"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

仮想メモリー不足・・?!

久々に「仮想メモリー不足のため・・」という表示が出た。
以前はメールソフトを起動しているときに出たので、あちこちのウインドーを消したら正常に戻った。
今回は「仮想メモリー不足のため適正値にアップします」というような表示が出たのだ。

ところで「仮想メモリー」とは何ぞや?という人のために簡単に説明すると

PCにはメモリー(メインRAM)容量と、HDD容量とがあるのだが、普段のインターネットやソフトを起動させているのはメモリーのほうである。
これの容量が不足したときに、HDDの容量を使って仮にメモリーを増やすのがそれである。(Windowsだけの機構)

続きを読む "仮想メモリー不足・・?!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

間違った記念日は偏見か?

記念日とは毎日のようにあって、「こんなのまであるの?」などと思うものまで他種で広範囲にあるものだ。
ただ完全に間違っているものがある。

今日の12月26日の「プロ野球誕生の日/ジャイアンツの日」というのがそれだ。

この記念日は1934(昭和 9)年の今日、日米対抗野球のために「大日本東京野球倶楽部」というプロ野球が組織されたのである。
後に「東京巨人軍」と改名し現在の「ジャイアンツ」となった。

これが日本最初のプロ野球だと間違えた考えからできた記念日なのだ。
間違えたというより巨人軍関係者がイメージアップに決めたような気がしてならない気もする。

実はそれより14年前にプロ野球第一号ができているのである。

続きを読む "間違った記念日は偏見か?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀を出した後に・・

年賀を出し終えたのだが、そこへ葬儀の知らせが来てしまった。

遠縁なので正月は何とかできそうだが、その家に向けて年賀は出された後だ。

一応、年賀が着くので勘弁してくれるように話はしてきたので一安心だ。
でも葬儀をしたばかりの家に「新年のお喜びを・・・」などの言葉が届けられるのは気が引けるものだ。

そんなことを思っていたら今日になって別の知人から「喪中」のはがきが届いた。
やはりここにも出した後だ。

御不幸を受けた先様にはけして言えないものであるが、もう少し早くは出せなかったのだろうかとの思いが湧いてしまった。

今月になって急に不幸ができたのかと見れば「9月他界の親戚の・・」とあった。
それならせめて年賀受付開始の12月15日前にはがきが着くようにしてもらいたいものである

もう少し配慮してもらいたいのも正直な思いだ。
「しょうがないか・・」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

粘膜保護や感染症予防には

わたしは元々ドライアイ気味なのである。最近はかなりよくなったがドライバー時代にはひどかった。

いまは疲れ目になりやすい。そこで何が良いのかあちこち見たら、目には「ビタミンA」がとても良いことがわかった。

これは、粘膜全般に良いようでそのためにこの寒い季節の「風邪」などの感染症対策にも効果があるビタミンのようだ。

ただし脂溶性ビタミンなので余分にとっても体外に排出されないで肝臓に溜め込まれてしまう。
そのため大量にとり過ぎると下痢、嘔吐、頭痛」のショック症状が現れることがあるので注意が必要なのだ

続きを読む "粘膜保護や感染症予防には"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

よんななニュース(47NEWS)

全国新聞社が協力して地方ニュースのホームページでの配信が始まった。(12月24日から)

その名を「47NEWS(よんななニュース)」というものである。

今までだと各地方の出来事など、詳しく見たり地元ではどんな記事になっているのかとかを地元新聞記事などで見るときは、まず地元の新聞社をHPなどを検索して捜しそれからまた関連記事を探す手順を踏まなくてはならなかった。

この地元新聞社を探すのが一番の面倒だったのだ。
それが、今日からはこのページを開くだけでダイレクトに見られるようになったのだ。

地元のイベントや観光情報もわかって、わたしにとってはとても便利になりありがたい話である。

ただ、新聞離れが進む現状に新聞社自体がこのようなホームページを作り配信したら
なおいっそう新聞離れが進むのではないかと考えられるのだが・・・

なにはともあれ実際に使用してもとても面白いし、使いやすいと感じられた。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

一通の手紙

わたしのところに一通の手紙が届いた。

Img_0938 ニュースなどで知っている人はかなりいると思うが
先ごろ週刊誌で日産の個人情報漏洩(約400万件)が記事になり、驚いた日産が調べた結果「本当らしい記事」との結論になったのだ。

そこでユーザー各自にお詫びの手紙を出したのだが、それがわたしのところにも届いたのである。

この事件には少し気になる問題があるのだ。

続きを読む "一通の手紙"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

ちょっと工作しました

ホームセンターで売っていた白木の特売の万能台を買ってきた。

Img_0936

その台にガスバーナーで焼き目を入れた。

Img_0931

そしてセンリョウの植木を上げたら、なかなかの良い台になってしまったではないか。

Img_0932

まさか千円もしない台とは思えないだろう。

防水効果もあるのでやったのだがまあまあのできだろうか

焼杉じゃなく焼き過ぎにならなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いのち」という漢字、書けますか?

「”いのち”という漢字を正しくかけますか?」こんな質問をされたらほとんどの人はこう答えるだろう

「今年の文字だもの知ってるよ」
「誰でも知ってるじゃないか?書き順は自信が無いけどね」

そう言って「」という漢字を確信を持って書く

教育漢字に照らしても正しく、正解の回答である。「ありがとうございました」

しかし、ここで終らないのがわたしの「つぶやき古道」というブログである。

「いのち」という言葉の由来や語源を見るとこの「命」という漢字が正しいかどうかに首を傾げたくなるのだ

続きを読む "「いのち」という漢字、書けますか?"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

電力会社無許可工事の意味?

新聞の隅っこに小さく東北電力無許可工事を国土交通省が現場検証の記事が載っていた。

水力発電所の無許可工事の視察らしいが、これは全国的に行われ四国電力、沖縄電力を除くすべての電力会社、116発電所で168件起きている問題らしい。

ダムのデーター改ざん報告書もあわせて行われているらしい。

無許可で水を引いたり、改ざんしたり、どんなメリットがあってそれをやっているのだろうか?

今回の問題ばかりは、その理由が想像つきにくい問題だ。
記事にもなぜそんなことをしたのかが記載されていない。

誰か説明できる方はいないだろうか?

そう言えば昨年の今日のトップニュースは「新潟県で起きた、大停電騒ぎ」で何万人も寒空で凍えているとの報道だったが今年は穏やかである。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

リバウンド無しダイエットには・・

アメリカで話題の「トナリン」というものが日本でも注目を浴び始めている。

ダイエット効果がかなり期待でき、リバウンドが無いのが特徴らしい。

わたしはそちらより「コレステロール値を下げる効果」そして「中性脂肪をためなくする効果」、それらの効果があることに目が引かれた。

脂肪は、体に必要な成分だが余ると「脂肪細胞」に貯められてしまう

その脂肪細胞が作られなくする効果が「トナリン」にはあるそうなのだ。
だからリバウンドが無いらしい

通販ではかなり販売されているが、近くの薬局などでも販売されているのだろうか?
今度探してみたいものである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

暖かい

庭の水仙が伸び始めた。

雪が降ったらこの出た分はどうなるのだろうかと母が心配顔だ。

なるようになるさ、て思うわたしだった。

気象庁の長期予報でもこのままで正月が来そうな感じである。

雪の無い正月で、それがいいか悪いかは賛否わかられるだろうけど文字通り初春の気分が味わえそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「欠陥車率」という数字がある

今年は欠陥製品のリコールといえば「ソニー」を思い浮かべることだろう。
そのなかでNECは大丈夫とされていたが今回そのNECも電源部分から出火する不具合が見つかりリコールとなった。
なんとも不安が募るものである。

そう言えば、三菱のリコール隠しの判決が先ごろ下されたことが報道されていた。
マスコミにこれでもかこれでもかと攻めたたかれた三菱の重役たちは神妙に判決を受けたようである。
同じ年から8年間トヨタ自動車も「リコール隠し」が発覚し書類送検されたのだがこれはマスコミは騒ぎ立てなかった。
これは、ハイラックスのリレーロッド強度不足によりハンドルがきかなくなり事故が起き傷者がでたものだ。
ハイラックスの欠陥によって確認できたトラブル件数はトヨタ調べでは11件、警察(熊本県警)が確認した数は国内外で合計80件とかなりの差があった。

ところでこの自動車関係の統計には「欠陥車率」というのがあるのを知っているだろうか?
これはメーカー1年のリコール台数を販売台数で割ったものなのである。

これに関して今年、トヨタ自動車についてあるニュースがあったのだが、やはりマスコミ各社は報道することをしていない。
トヨタに関しての悪い報道はマスコミではタブーになっている傾向があるようだ。

トヨタの販売台数は「日本自動車販売協会連合会」リコール台数は「国土交通省」に
よるもので内容は以下のものである。

続きを読む "「欠陥車率」という数字がある"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

ウルトラマンが年賀状?

年賀状はもう出したろうか?たぶんまだの人がほとんどだと思う。
わたしは、もう出してしまったので一安心である。あちこちで住所が変わったので今年も戻ってくるのがありそうな気がしている。Img_0925

年賀状はそもそも平安のころ貴族が親戚に書状を送っていたのが始まりで(書くのは正月の2日の書き初めの日だった)
明治6年に郵便制度ができ現代の形になった

お年玉月は昭和24年から始まったのだが、そのほかにも面白い年賀はあちこちでできているようだ。

続きを読む "ウルトラマンが年賀状?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ここは、「欧米か?」

気象庁の発表では4年ぶりに「エルニーニョ現象」が起きて世界の各地で異常と思える気象が観測されているとの発表がなされた。

長野などのスキー場では雪がまったく無い状態が続き関係者は「雪ごい」のような神事を行っているニュースが報道されていた。
我が県内もいくつかのスキー場でまだ雪不足のためオープンできないでいるようである。

改めて外を見ても積雪も無く、暖かな日差しが照っている。
暖冬」、今年は予想どうりそうなったようだ。「やはり異常気象か?」・・

ちょっと待った!」よ~く考えてもらいたい。

続きを読む "ここは、「欧米か?」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

老人とカラス

福島県はいま人口が減少している。その数字がついに今年1万人の大台に乗ってしまった。

数字は生まれた人数から亡くなった人の人数を引き算した自然人口変動数に、
県外に移動した社会的変動を足した数字になるものだ。

その割合は2000人以上が自然な変動
県外への移動が8000人弱ということだそうである

つまり、「少子高齢化」より若い働き手の県外流出がほとんどを占めてしまっているわけだ

続きを読む "老人とカラス"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

走るだけで涙があふれる

毎回だがクラブサッカーワールドカップはブラジルのクラブの強さを思い知らされる。

今回もロナウジーニョ率いるヨーロッパチャンピオンのバルサが1:0で負けてしまった。
サッカーはやはり南米チャンピオンが世界一なのだろう。

それよりも今日の感動は全日本女子実業団駅伝のレースのすばらしさだった

資生堂の初優勝はゴール手前のトラック勝負、連覇を狙う三井住友海上のアンカー19歳と陸上界最年長アスリート弘山選手38歳とのマッチレースで弘山選手がそのスピードで勝ち取ったものだった。

その前の走者、加納選手の頑張りから出たものだが、思わず勝利の瞬間もらい泣きをしてしまった。

そのほかにも今回は、繰上げスタートでなきくずれる選手、中継地点の2メートル前で倒れてはいつくばってたすきを渡す選手、いろんな感動が多かった。

走るという単純なスポーツがこんなに感動するのはなぜだろうか。
いつも見ていてそう思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

衆議院・VS・二本松藩主丹羽氏

国会の衆議院では「教育基本法改正」が決議されたようである。
何が変わったのか不明であるが、以前から話が出ている「教育委員会廃止論」はどうなったのだろうか?

そして、毎年のように出てくる「参議院廃止論」は新内閣はどういう統一意見を持っているのだろうか?
興味のあるところだ。

衆議院といえば今福島県内(特に二本松市)が関心を寄せていることが、二本松藩主で現代の二本松市の基礎を作った丹羽氏、その江戸上屋敷跡が兜町での発見されたことである。

続きを読む "衆議院・VS・二本松藩主丹羽氏"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

みかんの規格

「みかんの規格」やおいしさはなかなか判らないものである。

みかんの良し悪しは次のような規格で表す

  1. 【特秀】
  2. 【秀】
  3. 【優】
  4. 【良】
  5. 【規格外】

以上段階で表示されている。

一番いいのが【秀】というマークのみかんで、【特秀】というのは特が付くように最上級という意味らしい。
よくスーパーで安く売られるのは(優)や(良)、これでもおいしいものがあるのも事実だ。

実際には食べてみないと判らないが、毎年地方ごとに甘さが変化するので「OOJAがいい」とは決めにくいし、安いのがほしいし、悩むものである。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

紙飛行機か?ボールか?

バルサ(スペインのクラブサッカーチーム、バルセロナの愛称)のロナウジーニョ、すごすぎてボールを持つたびにテレビの前で声がでてしまった。

ヒールパスを最初から狙って走りこむ角度、目前で蹴られた相手のボールをキーパーが取るように足でトラップする反射神経、何をとっても「おおおおおお」と声がでてしまうものだった。

タッチラインからのセンタリングパスの放物線は、まるでボールが紙飛行機のように行く綺麗さで「飛行するボール」といいたくなるものに見えた。

個人的には、フェイントを入れながら高速で走るドリブルが見たかったが現在のFWポジションでは無理のようだ。
残念!

4:0の大差で勝ってしまったが、決勝で苦戦しないでほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

誰が儲かったの?

松坂の大リーグ契約の金額はものすごすぎてピンともカンともこない。
松井のヤンキース入りも異常な待遇だったが、今回はそんなもんじゃない。

野球選手にとっては、別の言い方をすれば引退後の保証金と退職金を先に貰うようのものだから仕方ないのかもしれない。・・が・・

これでいったい誰が一番儲かったのだろうか?

代理人?松坂?レッドソックス?ライオンズ?

少なく見積もっても松井のときの経済効果データーを基にするとレッドソックスでは今回払う金額の倍近い金が儲かる腹積もりのようであるらしい

わたしの確かな情報では、「俺にはまったく関係ない」というすばらしいことだけである。

| | コメント (5) | トラックバック (17)

2006年12月13日 (水)

正月事始め

12月13日は本来、古来から行われている正月の準備を始める日、そしてその準備は30日まで終了させるのが慣わしだそうである。

Img_0919 しかし、現代はやはりクリスマスを過ぎてからあわてて始めるのが常であろう
「せっぱ詰まったほうが仕事が進むんだよなあ」とか言ってる人はいないだろうか

店にはもう注連縄が飾られているが買い求める人はまずいない。
・・たぶんいないはずである。

そんな他人事よりわたしの場合年賀状も買っていないし、ましてやはがきのデザインすらまだ決まっていない。
考えれば考えるほど迷い道に入っていくようだ。

もう早い人は書き終えていることだろうが、あせるまい、あせるまいである

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火)

また医療費カット(対策イカ人参?)

Img_0911 我が家の北側のガラス窓、
冷え込んだ今朝凍って白く朝日に輝きを放ち、いっそう寒さを感じさせていた

外のマイカーの窓ガラスもシルバーの車体と同じ色に凍っていた寒い日であった。

それを増幅するかのようなニュースが政府から聞こえ出した

医療費のカットがまた新たなところに検討が始められたのだそうだ

続きを読む "また医療費カット(対策イカ人参?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食卓の赤、白、黄色

冬の食卓にそろうものといったら、白菜の漬物の、たくあん漬けの黄色

Img_0910 そして食卓のといったらこれである

イカ人参の

これがないと我が家、いや福島県の冬の食卓は語れない

千切りにした、生人参、干しするめイカ、昆布、を醤油ベースで軽く漬け込んだ単純な食べ物である

その家によって一工夫が入れられまたそれもいい味である
ただあまりいろいろやると「松前づけ」になってしまうので単純なしょうゆ漬けが良いと思われる

人参消費日本一の福島県の理由の一つである「イカ人参」、熱々の白い新米ご飯と同じ時期で食べられる最高のおかずである

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

休刊日はなんとなくつまらん

本日は朝刊が休み、現在はテレビやパソコンでニュースがわかるので新聞の売り上げは減少傾向にあるそうである。

わたしも大体はテレビやカーラジオなどから情報を得ることが多いが、やはり新聞を見ないとなんとも心もとないものである。

どうしても紙面の活字でしっかりと確認しないと落ち着かないのは、日本人の性だろうか?

それともわたしだけのものだろうか

最近多くなった気もするが、気のせいだろうか

続きを読む "休刊日はなんとなくつまらん"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

将軍様が来た

ついに我が家にも冬将軍様が来たようで朝はすごい雪降りになった

Img_0903_ 激しく降る我が家の裏手を撮影したものだ

すごい山奥に見えるフォトに驚く。

これでは熊だって大手を振って歩くのもうなずける風景である

タイヤ替えててよかった

同じ将軍様でも、昨日のさんまの番組でやった北朝鮮の将軍様の裏ネタは衝撃的だった

続きを読む "将軍様が来た"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

積もりそうだ

今朝からの雪、初めて積もりそうだ。

妻の車はまだ普通タイヤなので心配だが「だいじょうぶ」と言いながらあたふたと出かけていった

Img_0908

帰宅ごろ積もらなければ良いのだが、せめて凍らなければなんとかなるのだ
危ないのは我が家の周りだけなので近くに来たら連絡が来るだろうと楽観視を決め込んむわたしだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ドーピング検査開始

日本プロ野球組織(NPB)は来期から選手のドーピング検査を正式に採用することが決まったそうだ

知らなかったのだがワールドベースボールクラシックから暫定的にドーピング検査を今年やっていたそうで、結果は薬物使用の選手は見つからなかったようだ

しかし、規定でこれが出るという事はやっている選手がいるようにも感じられる

スポーツ新聞などではロッテの選手に疑惑があったとかの記事が載せられているのを見ても使用している可能性はでは無いようである。

検査方法は毎日はできないだろうしましてや一度にあの多人数をどうやってやるのだろうか?
とても気になることである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

こんな「落ち」はいらない

長い長いメンテナンスを待ってバージョンアップが使えると開けてびっくり玉手箱。

作業は目的が達せずメンテナンス以前の状態に戻したとのお知らせが出された。

早く言えば「メンテナンス作業失敗!」という落ちがついてしまった。

期待に期待を膨らまさせられて「元の状態に戻しました」のお言葉は笑うしかなかった。

ココログの「メンテナンスお知らせブログ」はまたしても怒号と罵声の雨あられ、
困っていることだろうがこちらの落胆はかなり激しいのでコメントを入れた人たちに「穏やかに・・・」なんてことは言えやしない。

(-_-;)「ギャグはやめてよココログさん」

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年12月 6日 (水)

喪中の期間はどこまで?

年末のころになると迷うのが「喪中(服喪、喪服)はいつまでなのか?」ということではないだろうか。

地域や家柄、宗派などかなり解釈が違うので難しい判断を迫られることが多いものだ。
「我が家は喪中のはがきを出そうか?どうしよう?」聞いても明確に数字で言える人はいないはずである。

ところが、地域の長老などにはしっかりとした数字を言う人がいるはずである

これは、明治のころには国が「事細かく、この続柄のときは何日」と決めて国民に指示していた法令が存在したからである。

続きを読む "喪中の期間はどこまで?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

メンテナンス開始

本日5日(火)AM10:00よりココログがメンテナンスに入ります

  • 終了は7日(木)のPM3:00ごろの予定だそうです。

コメントの投稿はできませんので御理解ください。

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

安達太良山の雪化粧

Img_0900__1 安達太良山が今冬二度目の雪化粧した姿を現した。

昨日までは雪雲が山全体を覆っていたがやっと前ヶ岳だけは頂上付近まで見えるようになった。

と言うことでタイヤ交換をしたのだった。

長期予報を見るとまだ本格的には冬将軍は来ないようだが朝凍ってしまったときが心配、そんな季節なのは間違いない。

備えあれば憂いなしである

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

インターネットで図書館利用

わが福島県で面白い取り組みが始まった。大学の付属図書館や県営などの公的図書館(13箇所)をインターネットで結び貸し出し業務を行うというものだ。

仕組みはセブンイレブンなどでやってるネットで本を販売するやり方に似ている。
違いは、販売が目的じゃなく貸し出し業務が目的なところだ

  1. 借りたい本をホームページで検索して探す
  2. その本の在庫確認と、それがどこの図書館にあるかが判る
  3. 本が最寄の図書館に無い場合、一番近い図書館に移動される
  4. 移動された図書館で借りに行き(返すときも同じ場所)借りることがかなう

つまり、最寄の図書館に在庫が無いからといってそれがある図書館までわざわざ行かなくて済むわけである

図書館利用を向上させる目的であるが、在庫の本すべてをパソコンに記憶させる作業は他人事でも気が遠くなる作業のような気がする

開始は来年からだそうだが、関係者にとっては短い1年になることだろう。

わたしの場合、図書館そのものが近くに無いので、そちらをまず近くにしてもらわないと話にならないのであるが、良い試みであると思う

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小雪

積もらない小雪だが、今冬始めての雪の天候となった。

タイヤの入れ替えを考えなければならない季節にやっとなったという感じの今年は暖かな日である。

そう言えば北塩原のグランデコでは福島県内トップを切ってゲレンデをオープンしたそうでスノーボードの若者が滑る様子を新聞に掲載されていたっけ

暖冬といっても寒い冬は忘れず来るようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

浦和レッズJ初優勝おめでとう!

真っ赤、これ以上無いほどの赤の埼玉スタジアム65,000人の95パーセント以上が浦和レッズサポーター、
「ウイアー、レッズ」の大合唱、揺れる赤い波、テレビで見ていても鳥肌が立つ光景である。

ピッチにたったFWのワシントンが大空に両手をかざし大声で祈りをささげる姿が今日の試合の重さを象徴するかのように映し出されていた。

試合はガンバ大阪がディフェンディングチャンピオンの意地を見せるかのように先制点をもぎ取った。

続きを読む "浦和レッズJ初優勝おめでとう!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

傍聴、井戸端会議

早朝燃えるごみをステーションに出しに行った。

咲に来ていた近所の奥様が2~3人集まって井戸端会議をしていた。

こういうところに割ってはいりごみを出すのはちょっとした緊張が走るもので、
それにこちらを直視しては失礼だと思うのか肩越しに横目で見られるしぐさがまた緊張する。

「おはようございます」とそばに行って耳に入った話の内容は、

「沢庵つけようと思ったら雨が降っちゃって・・・」
「そんなのなんでもない。漬けたら」

やはり井戸端会議はのどかである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

レコード大賞

わたしの場合まったく見なくなったレコード大賞発表である。
昨年だれが貰ったかさえ知らないが倖田来未らしいようだ。

今年の金賞の受賞者を新聞で見たら知っているのは「倖田来未」「BOA」「氷川きよし」だけしか判らなかった。
あとはやたらアルファベットが並べられた歌手と曲ばかりでちんぷんかんぷんであった。

かなり、遅れだしたのかそれとも世の中が変わったのかは意見が分かれることだろう

その受賞者の中に懐かしいといっては本人には失礼だろうが「五木ひろし」の名があったのに目を引かれた。
受賞したのは「作曲賞」となっていた。

本人は歌で貰いたかったはずだが、久々のレコード大賞での受賞でうれしいのではないだろうかと想像してしまった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

12月の一日(ついたち)です

今日は、1980(昭和55)年10月24日の総合エネルギー対策推進閣僚会議で制定が決定されてできた。

冬の省エネ総点検の日」だそうだ。

我が家でも暖房機の配線やフィルターの点検をしてみようかと思ったが、部屋を見回って終了だった。

備蓄の灯油の量だけは確認したが、例年より暖かいので減りが少ない気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »